新型RAV4 Gグレード/GZパッケージの2種類の内装色【実車画像で徹底解剖】

トヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の上位モデルに位置をするGグレードとGZパッケージでは、シックなブラックと明るいライトグレーの2種類の内装色を用意しています。

また、このGグレード/GZパッケージのシートは、合成レザー張りとなっており、最廉価モデルのXグレードよりも高級感のあるデザインに…。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデルに用意されているブラックとライトグレーの内装色は、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような違いがあったのでしょうか?

この新型モデルのGグレードやGZパッケージなど上位モデルに用意されているブラックとライトグレーの内装色を、実車画像を使って、徹底解剖していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Gグレード/GZパッケージのブラックの内装色をチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデル”Gグレード”や”GZパッケージ”に用意されているブラックの内装色は、このようなデザインになっています。

■上位モデルに採用されているブラックの内装色

助手席側のオープントレイやドリンクホルダーには、ダークブラウンのアクセントカラーが施されており、落ち着いた雰囲気の内装・インテリアに…。

■ブラウンカラーのドリンクホルダー

■ブラウンカラーのトレイ

また、この上位モデルでは、本革巻きとなっているハンドルやシフトレバーを標準装備している事もあり、最廉価モデルのXグレードのブラックの内装色よりも高級感・上質感のあるデザインになっていました。

ドア内側パネルにはシルバーのステッチを採用

また、ブラックの内装色を選んだ時の新型RAV4の上位モデルのドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■ドア内側パネル

このブラックの内装色では、ドア内側パネルの上段にシルバーのステッチが施された高級感溢れるデザインのドア内側パネルを採用。

ドアトリム部分はソフトパッドとなっており、肌触りの良さが印象的。

また、スイッチ部分に施されているメッキ調の加飾が良いワンポイントアクセントになっていて、上位モデルらしい高級感と上質感溢れるデザインになっていました。

高級感漂うブラックの合成レザーシート

また、新型RAV4の上位モデル”Gグレード”や”GZパッケージ”ではファブリック素材ではなく、合成レザーが標準装備されているいるのですが、ブラックの内装色の合成レザーシートは、このようなデザインになっていました。

■ブラックの内装色を選んだ時の合成レザーシート

最廉価モデルのXグレードのシートは、幾何学模様があしらわれていましたが、最上位モデルのGグレード/GZパッケージのシートは、このような模様はなくシンプルで落ち着いた雰囲気に…。

ただ、安っぽさは一切なく、高級SUVと呼ぶのに相応しい高級感と重厚感溢れるシートデザインになっているように感じました。また、街乗りをするのに相応しいスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

新型RAV4 Gグレード/GZパッケージのブラックの内装色をチェック

一方、新型RAV4の上位モデル”Gグレード”や”GZパッケージ”に用意されているライトグレーの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ライトグレーの内装・インテリア

内装色の名前は”ライトグレー”となっていますが、ダッシュボード(インパネ)の色は、限りなくホワイトに近いカラーになっています。なので、予想以上に車内が明るく感じます。

また、ブラックの内装色と同様に、このライトグレーの内装色のトレイやドリンクホルダーにもブラウンの加飾が…。

■ブラウンの加飾が施されたトレイ

■ブラウンの加飾が施されたドリンクホルダー

ブラウンの加飾が施されたトレイやドリンクホルダーがオシャレで、明るい車内の中で良いワンポイントアクセントになっていました。

ブラウンのアクセントカラーをあしらったドア内側パネル

また、ライトグレーの内装色を選択した時の新型RAV4のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■ライトグレーのドア内側パネル

この上位モデルのドア内側パネルでは、トリム部分がダッシュボードと同じ色合いのソフトパッドを採用。なので、ドアを閉じた時の統一感があります。

また、この上位モデル”Gグレード”や”GZパッケージ”のドアトリムでは、ブラウンのステッチがあしらわれているデザインに…。

このブラウンのステッチが、オシャレな内装・インテリアを演出しているように感じました。

車内を明るく彩る専用デザインのシートを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデルのライトグレーの内装色で印象的だったのは、シートのデザインです。

上位モデルのライトグレーの内装色では、シートサイドにホワイトに近いライトグレーを配した専用デザインのシートを採用しています。

■ライトグレーのシート

重厚感と言う点では、ブラックの合成レザーシートよりも劣りますが、2色のグレーを組み合わせたこのシートは、車内に開放感を与えてくれます。また、ブラックの内装色よりも車内が華やいだ印象が…。

ヨーロッパにあるカフェのようなオシャレで明るい車内空間を求める方には、車内を明るく彩ったライトグレーの内装色は、ピッタリなのかなと思いました。

また、このクルマは、競合車・ライバル車よりも後部座席の居住性や足元空間が狭いのが欠点です。後部座席に座った時に窮屈感や圧迫感を感じた方にも、車内を広く感じさせてくれる明るいライトグレーの内装色は、最適なのかなと思いました。

>>> 競合車よりも狭い!?新型RAV4の後部座席の足元の広さを計測してみた

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4の上位モデルに用意されているライトグレーの内装色は、このようなデザインになっていました。

ダッシュボードのカラーやデザインは、Xグレードやアドベンチャーなどにかなり近かったのですが、合成レザーを採用しているシートは、全く異なるデザインや質感に…。

そのため、他のグレードのライトグレーの内装色とも、全く異なる雰囲気の内装・インテリアになっていました。

>>> 【ブラックorグレー】新型RAV4 Xグレードの内装色の違いを実車画像で確認

ディーラーさんの話を聞くと、やはりオーソドックスなブラックの内装色の方が圧倒的に人気が高くなっているようですが、個人的には、車内を華やかに彩ってくれるライトグレーの内装色もなかなか良いデザインだなと、実車を見て思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする