機能や装備が凄い!新型ルークス ハイウェイスターGターボの内装の魅力を徹底解剖

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボは、最上位モデルと言うこともあり、機能や装備が充実しています。

また、ハイウェイスターGターボの内装・インテリアは、他のグレードよりも高級感・上質感のある車内空間に…。

そんな新型モデルの最上位に位置をするハイウェイスターGターボの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような魅力を備えていたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ”の内装・インテリアを確認してきたので、魅力やメリット、他のグレードとの違いを分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスターGターボのインパネをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデルに位置をするハイウェイスターGターボの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボのインパネ

下位グレードよりも高級感のあるGターボのインパネ

この新型モデルのハイウェイスターGターボは、下位モデルに位置をする”ハイウェイスターX”と同様にブラック基調のインパネ(ダッシュボード)を採用しています。

ただ、最上位モデルのハイウェイスターGターボは、ハイウェイスターXとは異なり本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用。

■ハイウェイスターGターボのハンドル

また、ハイウェイスターGでは、ボタン部分にメッキ加飾を施したシフトレバーも標準装備。

■ハイウェイスターGのシフトレバー

そのおかげもあり、最上位モデルの”ハイウェイスターGターボ”の運転席まわりは、他のグレードよりも高級感&上質感のあるデザインになっていました。

ハイウェイスターGターボは機能や装備も充実

また、機能や装備が充実しているのも、新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”の魅力&メリットの一つです。

例えば、ハイウェイスターGターボは、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールを標準装備しています。

また、サイドブレーキも足踏み式ではなく、発進/停車をスムーズに行うことができる電子式のパーキングブレーキとなっています。

■Gターボの電子式パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

このように軽自動車とは思えない機能や装備をそなえているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”の魅力の一つなのかなと思いました。

新型ルークス ハイウェイスターGターボのシートをチェック

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”のシートは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボのシート

ハイウェイスターGターボはファブリックシートを標準装備

ハイウェイスターGターボでは、シートのメイン部分にダークブルーのダイヤモンド パターンをあしらったファブリックシートを採用。

そのため、見た目の高級感や上質感に関しては、競合車・ライバル車よりも少し見劣りをします。

ただ、この新型モデルは、320mmのロングスライドすることができる後部座席を備えるなど、居住スペースの広さ&居心地の良さに関しては、競合車・ライバル車を遥かに凌駕しているように感じました。

ハイウェイスターGターボはセパレートシートに変更可能

また、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボの注目ポイントの一つが、フロントシートのデザインです。

この新型モデルは、運転席と助手席が密着をしたベンチシートが標準装備されていますが、オプションで運転席と助手席が独立したセパレートシートに変更することができます。

■新型ルークスに標準装備されているベンチシート

■ハイウェイスターGターボのセパレートシート

運転席と助手席が独立したセパレートシートの場合、助手席に座る人のことを気にすることなく運転に集中することができます。

ただ、個人的には、オプションで用意されているソファシートよりも標準仕様のベンチシートの方が座り心地が良いように感じました。

まとめ:他のグレードにはない魅力があるハイウェイスターGターボの内装

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

最上位モデルのハイウェイスターGターボは、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備するなど、他のグレードよりもワンランク上の高級感&上質感を備えた内装・インテリアに…。

また、標準装備のベンチシートをセパレートシートに変更することができるのも、他のグレードにはないこの新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”の内装・インテリアの特徴の一つなのかなと思いました。

ちなみに、セパレートシートは、様々な便利なアイテムをセットにしたメーカーオプション”快適パックB”の一つとして用意されています。

なので、フロントシートを運転席と助手席がそれぞれ独立をしたセパレートシートに変更したい方は、”快適パックA”ではなく”快適パックB”を注文してくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする