高級感が全然違う!新型RAV4のXグレードとGグレードの内装を比較

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4は、最廉価モデルの”Xグレード”でも、ブラックとグレーの内装色をしています。

ただ、XグレードとGグレードでは、内装・インテリアの高級感・上質感に大きな違いが…。

フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この2台のモデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4のXグレードとGグレードの内装をチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”と中間モデル”Gグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■Xグレードの内装
内装色:ブラック

■Gグレードの内装
内装色ブラック

どちらのモデルも助手席のダッシュボードに肌触りの良いソフトパッドを採用するなど、基本的なデザインは、同じになっています。

■ダッシュボードに施されているソフトパッド

ただ、上位モデルのGグレードでは、トレイやドリンクホルダーにブラウンの加飾を施しているのに対し、最廉価モデルの”Xグレード”では、特別なアクセントカラーの仕様はナシ。

■Gグレードのドリンクホルダー

■Xグレードのドリンク

なので、最廉価モデルのXグレードよりもGグレードのダッシュボード方が高級感・上質感に優れたデザインになっていました。

ドア内側パネルにも差が…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のXグレードとGグレードでは、ドア内側パネルのデザインにも若干の違いがあります。

■Gグレードのドア内側パネル

■Xグレードのドア内側パネル

パッと見た感じ全く同じデザインになっているこの2つのグレードですが、上位モデルのGグレードのドア内側パネルには、シルバーのステッチが…。

■ステッチが入っているGグレードのドア内側パネル

■ステッチが入っていないXグレードのドア内側パネル

なので、Gグレードのドア内側パネルの方が特別感がある感じが…。

また、上位モデルのGグレードのみスイッチ部分にメッキ調の加飾が施されており、高級感を演出しているのも好印象でした。

■Gグレードのスイッチ

■Xグレードのスイッチ

シートのデザイン&素材も異なる

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されれた新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”と中間モデルの”Gグレード”では、シートのデザインや素材が異なります。

この2台のモデルのシートは、それぞれこのようなデザインになっています。

■Gグレードのシート

■Xグレードのシート

Gグレードは高級感のある合成レザーのシートを標準装備しているのに対し、最廉価モデルのXグレードは、ファブリック素材のシートを標準装備。

なので、車内の重厚感やスタイリッシュさは、明らかに上位モデルのGグレードの方がありました。また、街乗りにピッタリなオシャレな感じが…。

一方、最廉価モデルのXグレードのシートのメイン部分は、トレイやドリンクホルダーと同じ幾何学模様があしらわれており、カジュアルさが際立つデザインになっているのが、印象的でした。

新型RAV4 XグレードとGグレードの内装装備の違いを徹底解剖

このように内装・インテリアの高級感が全く異なる新型RAV4のXグレードとGグレードですが、運転席周りのアイテムの質感や装備にも違いがありました。

どのアイテムや装備に違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、XグレードとGグレードの運転席周りの装備・アイテムの違いを紹介したいと思います。

メーターのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGグレードとXグレードの大きな違いの一つが、メーターのデザインです。

上位モデルのGグレードは、中央に7インチサイズの液晶ディスプレイを採用したデジタルメーターを標準装備。

■Gグレードのデジタルメーター

一方、最廉価モデルのXグレードでは、中央に4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを配したオーソドックスな2眼式のアナログメーターを採用。

■Xグレードのアナログメーター

Xグレードに採用されてている2眼式メーターの視認性が悪いわけではありませんが、高級感や先進感では、Gグレードに採用されているデジタルメーターの方が優れているように感じました。

また、Xグレードに採用さている2眼式のアナログメーターとGグレードに採用されている3眼式のデジタルメーターでは、ドライブモードを切り替えた時のグラフィックの精巧さが異なります。

このドライブモードを切り替えた時の視認性やグラフィックも注目ポイントの一つですよ。

ドライブモードを切り替えた時のグラフィック性能やマルチインフォメーションディスプレイの表示項目など、Xグレードと上位モデルのメーターのデザインの違いの詳細を知りたい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> グレードで違う!新型RAV4の2種類のメーターを実車画像でチェック

センターコンソールボックス

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGグレードとXグレードでは、センターコンソールボックスのデザインも異なります。

■Gグレードのセンターコンソールボックス

■Xグレードのセンターコンソールボックス

どちらのセンターコンソールもソフトパッドを採用した高級感のあるデザインになっているのですが、上位モデルのGグレードでは、センターコンソールの中央に大きめのステッチが入ったデザインに…。

また、上位モデルのGグレードのセンターコンソールボックスの内部には、小物を収納するのに便利なトレイを標準装備。

■センターコンソールボックス内のトレイ

見た目の高級感も使い勝手も、Gグレードの方がワンランク上のように感じました。

ハンドル&シフトレバーの素材&加飾

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGグレードとXグレードでは、ハンドルやシフトレバーの素材や加飾デザインに違いがあります。

こちらは、Gグレードに標準装備されているハンドルやシフトレバーです。

■Gグレードのハンドル

■Gグレードのシフトレバー

Gグレードでは、高級感のある本革巻きのハンドル&シフトレバーを標準装備。また、ハンドルやシフトレバーには、サテンメッキの加飾があしらわれており、高級感・上質感を演出しています。

一方、こちらは、最廉価モデルXグレードのハンドル&シフトレバーのデザインです。

■Xグレードのハンドル

■Xグレードのシフトレバー

Xグレードのハンドル&シフトレバーは、本革ではなく、シンプルなウレタン製に…。また、Gグレードにあしらわれたいたようなサテンメッキの加飾もありません。

この2台のモデルの内装や運転席まわりのデザインは基本的には同じデザインになっているのですが、上位モデルのGグレードの後にこのXグレードの運転席に座ると、高級感や上質感と言う点で、ちょっと物足りなさを感じました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4のXグレードとGグレードの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この2台のモデルの内装・インテリアは、基本的には同じデザインになっています。

ただ、合成レザーのシートを採用しており、運転席周りにも高級感溢れるデザインのアイテムを搭載しているGグレードの方が高級感があるような感じが…。

新型RAV4のXグレードとGグレードの車体本体価格を比較すると、Gグレードの方が約36万円ほど高かくなっています。(※ガソリン車の4WD同士を比較)

ただ、この2台のモデルの内装・インテリアを見比べると、この価格の差も納得の仕上がりでした。

>>> 【ブラックorグレー】新型RAV4 Xグレードの内装色の違いを実車画像で確認

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする