上位モデルよりも劣る!新型RAV4 Xグレードの荷室の2つの弱点とは?

2019年4月に日本再デビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、競合車・ライバル車よりも荷室・ラゲッジスペースが広いのが魅力の一つです。

ただ、Gグレードなどの上位モデルと比較すると、最廉価モデル”Xグレード”の荷室・ラゲッジスペースは、使い勝手が劣ります。

最廉価モデル”Xグレード”の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、GグレードやGZパッケージなど上位モデルと比較して、このXグレードのラゲッジは、どこが劣るのでしょうか?

実車画像を使って、新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の荷室のデザインや欠点、デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Xグレードに荷室の広さ&使い勝手をチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の荷室・ラゲッジルームは、このようなデザインになっています。

■Xグレードの荷室・ラゲッジスペース

Xグレードでも、リバーシブルデッキボードを標準装備

このクルマの荷室・ラゲッジスペースの特徴の一つは、裏面が特性樹脂素材になっているデッキボードを備えている事ですが、新型RAV4の最廉価モデルのXグレードでも、この便利なリバーシブルデッキボードが標準装備されています。

なので、キャンプ道具などを積み込む際は、ラゲッジボードをひっくり返して、使用する事が可能です。

■ラゲッジボードを表面にした時の様子

■ラゲッジボードを裏面にした時の様子

また、最廉価モデルの”Xグレード”でも、上位モデルのGグレードやGZパッケージと同様に、デッキボードの設置位置を上下2段階から調整できるようになっています。

■デッキボードを上段に設置した状態

■デッキボードを下段に設置した状態

荷物の大きさや量などによって荷室の高さや収納力を変更できるのは、かなり助かりますよね。

最廉価モデルのXグレードでも、このような便利機能が用意されているのは、このクルマの良さの一つなのかなと思いました。

新型RAV4 Xグレードの荷室・ラゲッジ【上位モデルよりも劣るところとは?】

このようなデザインになっている新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の荷室・ラゲッジスペースですが、上位モデルのGグレードやGZパッケージよりも機能や使い勝手で見劣りする部分も…。

上位モデルとこのXグレードの荷室・ラゲッジスペースを見比べてみて、欠点や気になったところを包み隠さずお話したいと思います。

荷室ポケットのデザイン&使い勝手

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4の最廉価モデルのXグレードの荷室・ラゲッジスペースで上位モデルよりも大きく劣るのが、荷室の右側に備わっているポケットの使い勝手です。

■Gグレードの荷室ポケット

この新型モデルと上位モデルGグレードなどのの荷室・ラゲッジスペースの横に備わっているポケットは、SUVらしいネット状の仕切りを採用しています。

一方、最廉価モデルのXグレードのサイドポケットは、ネット状ではなく、シンプルなプラスチックの仕切りが…。

■Xグレードの荷室ポケット

この2台のモデルの荷室ポケットを見比べてみると、高級感や上質感が異なりますよね。

ネット状の仕切りを採用している上位モデルのポケットの方が、見た目のデザイン性が良い感じが…。また、使い勝手に関しても、どのアイテムが収納されているのか一目で確認できるネット状の仕切りを採用している上位モデルのポケットの方が良いです。

この荷室・ラゲッジスペースの右側に備わっているポケットの使い勝手は、意外と大きいように感じました。

ちなみに、Xグレードに採用されているプラスチックの仕切りは、取り外しをする事も可能です。

■仕切りを取り外した時の荷室ポケット

仕切りを取り外してみると、荷室幅が一回り広くなった印象が…。

荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込む方や、ベビーカーやゴルフバッグなどの大きいアイテムを頻繁に積み込む方は、初めからプラスチックの仕切りを取り外して、荷室の横幅を最大化しても良いかもしれませんね。

荷室の開閉方法

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの見度得るクラスSUV新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”が、上位モデルよりも劣るのが、荷室・ラゲッジスペースの開閉方法です。

上位モデルのGグレードでは、スイッチ一つで開閉できる電動パワーバックドアを標準装備しています。また、GZパッケージが足の動作一つバックドアを開閉する事ができるハンズフリーバックドアを、トヨタ車で初搭載しています。

■上位モデルに用意されているパワーバックドアスイッチ

しかし、最廉価モデルのXグレードでは、スイッチ一つで自動開閉できるパワーバックドアを備えておらず、手動でテールゲートを開閉するタイプを採用。

なので、Xグレードのテールゲートの側面には、このようなデザインのグリップが2ヵ所用意されています。

■Xグレードの荷室開閉グリップ

このXグレードに用意されているグリップは握りやすいようなデザインになっていたのはとても良かったのですが、テールゲートを開けた時のグリップ位置が約190cmとちょっと高めの設定に…。

なので、小柄な女性がこのテールゲートを開け閉めするのは、ちょっと大変です。

このテールゲートの開け閉めのしにくさは、他のグレードには無いこのXグレードの荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットだと思いました。

ちなみに、スイッチ一つで開け閉めをする事ができるパワーバックドアは、メーカーオプション設定になっていません。

個人的には、メーカーオプションで荷物の積み込みを楽にしてくれる電動パワーバックドアを用意しても良かったのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザイン&使い勝手になっていまsちあ。

最廉価モデルのXグレードでも、裏面が汚れや傷に強い特性樹脂素材となっているリバーシブルデッキボードが標準装備されていたのは、好印象です。

ただ、手動で開け閉めをしないといけないテールゲートや荷室のサイドポケットなど、上位モデルのGグレードやGZパッケージと比較すると、明らかに見劣りするところも…。

もし新型RAV4の最廉価モデルのXグレードの購入を検討している方は、このグレードの荷室・ラゲッジルームの使い勝手を購入前にしっかりと確認してみてくださいね。

>>> ファミリカーとしてはイマイチ!?新型RAV4の後部座席の3つの欠点&デメリット

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする