新型Nバン(N-VAN)の外装レビュー【スタイル クールの見た目の3つの特徴は?】

ホンダの人気軽自動車のNシリーズから新モデルとなる新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にデビューをしました。

今回ホンダからデビューをしたこの新型商用バンは、大きく分けて3つのスタイル・外装を用意しています。

そんな3つのスタイルの中で最もスタイリッシュで華やかなデザインになっているのが、商用バンならでは使い勝手良さや広さよりも個性を優先したロールーフ使用の”新型Nバン+スタイル クール(N-VAN +Style COOL)”です。

今回新発売された”新型Nバン クール(N-VAN Style COOL)”は、どのような外装・エクステリアのデザインになっているのでしょうか?また、他のグレード・モデルと異なるどのような魅力&メリットがあったのでしょうか?

2018年7月にデビューをした新型N-VAN(Nバン)の上位モデル”+スタイル クール(+Style COOL)”の外装・エクステリアを、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバン +スタイル クールの外装インプレ【魅力を実車画像を使って紹介】

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の上位モデル”スタイル クール”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型Nバン+スタイル クールの外装・エクステリア

クロームメッキ調のフロントグリルが印象的ですよね。
“クール”と呼ぶのに相応しいスタイリッシュな雰囲気が好印象でした。

また、どこか先代モデルのN-BOX(Nボックス)の上位モデル”カスタム”に雰囲気が似ているように感じました。

■先代のN-BOXカスタム

そんな新型N-VAN(Nバン)の外装・エクステリアには、次のような特徴&魅力がありました。

魅力1:他のモデルよりもロールーフに

車高の高さを活かした積載量と車内の広さが魅力の新型Nバンですが、この”+スタイル クール(+Style COOL)”では、もう一つの上位モデル”+スタイル ファン(+Style FUN)”やLグレードなども標準モデルよりも約95mmほど車高が低くなっています。

■新型N-VAN +スタイル クールの外装

■新型N-VAN +スタイル ファンの外装

このように2台のモデルを並べて見比べてみると、フロントガラスの上の部分の高さが異なるが一目瞭然ですよね。

この車高の低さの影響もあり、この”+スタイル クール(+Style COOL)”は、他のグレードよりもスタイリッシュな感じに…。

また、ロールーフ仕様になっている”+スタイル クール(+Style COOL)”は、パッと見た感じでは、同じホンダから発売されているスーパーハイト系ワゴンの”N-BOX”と同じような大きさに見えます。

ただ、”+スタイル クール(+Style COOL)”とN-BOX(Nボックス)を比較してみると、こちらの新型モデルの方が車高が高く、車内の居住性に優れています。また、実際にこの2台のモデルに乗り込んで、窮屈さを感じるシーンも一切ありませんでした。

このようにロールーフ仕様の”+スタイル クール(+Style COOL)”でも、十分すぎる程の広さを備えているように感じました。

魅力2:専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備

また、2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の魅力&メリットの一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

この”+スタイル クール(+Style COOL)”は、12インチのスチールホイールにフルホイールキャップを備えているのですが、他のグレードと異なる専用デザインに…。

■新型N-VANの+スタイル クールのタイヤ&ホイール

この新型モデルのタイヤ&ホイールは、標準モデルのものよりもスタイリッシュなデザインになっているのが、この”+スタイル クール”の外装・エクステリアの特徴の一つなのかなと思いました。

魅力3:スタイリッシュな見た目を演出

今回新発売された新型N-VAN(Nバン)の上位モデル”+スタイル クール(+Style COOL)”の外装・エクステリアには、他のグレードには用意されていない様座な装備がされていました。

例えば、後と姿をスタイリッシュに演出する大型のテールゲートスポイラーを標準装備しているのは、この”+スタイル クール(+Style COOL)”だけです。

■+スタイル クールの大型テールゲートスポイラー

リヤコンビネーションランプを、クリアパネルを用いた専用デザインにしたり、フロントグリルとマッチをしたクロームメッキ調のリヤライセンスガーニッシュをするなど、他のグレードには用意されていない様々な機能や装備が…。

■+スタイル クールのLEDリヤコンビネーションランプ

■+スタイル クールのリヤライセンスガーニッシュ

このように他のグレードよりも、外装や機能・装備が優れているのは、今回新発売された”新型Nバン(N-VAN)”の上位モデル”+スタイル クール(+Style COOL)”の魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

2018年7月にデビューをした新しい商用車”新型Nバン(N-VAN)”の上位モデル”+スタイル クール(+Style COOL)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルは、他のグレードよりも車高が低いデザインに…。

ただ、N-BOXなど他の軽自動車よりも車高は高く、十分な積載量&使い勝手を備えているように感じました。また、大型のテールゲートスポイラーなど、他のクルマに用意されていない装備を備えており、スタイリッシュさを強調したデザインになっているのも好印象でした。

もしこれから、新型Nバン(N-VAN)の上位モデル”+スタイル クール(+Style COOL)”の試乗に行かれる方は、車内の広さや使い勝手をシッカリと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする