収納力バツグンで使いやすい!新型ルークスの荷室の魅力をまとめてみた

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、収納力が抜群の荷室・ラゲッジスペースです。

この新型モデルは、荷室アレンジのバリエーションが多いだけではなく、収納力&サイズも十分広くなっています。

特に後部座席を一番前にスライドした時の荷室の広さは秀逸!

これだけ広ければ、普段使いの荷物の積み込みで困る心配はないのかなと思ってしまいました。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザイン&広さになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのような魅力を備えていたのでしょうか?

日産からデビューを果たしたスーパーハイト系ワゴン新型ルークス(ROOX)の荷室のデザインや使い勝手、サイズなどを確認してきました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

広くて大きい荷室開口部【新型ルークスの荷室の魅力1】

2020年3月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした日産のスーパーハイト系ワゴン新型ルークス(ROOX)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型ルークスの後ろ姿

そして、この新型モデルのテールゲートを持ち上げてみると、このようなデザインの荷室開口部が登場します。

■新型ルークスの荷室開口部

荷物の積み下ろしがしやすそうさ荷室開口部

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室開口部は四角い形状で、荷物の積み下ろしがしやすい形状に…。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのスーパーハイト系ワゴン”N-BOX”の荷室開口部は荷室開口部の下端部分が狭く、大きい荷物を積み込む際のスムーズさに少し難があったんですよね。

■ホンダN-BOXの荷室開口部

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのスーパーハイト系ワゴン車のN-BOX(Nボックス)と比較すると、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の方が荷物の積み下ろしがしやすいように感じました。

床の高さも低めに設定

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室フロアの高さは、地上から約590mmに設定。

■新型ルークスの荷室フロアの高さ

このように見ると、荷室フロアの低さが分かりますよね。

スーツケースやベビーカーなどの重たい荷物・アイテムを積み込みやすくなっているのも、好印象でした。

アレンジの豊富さ【新型ルークスの荷室の魅力2】

また、荷室のアレンジの豊富さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つです。

この新型モデルでは、左右独立して前後にスライド、そして、背もたれを収納できる後部座席を備えていることもあり、自由自在に荷室・ラゲッジスペースをアレンジすることが可能です。

例えば、後部座席に乗車する人がいる時に荷室・ラゲッジスペースに沢山の荷物を積み込みたい時には、助手席側の後部座席のみ前方にスライドして、荷室の広さを確保することができます。

■助手席側のみ背もたれを格納した時の様子

また、子供用の自電車を積み込む際、助手席側の後部座席のみを収納して、片側のみ荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くすることも可能です。

■助手席側のみ後部座席を前方にスライドした時の様子

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、後部座席を収納した際にフラットにならないなど、少し残念なところもあります。

ただ、このように荷物の大きさや量、後部座席の利用状況によって、荷室・ラゲッジスペースを様々な形に変更することができるのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つなのかなと思いました。

荷室アレンジをする際の操作もしやすい

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室アレンジを確認して良いと思ったのが、後部座席の収納やスライド操作がしやすかったことです。

この新型モデルでは、後部座席の肩口のところに後部座席の背もたれを格納するためのレバーだけではなく、前後にスライドするためのレバーも用意されています。

■後部座席の収納レバー

なので、後部座席の収納やスライドなどの操作が、すべて荷室・ラゲッジスペース側から行うことができちゃいます。

実はこのような工夫が施されているクルマって、意外と少ないんですよね。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのN-BOX(Nボックス)は、後部座席をスライドするためのレバー(ストラップ)は、荷室フロアに備わっていましたし…。

■N-BOXの後部座席スライド用ストラップ

なので、荷室・ラゲッジスペースに荷物をたくさん積んでいる状態では、後部座席のスライド操作がしにくいのが難点です。

日産から発売された新型ルークス(ROOX)にはこのような煩わしさがなく、スムーズに荷室アレンジを変更できるのが、とても良いと思いました。

奥行きの広さ&収納力【新型ルークスの荷室の魅力3】

また、荷室・ラゲッジスペースの広さ&収納力も、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つです。

後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのN-BOX(Nボックス)に少し及びません。

■新型ルークスの荷室の奥行き

しかし、後部座席を一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約675mmとなっており、スーパーハイト系ワゴン車のなかでクラストップの広さに…。

■後部座席を一番前にスライドした時の広さ

ちなみに、ディーラーさんの話によると、このアレンジをした時の新型ルークス(ROOX)の荷室は、機内に持ち込みをできるサイズのスーツケースならスッポリト収納することができるサイズになっているそうです。

このように競合車・ライバル車よりも広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えているのは、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:広くて使い勝手の良い新型ルークスの荷室

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースは、このような魅力&メリットが…。

■新型ルークスの荷室の魅力

・荷物の積み下ろしがしやすい広い荷室開口部
・自由自在の荷室アレンジ
・荷室アレンジの操作のしやすさ
・クラストップの荷室サイズ&容量

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認していて特に驚いたのは、後部座席を前方にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さです。

後部座席を一番前にスライドすると、普通乗用車と比較しても遜色のない広さを備えているのは、このクルマの凄いところだなと関心をしてしまいました。

また、後部座席を一番前にスライドした状態でも、後部座席に座れるだけの足元空間を確保しているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02