バリエーションは普通だけど快適!新型RAV4のシートアレンジをチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の魅力の一つは、車中泊もラクラクする事ができる車内空間の広さです。

ただ、このクルマに用意されているシートアレンジは、比較的オーソドックスなスタイルに…。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4では、どのようなシートアレンジを用意していたのでしょうか?また、各シートアレンジの快適性、居心地の良さは、どうだったでしょうか?

実車画像を交えて、トヨタから新発売された新型モデルのシートアレンジを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4では大きく分けて4つのパターンのシートアレンジを用意

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型RAV4の内装・インテリア
グレード:アドベンチャー

ホンダの新型CRV/CR-Vや日産のエクストレイル(X-TRAIL)では5人乗りの2列シート仕様に加えて、7人乗りの3列シート仕様も用意していましたが、このクルマでは、オーソドックスな5人乗り仕様のみをラインナップ。

そんな新型RAV4では、このクルマならではのオリジナルのシートアレンジは用意しておりません。

ただ、6対4分割方式になっている後部座席を活かした次の4つのシートアレンジを用意していました。

■新型RAV4に用意されている4つのシートアレンジ

・5名乗車パターン
・4名乗車パターン
・3名乗車パターン
・2名乗車パターン

この新型モデルに用意されている4つのシートアレンジの快適性、使い勝手はどうだったのでしょうか?

この新型RAV4に用意されている4つのシートアレンジを早速見ていくことにしましょう!

新型RAV4の5名乗車時のシートアレンジ

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の5名乗車時(通常時)のシートアレンジは、このようになっています。

■5名乗車時のシートアレンジ

後部座席の足元の広さを調整できるスライド機能の用意はナシ

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこのクルマでは、後部座席の足元空間(ニークリアランス)を調整できるスライド機能は用意されていません。

また、新型フォレスター(Forester)など競合車・ライバル車と比較すると、足元空間(ニークリアランス)は若干狭いものの、大人が座っても窮屈さを感じないくらいの広さは、しっかりと確保しています。

■新型RAV4の後部座席の足元空間の広さ

>>> 競合車よりも狭い!?新型RAV4の後部座席の足元の広さを計測してみた

このクルマの後部座席には、背もたれの角度を調整できるリクライニング機能も備えているため、長距離ドライブでも十分快適に過ごせるようになっていると思いました。

新型RAV4の4名乗車時のシートアレンジ

また、6対4分割方式になっている新型RAV4の後部座席の左側(助手席側)を収納すると、4人乗車できるシートアレンジになります。

■4名乗車時のシートアレンジ

後部座席の片方を収納すると、荷室・ラゲッジスペースが広くなるので、サーフボードやスノーボード、スキーなどの長尺物を積み込むのに便利なように感じました。

後部座席に大人2人が座るには、ちょっと窮屈

長尺物を積み込むのに便利な4名乗車仕様のシートアレンジですが、欠点・デメリットも…。

それは、後部座席に大人2人が座るには、ちょっと座席が狭く、若干窮屈に感じることです。(子供2人が座るには、問題ありませんが…)

ちなみに、競合車・ライバル車の一つの日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の5人乗り仕様は後部座席は6対4分割方式ではなく、後部座席の中央部分のみを収納できる4対2対2分割方式を採用しています。

実際にこのクルマの後部座席の中央部分のみを収納してみると、このような感じ…。

■新型エクストレイルの後部座席の中央を収納したシートアレンジ

新型RAV4の4人乗車のシートアレンジとは異なり、新型エクストレイル(X-TRAIL)のこのシートアレンジでは、大人2人がゆったりと後部座席にゆったりと座る事ができそうですよね。

後部座席に大人2人+長尺物を積み込むシートアレンジに関しては、後部座席の中央部分のみを収納する事ができる新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が圧倒的に優れているように感じました。

新型RAV4の3名乗車時のシートアレンジ

新型RAV4の後部座席の右側を収納すると、後部座席に一人座る事ができる3人乗車仕様のシートアレンジになります。

■3名乗車時のシートアレンジ

6対4分割方式を採用している後部座席の”6″の部分が収納されるため、荷室・ラゲッジスペースがかなり広く感じます。

キャンプやバーベキューなど、荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込まなければいけないシチュエーションでは重宝しそうです。

また、6対4分割方式の”4″の部分のシートの方も十分なサイズを確保。

大人一人がゆっくりと座れるだけの座面と背もたれを備えているため、快適に過ごす事ができました。

大きな荷物を積み込んだ状態でも、大人一人がゆったりと座れるだけの広さと快適性を備えているのは、このクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

新型RAV4の2名乗車時のシートアレンジ

また、後部座席のすべて収納して荷室・ラゲッジスペースの収納量を最大限にする2人乗り仕様の時の新型RAV4のシートアレンジは、このようになります。

■2名乗車時のシートアレンジ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約1,930mmあり、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの広さに…。

このクルマの荷室・ラゲッジスペースは若干手前下がりになっているものの大人が横になれるだけの広さを備えており、車中泊をするのにもピッタリなクルマになっているのかなと思いました。

後部座席の収納のしやすさはイマイチ

ただ、このクルマでちょっと残念だったのは、後部座席の収納のしやすさです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4では、荷室・ラゲッジスペースの壁面に後部座席の収納レバーは用意されておらず、後部座席の背もたれに備わっているレバーで背もたれの収納操作をしなければいけません。

■新型RAV4の後部座席収納レバー

しかし、このクルマは荷室・ラゲッジスペースの奥行きが広いため、荷室側(テールゲート側)から操作がしにくくなっています。

なので、後部座席のドアに周りこんで操作をした方がラクなのですが、後部座席をすべて収納するには、反対側にも行くしかないため、ちょっと面倒です。

2名乗車用のシートアレンジは、荷物をラゲッジスペースにたくさん収納するにはとても便利なんですが、後部座席の背もたれを収納のする際の煩わしさは少々気になるところでした。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV”新型RAV4″のシートアレンジは、このようになっていました。

このクルマのシートアレンジは、オーソドックスなものしか用意されていません。

なので、シートアレンジのバリエーションは、このクルマよりも競合車・ライバル車の方が豊富です。

ただ、この新型RAV4は車内空間が広いこともあり、どのシートアレンジにしても十分快適に過ごせるような感じが…。

もしこれからこの新型モデルを試乗する方は、ぜひともこのクルマのシートアレンジ性能も確認してみてくださいね。

>>> 新型RAV4は運転がしやすい!試乗をして凄いと感じた3つの理由を紹介

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする