Nボックスとの違いは?新型Nバンのインパネの実車画像レビュー

レジャー目的でも大活躍する軽商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月、ホンダからデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、ホンダの人気N-BOXをベースにしているため、外装・エクステリアは、N-BOXっぽさが残るデザインに…。ただ、この新型Nバン(N-VAN)の内装やインパネに関しては、N-BOXと全く異なるデザインになっていました。

>>> 新型Nバンの内装の実車画像レビュー【シンプルだけど使い勝手は抜群!?】

そんなホンダの新型商用バンの内装・インパネは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ベースとなっているホンダの人気軽自動車”新型N-BOX”のインパネ・内装とどのような違いがあったのでしょうか?

2018年7月にNシリーズに新たに仲間入りをした新型Nバン(N-VAN)の内装・インパネの各装備の配置や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ホンダ新型Nバンのインパネ画像レビュー

2018年7月にデビューをしたホンダの軽商用バン新型Nバン(N-VAN)のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

■ホンダ新型Nバンのインパネ
グレード:プラス スタイル ファン(+ STYLE FUN)

ちなみに、こちらはこの新型モデルのベースになっているホンダの人気軽自動車”新型N-BOX(Nボックス)”のインパネです。

■ホンダ新型N-BOXのインパネ

この新型モデルのベースになっている新型N-BOX(Nボックス)のインパネは、メーターのダッシュボードの上段に設置する”オンダッシュメーター”を採用するなど、デザイン性と使い勝手を兼ね備えたデザインに…。

■新型Nボックスのオンダッシュメーター

一方、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)は、使い勝手の良いオープントレイをたくさん用意するなどデザイン性よりも使い勝手・機能性を重要視したデザインに…。

この新型モデルのインパネは、ブラックを基調にしたシンプルなデザインになっている分、汚れや傷を気にせずに使い倒せるのは、とても良いと思いました。

そんな新型Nバン(N-VAN)の内装・インパネに用意されているハンドルやシフトレバーなどの各装備は、このようなデザインになっていました。

軽商用バンとは思えないハンドル・ステアリングホイール

ホンダからデビューをした軽商用バン”新型Nバン(N-VAN)”のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■新型Nバンのハンドル・ステアリングホイール

N-BOX(Nボックス)と異なり、この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールに使用されている素材は、全グレード共通して、本革巻きではなくウレタン製になっています。

ただ、今回私が見たモデル”プラス スタイル ファン(+ STYLE FUN)”のハンドル・ステアリングホイールには、シルバーの加飾が施されており、十分に満足できる質感を備えているように感じました。

また、ハンドルの左右には、ステアリングスイッチを備えており、軽商用バンのレベルを遥かに超えているように思いました。

質感の高さを感じるシフトレバー

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)では、一般的なストレートゲート方式のシフトレバーをインパネの中央に用意。

■新型Nバンのシフトレバー

上位モデルの”プラス スタイル ファン(+ STYLE FUN)”では、ピアノブラック調のパネルを、また、メッキ調のボタンを採用しており、商用バンとは思えないオシャレなデザインに…。

また、運転席からの手が届きやすい位置にシフトレバーが用意されているのも、とても良いと思いました。

上位モデルはプッシュスタートエンジンを採用

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の上位モデル”プラス スタイル ファン(+ STYLE FUN)”では、発進までをスムーズにしてくれるプッシュスタートエンジンを採用。

■新型Nバンのプッシュスタートエンジン

上位モデルのみとはいえ、スムーズに発進する事ができるプッシュスタートエンジンが標準装備されているのは、ちょっとスゴイですよね。

軽商用バンにも関わらず、N-BOXなど一般軽自動車と同等の機能を備えているのは、とても良いと思いました。

ちなみに、ビジネスユース色の強い標準モデルでは、プッシュスタートエンジンではなく、昔ながらのキーを差し込んで回すスタイルになっているので、ご注意を…。

新型Nバンは嬉しいフルオートエアコンを標準装備

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の内装・インパネを確認していて驚いたのが、エアコン/ヒーターです。

■新型Nバンの空調パネル

この新型モデルでは、上位モデルの”プラス スタイル系”だけではなく、下位モデルの標準車も含めて全グレード共通してフルオートエアコンを標準装備。しかも、PM2.5対応の集塵フィルター付きになっているそうです。

ホビーユース色の強い”プラス スタイル”だけではなく、下位モデルの標準車でもフルオートエアコンが標準装備されているのは、かなり嬉しいですよね。

ただ、この新型モデルの空調パネルで少し気になったのは、使い勝手です。

この新型モデルの空調パネルは、このようにシフトレバーの隣に設置されています。

クルマのレイアウト上仕方なかったのかもしれませんが、この空調パネルの隣にあるシフトレバーが、空調パネルを操作を妨げるのが、実際に使用してみて、少々気になりました。

ちなみに、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の上位モデル”プラス スタイル ファン(+ STYLE FUN)”では、ピアノブラック調の加飾が施されたスタイリッシュなデザインの”送風口(サイドレジスター)”が標準装備されています。

■新型N-VANの送風口(サイドレジスター)

直線のラインが多いインパネの中で、ピアノブラック調の加飾が施された丸型デザインの送風口(サイドレジスター)は、とても良いワンポイントアクセントになっているように感じました。

ハンドルの右側に用意されているスイッチ群

また、新型Nバン(N-VAN)のハンドル・ステアリングホイールの右側には、車線逸脱警報などの安全装備システムに関するスイッチが用意されています。

■新型Nバンのスイッチ類

これらのスイッチを操作する機会はそれ程多くありませんが、各スイッチのサイズも大きく操作しやすいデザインになっているのは、とても良いと思いました。

またこのスイッチ類の逆側、ハンドル・ステアリングホイールの左側には、エンジンのスロットル開度の制御が燃費重視になるECONボタンを採用。

■新型NバンのECONボタン

スイッチ群とは別の独立した操作しやすい位置に操作する頻度の高いECONボタンがあるのは、とても良いと思いました。

新型Nバンのインパネには嬉しい機能や装備が盛り沢山

この新型Nバン(N-VAN)は、軽商用バンとは思えない機能や装備が充実していましたが、それ以外もドライバーさんや同乗者にとって嬉しい機能や装備が備わっていました。

その一つが、USBポートです。

今回新発売された新型モデルでは、最廉価モデルの標準車の”Gグレード”を除いて全グレードにUSBポートを2個用意しています。しかも、急速充電対応です。

■新型NバンのUSBポート

仕事でスマホやタブレット端末を使用する人とっては、USBポートが2個用意されているのは、とても助かるのかなと思いました。

また、この新型モデルのインパネにもコンビニフックを標準装備。

このように一般的な軽自動車と変わらない装備や機能が用意されているのも、競合車・ライバル車には無いこの新型モデルの良さなのかなと思いました。

2018年7月にデビューをしたホンダの軽商用バン新型Nバン(N-VAN)の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

ベースになっている新型N-BOXと比較すると、このこの新型モデルのインパネ・内装は、とてもシンプルになっています。ただ、フルオートエアコンやUSBポートが用意されるなど、機能や装備に関しては、軽商用バンのレベルを遥かに超えている感じが…。

収納スペースの数も多いですし、この使い勝手の良さが新型Nバン(N-VAN)の最大の魅力&メリットなのかなと、実車を見て思いました。

>>> 使い勝手の良い小物入れが多数!?新型Nバンの収納インプレッション

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする