新型Nバンのハイルーフとロールーフは、荷室の奥行きにも違いが!?実車画像で比較

使い勝手と車内の広さにとことんこだわった軽商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月、ホンダからデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、車内が広いハイルーフ仕様とスタイリッシュなロールーフ仕様に2種類が用意されています。

>>> 新型Nバンの外装の7つの違いとは?【3つのスタイルを実車画像で比較してみた】

ただ、この2台のモデルは、荷室開口部の広さが異なるだけではなく、助手席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きや横幅にも違いが…。

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)のハイルーフ仕様とロールーフ仕様の荷室・ラゲッジスペースのデザインは、それぞれどのようになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルでは、荷室サイズにどのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、ホンダの新型商用バンのハイルーフ仕様とロールーフ仕様の荷室・ラゲッジスペースのサイズや使い勝手を確認してみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンハイルーフとロールーフの荷室開口部の広さを比較

2018年7月に新しくホンダのNシリーズに加わった新型Nバン(N-VAN)のハイルーフ仕様とロールーフ仕様の荷室・ラゲッジスペースの開口部の広さは、このようになっています。

■新型Nバンのハイルーフ仕様
グレード:L ホンダセンシング

■新型Nバンのロールーフ仕様
グレード:+スタイル クール ターボ ホンダセンシング

ハイルーフ仕様とロールーフ仕様を見比べると、荷室開口部の広さが明らかに違いますよね。

全高が高いハイルーフ仕様の方は、荷室開口部が縦に長い長方形のような形に…。
一方、ロールーフ仕様の方は、正方形に近い形になっていました。

そんな新型Nバン(N-VAN)のハイルーフ仕様とロールーフ仕様の荷室開口部の広さを確認してみたところ、それぞれの広さは、このようになっていました。

■新型Nバンのハイルーフとロールーフの荷室開口部サイズ
・ハイルーフ仕様
グレード:L ホンダセンシング
荷室開口部高 :1,300mm
荷室開口部幅 :1,230mm
荷室床面地上口: 525mm
・ロールーフ仕様
グレード:+スタイル クール ターボ ホンダセンシング
荷室開口部高 :1,200mm
荷室開口部幅 :1,230mm
荷室床面地上口: 525mm

この2台のモデルの荷室開口部の広さを確認してみたところ、荷室開口部の横幅は同じになっていたものの、高さに100mmもの違いが…。

私は新型Nバン(N-VAN)のハイルーフ仕様を見た後にロールーフ仕様を見たのですが、一目見た瞬間、「ロールーフ仕様の荷室開口部は、やっぱり狭いな…」と感じてしまいました。

やはり見た目のデザイン性よりも積載量や荷物の積みやすさを最優先するのなら、ロールーフ仕様よりもハイルーフ仕様の方が良いのかなと思いました。また、車中泊をする際も、車内の移動がしやすいハイルーフ仕様の方が良いように感じました。

>>> 新型Nバンの車中泊レビュー【快適に過ごすために欲しいオプションとは?】

新型Nバンのハイルーフ仕様とロールーフ仕様の荷室サイズの違いを比較

ホンダの新型Nバン(N-VAN)のハイルーフ仕様とロールーフ仕様では、荷室・ラゲッジスペースの奥行きやサイズにも違いがありました。

■新型Nバンのハイルーフとロールーフの荷室サイズを比較
・ハイルーフ仕様
グレード:L ホンダセンシング
荷室長: 720mm~2,635mm
荷室幅:1,390mm
荷室高:1,365mm
・ロールーフ仕様
グレード:+スタイル クール ターボ ホンダセンシング
荷室長: 720mm~2,560mm
荷室幅:1,325mm
荷室高:1,260mm

この新型モデルのハイルーフ仕様とロールーフ仕様の荷室アレンジは、全く同じになっています。

>>> 積載量も使い勝手も抜群!?新型Nバンの荷室アレンジを実車画像で徹底解剖

また、後部座席を使用した状態の4人乗車時、後部座席を収納した時の2人乗車時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さも同じになっています。

ただ、この2台のモデルでは、荷室高で105mm、荷室幅で65mmの違いがありました。また、ディーラーさんに教えて貰って知ったのですが、後部座席と助手席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行き、約75mmの差がありました。

■ハイルーフ仕様の助手席&後部座席収納時の荷室アレンジ

■ロールーフ仕様の助手席&後部座席収納時の荷室アレンジ

この新型モデルの助手席と後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きはとても広いので、パッと見ただけでは奥行きの違いに気が付きません。助手席や後部座席を収納した時の荷室の奥行きが狭いロールーフ仕様でも、十分すぎる程の広さを備えていますし…。

なので、実際に新型Nバン(N-VAN)の荷室を使っていて、荷室・ラゲッジスペースの広さで不満を感じる事は無いと思います。

ただ、数値だけを比較してしまうと、ロールーフ仕様よりもハイルーフ仕様の方がお得感があって、良いのかなと思ってしまいました。

2018年7月にデビューをしたホンダの軽商用車”新型Nバン(N-VAN)”のハイルーフ仕様とロールーフ仕様それぞれの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、このようになっていました。

この2台のモデルは車高の高さが異なるため、荷室開口部の広さや荷室の高さに違いがあるのは、容易に想像できると思います。

ただ、ご覧いただいた通り、この2台のモデルは、荷室の高さだけではなく、後部座席&助手席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きにも違いがあるので、注意をしてくださいね。

>>> 新型NバンとNボックスの外装比較【実車画像で違いを比べてみた】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする