インテリアは豪華!新型RAV4のGグレードの内装を実車画像を使って徹底解剖

トヨタの新型RAV4の中間モデル”G系グレード(Gグレード/ハイブリッドG)”の魅力の一つは、高級感・上質感のある内装・インテリアです。

中間モデルの”G系グレード”になると、内装・インテリアの質感が良くなっているため、オーナーさんの満足感が一気に高まるような…。

そんな中間モデル”G系グレード”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴があったのでしょうか?

実車画像を使って、トヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の”G系グレード(Gグレード/ハイブリッドG)”の内装・インテリアを紹介したいと思います。
※記事内の画像はハイブリッドGを使用しています。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Gグレードの内装・インテリアのデザインをチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの内装・インテリア(ブラック)

今回私が見たモデルの内装色は定番のブラックだったのですが、これ以外にもライトグレーも用意しています。

ちなみに、こちらは最上位モデルのGZパッケージの画像ですが、ライトグレーの内装色は、このような感じに…。

■ライトグレーの内装色

ブラックとライトグレーでは、内装・インテリアの雰囲気が大きく異なりますね。

ブラックの内装色は、シックで大人っぽい雰囲気の内装・インテリアになっているのに対し、ライトグレーは、華やかで明るい雰囲気の内装・インテリアになっていました。

ただ、このGグレードでは、どちらも合成レザーのシートを標準装備しており、また、ハンドルなども本革巻きとなっており、最廉価モデルのXグレードよりも高級感・上質感のある内装・インテリアとなっていました。

ちなみに、このクルマの内装色の標準仕様は、ブラックとなっています。

ライトグレーの内装色にしたい場合は、注文する際にディーラーさんに内装色のライトグレーにして欲しいとお伝えしないと変更してくれないので、ご注意くださいね。

アクセントカラーにブラウンを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデル”Gグレード”では、トレイやドリンクホルダー部分にブラウンのアクセントカラーを採用しています。

■ブラウンの加飾が施されているトレイ

■ブラウンの加飾が施されているドリンクホルダー

このブラウンのアクセントカラーのおかげで、このGグレードは、落ちつた雰囲気の内装・インテリアとなっていました。

新型RAV4 グレードの内装の各装備のデザインや素材感をチェック

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGグレードの注目ポイントの一つが、内装・インテリアの各アイテムです。

どのアイテムも高級感に溢れ、街中で映えるスタイリッシュSUVと呼ぶのに相応しい内装・インテリアになっていました。

そんな新型RAV4の中間モデル”Gグレード”に用意されている各アイテム・装備は、どのようなデザインや素材感になっていたのでしょうか?実車画像を使って、Gグレードの内装に用意されている各アイテムを紹介したいと思います。

メーター

新型RAV4の中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアの特徴的なアイテムの一つが、メーターです。

Xグレードではオーソドックスな2眼式メーターを備えていましたが、このGグレードでは、中央に7.0インチサイズの液晶ディスプレイを中央に備えたデジタル表示のメーターを標準装備しています。

実際にこのGグレードのメーターを確認してみると、このような感じに…。

■Gグレードのメーター(アナログ表示)

このGグレードでは、中央のスピードメーター部分がデジタル表示になっているため、このようにアナログ表示からデジタル表示に変更も簡単にできちゃいます。

■Gグレードのメーター(デジタル表示)

アナログ表示とデジタル表示では、見た目の印象がガラリと変わりますよね。

このようにメーターのデザインを自分好みにカスタマイズできるのも、Gグレードのメーターの特徴の一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルのメーターは、ハイブリッド車とガソリン車でデザインや表示項目に若干の違いがあります。

>>> 【ハイブリッドvsガソリン】新型RAV4のメーターの3つの違いを実車画像で徹底解剖

ハイブリッド車とガソリン車のどちらのモデルを購入しようか迷っている方は、メーターのデザインや視認性の違いにも注目をしてみてくださいね。

ハンドル・ステアリングホイール

最廉価モデルのXグレードでは、シンプルなウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備していたのですが、この中間モデル”Gグレード”では、本革巻きのハンドルを標準装備。

■Gグレードのハンドル

やはり本革巻きのハンドルの方がオシャレで良いですよね。

このクルマの車格や乗り出し価格の事を考えると、やはり本革巻きのハンドル・ステアリングホイールが正解なのかなと思いました。

シフトレバー

また、新型RAV4の中間モデル”Gグレード”は、ハンドル・ステアリングホイールだけではなく、シフトレバーも本革巻きへとアップグレードされます。

■Gグレードのシフトレバー

シフトノブ部分には、メッキ加飾が施されており、高級感漂う内装・インテリアを演出していました。

センターコンソール

新型RAV4のGグレードのセンターコンソールは、このようなデザインになっていました。

■Gグレードのセンターコンソール

このGグレードのセンターコンソールは、ステッチが施されたオシャレなデザインに…。

また、センターコンソールボックスの中には、小物を入れるのに最適なトレイが用意されており、使い勝手に優れたデザインになっていました。

■センターコンソールボックスの内部

エアコン

新型RAV4の中間モデル”Gグレード”に備わっているエアコン/ヒーターは、このようなデザインになっています。

■Gグレードのエアコンパネル

このGグレードでは、運転席と助手席で温度を別々に設定できる左右独立式の温度調整機能を備えたエアコン/ヒーターを採用。また、後部座席にも、エアコンやヒーターの風を送り出す送風口を用意。

このGグレードは、どのシートに座っても快適に過ごせるようになっていたのが好印象でした。

また、このGグレードのエアコン/ヒーターのコントローラーはダイヤル式になっており、運転中の操作性に優れているのも、個人的には、大満足でした。

シートヒーター&ステアリングヒーター

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデル”Gグレード”では、真冬の寒い日の運転を助けてくれるシートヒーター&ステアリングヒーターが標準装備されています。

■Gグレードのシートヒータースイッチ

シートヒーターだけではなく、ハンドルのグリップ部分をぽかぽかと温めてくれるステアリングヒーターも標準装備されているのは、かなり嬉しいですよね。

このように快適性を高めるアイテムや機能が充実しているのも、このGグレードの特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この中間モデルのGグレードの内装・インテリアは、最廉価モデルのXグレードとは、全く異なる内装・インテリアに…。

オフロードなどを気軽に走れるXグレードも良いのですが、内装のデザイン性や質感、真冬の快適性を考えると、やはりGグレードの方が魅力的に映りました。

>>> 高級感が全然違う!新型RAV4のXグレードとGグレードの内装を比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする