新型ルークスは車中泊に不向き!フルフラットモードの決定的な弱点&欠点とは?

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力&メリットの一つは、スーパーハイト系ワゴン車の中でトップクラスを誇る車内空間の広さです。

ただ、この新型モデルは、車中泊をするのに少し不向きな感じが…。

車内の広さが魅力の日産のスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”は、なぜ車中泊をするのに不向きなのでしょうか?また、競合車・ライバル車よりも見劣りをする決定的な弱点&デメリットは、何だったのでしょうか?

私がこの新型モデルを試乗して車中泊に不向きと感じた理由を、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

車中泊用のシートアレンジをした時の新型ルークスの車内は十分に広い

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)で車中泊をするには、フロントシートと後部座席を密着させる”フルフラットモード”する必要があります。

実際にこの新型モデルのシートをフルフラットにしてみると、このような感じに…。

■新型ルークスのフルフラットモード

フルフラットモードにすると、奥行きがかなり広くなりますね。

フラットモードにした時のこの新型モデルの奥行きを確認してみたところ、実測で2m10cm以上の広さを確保。

そのおかげで、大柄な成人男性でも窮屈さを一切感じることなく、ゆったりと横になれる広大なマットレススペースとなっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のフロントシートは、ベンチシートが標準仕様となっていることもあり、フルフラットモードにした時に隙間の無いマットレススペースを作り出すことができるのも好印象でした。

新型ルークスは車中泊をするのに不向き!その理由とは?

このように成人男性が横になれるだけの広い居住スペースを備えている日産の新型ルークス(ROOX)ですが、なぜ車中泊をするのに不向きなのでしょうか?

私がこの新型モデルのフルフラットモードを確認して競合車・ライバル車よりも劣ると感じたところを、包み隠さずお話したいと思います。

前席と後席で生じる段差【新型ルークスの車中泊の弱点1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の欠点&デメリットの一つが、フルフラットモードにした時の段差です。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのシートアレンジをフルフラットモードにするためには、次の2つの手順を踏む必要があります。

■STEP.1

フロントシートのヘッドレストを外して、背もたれが水平になるまでリクライニングする。

■STEP.2

後部座席のヘッドレストを外して、シートの背もたれを前方に倒す

この通り、このクルマのフルフラットモードにする際の手順は非常にシンプルで、女性でも簡単に行うことができます。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、シートのサイズと座り心地を優先したためか、リクライニングをしたフロントシートの背もたれと前方に倒した後部座席の背もたれが重なりあってしまうんですよね。

この新型モデルのフロントシートと後部座席が重なりあった部分を計測してみたところ、約7cmの大きな段差が…。

ちなみに競合車・ライバル車の一つでもあるスズキのスーパーハイト系ワゴン車”スペーシア(SPASIA)”のフルフラットモードは、このようになっています。

■スペーシアのフルフラットモード

]

スズキのスーパーハイト系ワゴン車の”スペーシア(SPACIA)”のフルフラットモードは、新型ルークス(ROOX)のようにフロントシートと後部座席が重なりあうことがなく、フラットなマットレス空間に…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)も、スズキのスペーシア(SPACIA)のようにフロントシートと後部座席が重なり合わないフルフラットなマットレススペースになるよう工夫をして貰いたかったです。

シートの段差を埋めにくい【新型ルークスの車中泊の弱点2】

また、車中泊をする際にシートにできた段差を埋めてフルフラットにするのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の欠点&デメリットの一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、フルフラットにしたシートを横から見てみると、フロントシートと後部座席の重なりあう部分を頂点に山なりになっているんですよね。

■新型ルークスのフルフラットモード

なので、クッションや座布団で段差を埋めて、フルフラットな就寝スペースを作り出すのに非常に手間がかかります。

ちなみに、スズキのスペーシア(SPACIA)のフルフラットモードは、新型ルークス(ROOX)のような段差がないため、マットや布団を敷くだけでスグに横になれちゃいます。

■フラット感が強い新型スペーシアのフルフラットモード

この車中泊をする際の手間の多さや煩わしさも、今回フルモデルチェンジをしたこの新型モデルの気になるところでした。

まとめ:車中泊をするクルマとしては物足りなさを感じる新型ルークス

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、車中泊ができるだけの車内空間を備えています。

ただ、フロントシートと後部座席の境目で大きな段差が生じてしまうなど、フルフラットモードの快適さや居心地に物足りなさが…。

プロパイロット機能やオートブレーキホールドなど、普通乗用車に勝るとも劣らない機能を備えたこの新型ルークス(ROOX)は、普段使いで物足りなさを感じる場面はほとんどありません。

ただ、車中泊をするクルマとしては、少し物足りなさが…。

また、この新型モデルの車中泊の快適性やしやすさに関しては、スズキのスペーシア(SPACIA)など、競合車・ライバル車よりも少し見劣りをするのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする