車内も豪華!?新型RAV4 GZパッケージの内装を実車画像インプレ

新型RAV4のガソリン車の上位モデルに位置をする”GZパッケージ”は、洗練されたデザインが特徴のアーバンスタイルSUVらしく、車内・インテリアもスタイリッシュなデザインになっています。

また、他のグレードでは、オプション設定になっている機能やアイテムが標準装備されているのも、このGZパッケージの魅力の一つです。

そんな新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このGZパッケージでは、どのような便利アイテムが標準装備していたのでしょうか?

機能や装備の充実さが魅力のガソリン車の上位モデル”GZパッケージ”の内装・インテリアの魅力やメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 GZパッケージの内装のデザインを実車画像でチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデル”GZグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージの内装

このGZパッケージは、ステッチが入ったソフトパッドをあしらったダッシュボード(インパネ)を採用。

また、センターコンソールやドア内側パネルにもステッチが施されており、高級感や上質感を演出したデザインになっていました。

落ち着いた雰囲気を醸し出すブラウンのアクセントカラー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGZパッケージのトレイやドリンクホルダー部分には、中間モデルのGグレードと同じブラウンのアクセントカラーを採用。

■GZパッケージのトレイ

■GZパッケージのドリンクホルダー

トレイやドリンクホルダーにあしらわれたブラウンの加飾が良いワンポイントアクセントになっていて、街乗りにピッタリなアーバンスタイルのSUVらしい落ちついた雰囲気の内装・インテリアを演出していました。

GZパッケージでは合成レザーを採用

また、新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”では、Gグレードと同様に合成レザー張りのシートを標準装備しています。

■合成レザーを採用したGZパッケージのシート

ご覧の通り、重厚感のある合成レザーシートのおかげで、このGZパッケージの内装・インテリアは、引き締まって見えます。

また、このクルマに採用されている合成皮革は、本革と見分けがつかないくらいの質感を備えており、高級感漂う内装・インテリアを演出していたのも好印象でした。

GZグレードは、様々な便利&快適アイテムを標準装備

そんな新型RAV4のガソリン車の上位モデル”GZパッケージ”の魅力の一つが、運転をサポートしてくれる様々な便利アイテムが標準装備されてることです。

例えば、スッキリとした後方視界をサポートしてくれるデジタルインナーミラー。

■新型RAV4のデジタルインナーミラー

他のグレードではメーカーオプション設定となっているデジタルインナーミラーが、このGZパッケージでは、標準装備されています。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4に用意されてる便利なアイテムの一つが、後方の確認を楽にしてくれる"デ...

また、ガソリン車の中間モデル”Gグレード”では、ドライブモードの切り替えは、ボタン式になっていたのですが、このGZパッケージでは、操作がしやすいダイヤル式に…。

■ダイヤル式になっているドライブモード切替スイッチ

なので、運転中のドライブモードの切り替えもしやすくなっています。

このように内装・インテリアのデザインだけではなく、運転をラクにしてくれる機能や装備が充実しているのも、このグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

新型RAV4 GZパッケージの内装の各アイテム&装備をチェック

デジタルインナーミラーを標準装備するなど、デザイン性だけではなく、利便性も高まっている新型RAV4のGZグレードですが、内装・インテリアの各アイテムは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、GZパッケージの内装・インテリアに備わっている各アイテムや装備を紹介したいと思います。

メーター

新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”に備わっているメーターは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージのメーター

このGZパッケージでは、中央のスピードメーター部分が液晶ディスプレイとなっている3眼式のデジタルメーターを標準装備。

なので、先進性のあるデザインに…。

また、デジタル表示と言う事もあり、ドライブモードを切り替えた時に、大きく配置されているスピードメーターのグラフィックやカラーが大きく変化するのも、このグレードのメーターの魅力の一つなのかなと思いました。

ハンドル&シフトレバー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデル”Gパッケージ”のハンドル&シフトレバーは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージのハンドル

■GZパッケージのシフトレバー

このGZパッケージでは、シルバー加飾が施された本革巻きのハンドル&シフトレバーを採用。

車格に相応しい高級感&上質感溢れるデザインになっていました。

エアコン&ヒーター

新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”では、運転席と助手席で温度を別々に設定する事ができる左右独立式のエアコン/ヒーターを標準装備。

■GZパッケージに標準装備されているエアコン/ヒーター

運転席と助手席で別々に温度調整ができるのは、嬉しいですよね。

また、このクルマに備わっているエアコン/ヒーターの温度調整はダイヤル式となっており、操作性に優れているのも好印象でした。

シートヒーター&ステアリングヒーター

また、新型RAV4では、真冬の寒い日の運転の強い味方”シートヒーター&ステアリングヒーター”が標準装備されています。

■GZパッケージのシートヒーター

シートヒーターだけではなく、ハンドルの手に触れる部分をじんわりと温めてくれるステアリングヒーターが標準装備されているのは、嬉しいですよね。

このように、真冬の寒い日でも快適に運転できる機能や装備が充実しているのも、GZパッケージの魅力の一つなのかなと思いまいた。

ルームランプ

機能や装備が充実した新型RAV4のGZパッケージの内装・インテリアには満足していたのですが、唯一残念に感じたのが、ルームランプのデザインです。

このGZパッケージでは、シンプルなハロゲン球のルームランプを標準装備。

■GZパッケージのルームランプ

なので、先進性にちょっと欠ける感じが…。

車格やこのクルマの持つイメージ、競合車・ライバル車の事を考えると、車内を白い光で照らしてくれるLEDルームランプを標準装備して貰いたかったです。

ちなみに、ルームランプを標準装備のハロゲン球(豆電球)からLEDに変更すると、車内の雰囲気がガラリと変わります。

>>> 新型RAV4のルームランプはLEDと豆電球のどっちが良い!?【実車画像で比較】

せっかくGZパッケージを購入するのなら、ルームランプをLEDに変更して、オシャレさをアップしても良いかもしれませんね。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”の内装・インテリアを確認してみたところ、このようになっていました。

このGZグレードは、合成レザーのシートを採用するなど、高級感溢れる内装・インテリアに…。

また、後方の視界性を良くするデジタルインナーミラーやステアリングヒーターなど、快適性や安全性を高める機能や装備が標準装備されているのも好印象でした。

ちなみに、新型RAV4のGZパッケージは、他のグレードと同様にブラックとライトグレーの2色の内装色を用意しており、カラーによって、車内の雰囲気や明るさに大きな差が…。特に後部座席に座った時の窮屈感や圧迫感に大きな違いがあります。

>>> 新型RAV4 GZパッケージの2種類の内装色【実車画像で徹底解剖】

内装色(インテリアカラー)によって、車内の雰囲気や後部座席の居住性・快適性に大きな差が出ますので、購入を検討している方は、じっくりと2つの内装色を吟味してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする