荷物の積み降ろしはしやすい!?新型Nバンの荷室開口部の広さを徹底解説

ホンダの人気軽自動車N-BOXのプラットフォームを採用した商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にデビューをしました。

先日、この新型モデルの試乗にいってきたのですが、競合車・ライバル車と大きく異なると感じたのが荷室・ラゲッジスペースのデザインです。

この新型モデルでは、助手席を床下に収納できるダイブダウン機能を備えており、脚立などの長尺物もラクラク積みこむ事ができるのが好印象でした。

>>> 競合車とは異なる新型Nバンの荷室アレンジを実車画像で確認してみる

また、今回デビューをした新型Nバン(N-VAN)の荷室・ラゲッジスペースを確認してみて良いと思った事の一つが、荷物の積み降ろしのしやすさです。

この新型モデルでは、競合車・ライバル車よりも荷室開口部が広く、重たい荷物の積み降ろしがしやすいような感じが…。

そんな新型モデルの荷室開口部の広さは、どれくらいだったのでしょか?また、競合車・ライバル車とどれくらい違いがあったのでしょうか?

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の荷室開口部の広さ、荷物のつみやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ホンダ新型Nバンの荷室開口部の広さ&使い勝手を徹底解剖

2018年7月にデビューをした新しいホンダの商用バン新型Nバン(N-VAN)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型Nバンの後ろ姿

この後ろ姿を見ただけで、広い荷室開口部が期待できそうですよね。

そんな新型商用バンのテールゲートを開けてみると、このような感じに…。

■新型Nバンの荷室開口部の広さ

実際に見てみると、この新型モデルの荷室開口部の広さは、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない広さに…。

また、荷室開口部がスクエア形状(真四角)になっているため、そして、荷室開口部の横幅が最大限まで確保されているため、大きい荷物も積み下ろししやすそうなデザインになっているように感じました。

このように見るからに広い新型Nバン(N-VAN)の荷室開口部ですが、開口部の広さを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型Nバンの荷室開口部のサイズ
グレード:プラス スタイル ファン(+ STYLE FUN)
荷室開口高:1,300mm
荷室開口幅:1,230mm

実際にこの新型モデルは十分な広さの荷室開口部を備えていると思いましたが、このモデルの数値だけを見ても、広いかどうかちょっとピンときませんね。

そこで、この新型モデルの競合車・ライバル車の一つでもあるスズキのエブリイとダイハツの荷室開口部のサイズと比較してみました。

■新型Nバンの競合車の荷室開口部のサイズ
・スズキ エブリイ
荷室開口高:1,165mm
荷室開口幅:1,340mm
・ダイハツ ハイゼットカーゴ
荷室開口高:1,150mm
荷室開口幅:1,335mm

競合車のスズキのエブリイやダイハツのハイゼットカーゴと比較すると、新型Nバン(N-VAN)の荷室開口幅は若干狭くなっています。

ただ、新型Nバン(N-VAN)の方が競合車よりも荷室開口高が大きいため、荷室開口幅の小ささは、それ程気にはなりませんでした。むしろ、この新型モデルは高さがあるおかげで、競合車・ライバル車よりも荷室開口部は広いように感じました。

競合車・ライバル車には無い新型Nバンの魅力とは?

このように競合車・ライバル車と比較して、勝るとも劣らない荷室開口部の広さを備えている新型Nバン(N-VAN)ですが、競合車よりも圧倒的に良いと思った事が…。

それは、荷室フロアの地上からの高さ(フロア地上高)です。

今回新発売された新型モデルは、ホンダのオリジナル技術のセンタータンクレイアウトのおかげで、競合車・ライバル車よりも荷室・ラゲッジルームのフロアの高さが低くなっています。

実際、この新型モデルのフロア地上高がどれくらいなのか、また、競合車・ライバル車とどれくらい異なるのか確認してきました。

■新型Nバンと競合車のフロア地上高比較
・ホンダ 新型Nバン
フロア地上高:525mm
・スズキ エブリイ
フロア地上高:650mm
・ダイハツ ハイゼットカーゴ

フロア地上高:635mm

競合車・ライバル車のフロア地上高と比較すると、新型Nバン(N-VAN)のフロア地上高の低さが目立ちますね。

実際にこの新型モデルを見ても、「荷室フロアの位置が低くいから、重たい荷物の積みこむ時に助かりそう。」と感じます。

ホンダのオリジナルの技術”センタータンクレイアウト”を活かしたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロア位置の低さは、他のモデルには無いこのクルマの大きなメリットの一つなのかなと思いました。

また、重たい荷物を何度も積み下ろしをしないといけない方にとっては、とても魅力的な機能なのかなと思いました。

2018年7月にデビューをしたホンダの新しい軽商用バン新型Nバン(N-VAN)の荷室開口部の広さは、このようになっていました。

荷室開口部の広さ自体は、スズキのエブリイやダイハツのハイゼットカーゴなど競合車・ライバル車と大差はありません。

ただ、競合車・ライバル車と比較して、この新型モデルは荷室フロアの位置が低くなっています。なので、重たい荷物を積み下ろしをしないといけない時には、重宝するのかなと思いました。

ちなみに、車高が低くなっているロールーフ仕様の新型Nバン(N-VAN)の”プラス スタイル クール”では、荷室開口部の高さが1,200mmとなり、ハイルーフ仕様よりも100mm程荷室開口部の高さが小さくなるので、注意をしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする