新型Nバンの安全性は商用車のレベルを超えている?機能や装備を徹底チェック

ビジネスだけではなく、趣味のクルマとしても活躍する軽商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、助手席まで収納できる広い荷室・ラゲッジスペースやホンダ初となるセンターピラーレスを採用した助手席側のスライドドアなど、競合車には無い様々な魅力があります。

>>> 積載量も使い勝手も抜群!?新型Nバンの荷室アレンジを実車画像で徹底解剖

また、Nシリーズの一つとしてデビューをした新型Nバン(N-VAN)の方が、スズキのエブリイやダイハツのハイゼットカーゴなど競合車よりも優れていると感じたのが、安全性です。

2018年7月にデビューをしたホンダ軽商用バンは、どのような安全装備が備わっていたのでしょうか?また、この新型モデルの安全性で不安や課題は、無かったのでしょうか?

ホンダから新たに発売された軽商用バン新型Nバン(N-VAN)の安全性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ホンダ新型Nバンの安全性を徹底チェック:競合車よりも優れていると感じた理由とは?

先ほどもお話した通り、2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の安全性は、商用車のレベルを遥かに超えています。

このように感じた理由の一つが、この新型モデルに用意されている安全装備システムです。

ホンダでは、人気軽自動車N-ONE(Nワン)やN-WGN(Nワゴン)などに搭載されている”あんしんパッケージ”と、フィット3やステップワゴン、N-BOX(Nボックス)に搭載されている”ホンダセンシング”と言う2種類の安全装備を用意しています。

今回新発売されている新型Nバン(N-VAN)は、軽商用バンなので、簡易版の安全装備システム”あんしんパッケージ”が搭載されていると思いきや、なんと安、全装備や機能がが充実している”ホンダセンシング”を全グレードに標準装備。

■新型Nバンのホンダセンシングを支える単眼カメラ

しかも、”プラス スタイル ファン(+ STYLE FUN)”や”プラス スタイル クール(+ STYLE COOL)”などの上位モデルだけではなく、ビジネスユース色の強い標準モデルでも、ホンダの最新の安全装備システム”ホンダセンシング”が標準装備されていました。

趣味のクルマと言った印象が強い上位モデルだけではなく、ビジネスユース色が強い標準モデルでも”ホンダセンシング”が標準装備されているのは、ちょっとスゴイですよね。

商用車と言うと、価格重視で安全装備などがおざなりになっているクルマもありますが、日々使用する商用車だからこそ、事故を未然に防ぐ安全装備は重要だと思います。

その点、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)は、安全装備システムが充実しており、信頼に足りるクルマだと思いました。また、この新型モデルを趣味のクルマとして使用する方やプライベートと仕事の兼用車として使用する方も、安心して乗りこなせるのかなと思いました。

ホンダ新型Nバンのホンダセンシングに搭載されている機能とは?

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)では、ホンダの上位車種にも搭載されている安全装備システム”ホンダセンシング”が全グレード標準装備されいるとお話をしましたが、実際には、どのような機能・装備が用意されているのでしょうか?

この新型モデルに搭載されている安全装備”ホンダセンシング”を確認したところ、このような機能や装備が用意されていました。

■ホンダ新型Nバンのホンダセンシングの機能
・衝突軽減ブレーキ(CMBS)/自動ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・路外逸脱抑制機能
・アダプティプ クルーズ コントロール(ACC)
・車線維持支援システム(LKAS)
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム

商用バンなのに、先行車を検知して自車のスピードをコントロールする”アダプティプ クルーズ コントロール(ACC)”など使い勝手が良い機能、自動ブレーキなどイザと言う時に役に立つ機能が盛り沢山。

また、個人的に、この新型Nバン(N-VAN)に搭載されていて良いと思ったのが、後方に障害物があるにも関わらず、アクセルを強く踏みこんでしまった時の急な後退を防止する”後方誤発進抑制機能”が装備されていた事です。

この”後方誤発進抑制機能”は、ホンダの人気モデル”フィット3(FIT3)”や”ステップワゴン(STEPWGN)”などには搭載されておらず、フルモデルチェンジをして新発売された”N-BOX(Nボックス)”に初搭載された比較的新しい機能です。

仕事でクルマを頻繁に使う機会が多いからこそ、アクセルとブレーキの踏み間違いなど不注意から起こる事故を未然に防ぐこの”後方誤発進抑制機能”が、新型Nバン(N-VAN)にもしっかりと搭載されているのは、とても良いと思いました。

また、この新型商用バンに搭載されている自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、他のモデルに搭載されている自動ブレーキよりも精度が良くなっているのも、見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

新型Nバンの安全性でちょっと残念だったのは…

このようにホンダの最新の安全装備システム”ホンダセンシング”を搭載しており、十分に満足できる安全性を備えている新型Nバン(N-VAN)ですが、ちょっと残念に感じた事もありました。

それは、エアバッグです。

今回新発売された新型モデルでも、衝突した時の衝撃から同乗者を守るエアバッグが運転席と助手席に標準装備されています。

ただ、この新型モデルでは、サイドの衝撃から身を守るサイドエアバッグやカーテンエアバッグが用意されていません。

■ホンダの新型N-BOXに用意されているサイドエアバッグ

個人的には、フロントシート周りだけでも、サイドエアバッグやカーテンエアバッグが用意されていたら、この新型Nバン(N-VAN)の安全装備は文句なしだったんですが…。

この新型モデルの安全性にはとても満足していますが、フロントシートにサイドエアバッグ/カーテンエアバッグが用意されていないのは、少々残念でした。

2018年7月にホンダの人気軽自動車Nシリーズに仲間入りをした新型Nバン(N-VAN)の安全性を確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、ホンダの最新の安全装備”ホンダセンシング”が全グレード標準装備されており、軽商用車とは思えない安全性を備えているように感じました。また、この新型モデルに搭載されている自動ブレーキは、他のモデルよりも進化を遂げていたのも好印象でした。

今回新発売された新型モデルは、このように安全装備が充実しているので、イザと言う時に守ってくれる信頼感がありました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする