新型RAV4 JAOSでギア感がアップ!実車画像でカスタム仕様を徹底解剖

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー”は、カスタム仕様のJAOS(ジャオス)を用意しています。

先日、アドベンチャーをベースにしたJAOS仕様を見ることができたのですが、アウトドアギアとしての存在感が際立っていました。

そんな新型RAV4 JAOS(ラブ4 ジャオス)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、標準仕様とJAOS仕様の外装・エクステリアでは、どんな違いがあったのか?

アドベンチャーのみに用意されている特別モデル”JAOS(ジャオス)”の外装・エクステリアを徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 JAOSの外装画像:フロントマスクを実車画像でチェック

新型RAV4のカスタマイズ仕様”JAOS(ジャオス)”を正面から見ると、このようなデザインになっています。

■カスタム仕様”JAOS”のフロントマスク

ちなみに、こちらは、”JAOS(ジャオス)”のベースとなっているアドベンチャーのノーマル仕様のフロントマスクです。

■標準仕様のアドベンチャーのフロントマスク

このように2台のモデルを見比べると、フロントマスクの迫力が全然異なりますよね。

専用デザインのスキッドプレートやフロントグリルを採用している標準仕様のアドベンチャーはオフロード仕様らしく、新型RAV4の中で随一のチカラ強さとタフギア感を兼ね備えたデザインになっています。

>>> 無骨でギア感が満載!?新型RAV4アドベンジャーの外装を実車画像で徹底解剖

ただ、様々な専用装備を備えたカスタム仕様のJAOS(ジャオス)は、そんなアドベンチャーのタフギア感や魅力さを際立たせたデザインになっていました。

タフギア感をアピールする様々な専用アイテムを用意

そんな新型RAV4 JAOS(ラブ4 ジャオス)のフロントマスクの注目のアイテムの一つが、メッキ調のハーフチューブの形をしたメッキ加飾が印象的な”バンパープロテクター”です。

■JAOSのバンパープロテクター

このゴツゴツとした樹脂製のバンパープロテクターがSUVらしいチカラ強さを強調しているような感じが…。

ガードバーをイメージしたハーフチューブ形のメッキ加飾もSUVらしさを強調する良いワンポイントアクセントになってるように感じました。

また、フロントグリルの上部には、3つの長方形のLEDライトが印象的なノーズプロテクターを装着。

■JAOSのノーズプロテクター

このノーズプロテクターは、飛び石などによる損傷から守るために使用される海外SUVの定番アイテムのバグガードを連想させるようなデザインに…。

ノーズプロテクターやハーフチューブの形が印象的なバンパープロテクターを装着したJAOS仕様の新型RAV4は、日本のSUVと言うよりも、アメリカ帰りの本格派SUVっぽい雰囲気が漂っていました。

新型RAV4 JAOSの外装画像:サイドスタイルを実車画像でチェック

このようにタフギア感が高まった新型RAV4のJAOS仕様ですが、サイドビューもかなり印象的なデザインになっています。

このJAOS仕様と標準仕様のアドベンチャーの横からのデザインを見比べてみると、こんな違いがありました。

■JAOS仕様の横からのデザイン

■標準仕様の横からのデザイン

標準仕様のアドベンチャー(Adventure)も大きなホイールアーチモールを標準装備するなど、本格派のSUVらしい迫力のあるデザインになっています。

しかし、カスタマイズ仕様のJAOS(ジャオス)では、彫りの深さが特徴のゴルゴツとしたデザインのサイドプロテクターを用意。

■JAOS仕様のサイドプロテクター

この迫力のあるサイドプロテクターのおかげで、JAOS仕様のサイドビューは、ノーマル仕様よりも無骨さのあるデザインになっていました。

また、JAOS仕様のリヤクォーターガラス付近には、エンブレムが刻まれたピラープロテクターを採用。

■JAOS仕様のピラープロテクター

ブラック塗装が施されたピラープロテクターのおかげで、ノーマル仕様とは一味異なるアグレッシブなサイドスタイルになっているように感じました。

20インチの専用タイヤ&ホイールを標準装備

また、今回私が見た新型RAV4のカスタマイズモデル”JAOS(ジャオス)”では、標準仕様のタイヤ&ホイールを装備していましたが、JAOS専用のタイヤ&ホイールも用意しています。

■JAOS専用デザインのタイヤ&ホイール

“JAOS(ジャオス)”では、ポリッシュブラックのカラーリングと細いスポーク特徴の20インチサイズのタイヤ&ホイールを用意。

この専用デザインのタイヤ&ホイールに変更したら、さらにワイルドさが高まるのかなと思いました。

新型RAV4 JAOSの外装画像:後ろ姿を実車画像でチェック

また、新型RAV4のカスタムモデル”JAOS(ジャオス)”の後ろ姿は。このようなデザインになっています。

■JAOSの後ろ姿

このJAOS仕様の後ろ姿には、専用のアイテム・装備が一つも用意されていません。

なので、JAOS仕様の後ろ姿は、標準仕様のアドベンチャー(Adventure)と全く同じになっています。

■標準仕様の後ろ姿

なので、フロントマスクやサイドスタイルと比較すると、JAOS仕様の後ろ姿は、ちょっと物足りない感じが…。

個人的には、JAOS専用デザインのバンパーを用意するなど、後ろ姿も迫力のあるデザインにして貰いたかったです。

2019年4月にデビューをしたトヨタの新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー”をベースにしたカスタマイズモデル””の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

標準仕様のアドベンチャーでも、本格派SUVらしいチカラ強さと無骨さをデザインになっています。

ただ、ハーフキューブ型のバンパープロテクターをはじめとする様々な専用アイテムを備えたJAOS仕様は、タフギア感にアウトドアギアとしての個性が際立っていました。また、JAOS仕様は、アメリカなど海外のSUVっぽいデザインになっていました。

他の人とは見た目が異なるチカラ強くてスポーティーな見た目の新型RAV4に乗りたい方には、アドベンチャーをベースにしたJAOS(ジャオス)は、ピッタリな一台なのかなと思いました。

>>> 新型RAV4アドベンチャーの見積もり金額は高い!?【Gグレードと比較】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする