新型ルークスのオプション【快適パックAとBはドコが違う?】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)は、シートバックテーブルなど車内で快適に過ごせるアイテムをセットにした”快適パック”を、メーカーオプションで用意しています。

ただ、この新型モデルに用意されている快適パックは、”A”と”B”の2つのタイプが用意されているんですよね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの快適パックの”A”と”B”は、それぞれどようのなアイテム・装備が含まれているのでしょうか?また、快適パックAとBは、どんな違いがあったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)に用意されている快適パック”A”と”B”の特徴、違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの快適パックAの特徴と価格

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)にオプションで用意されている”快適パックA”には、このようなアイテム&装備が含まれていました。

■快適パックAに含まれるアイテム

・プラズマクラスター付きリヤシーリングファン
・パーソナルテーブル
・カップホルダー(9個)
・USBソケット(助手席シート裏)
・ロールサンシェード
・撥水加工シート

快適パックAはほとんどのグレードに装着可能

プラズマクラスター付きのリヤシーリングファンやパーソナルテーブルなど、使い勝手の良いアイテムが含まれている”快適パックA”の特徴の一つは、装着できるグレードの幅広さです。

この新型モデルに用意されている”快適パックA”は、標準車の最廉価モデル”Sグレード”以外の全グレード装着できるようになっています。

■快適パックAを装着できるグレード

・ハイウェイスターGターボ
・ハイウィエスターXプロパイロット エディション
・ハイウェイスターX
・Xグレード

幅広いグレードに装着することができるのは、新型ルークス(ROOX)に用意されている”快適パックA”の特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

快適パックAのオプション価格はいくら?

その名の通り、快適な車内空間を演出してくれる新型ルークス(ROOX)の”快適パックA”ですが、オプション価格はいくらだったのでしょうか?

見積もりをもらう際に、この新型モデルに用意されている”快適パックA”のオプション価格を確認してみたところ、3万3000円とのことでした。

後部座席用のUSBポートやリヤシーリングファンなどの使い勝手を考えると、3万3000円というオプション価格は、かなりお得な感じが…。

私は実際に快適パックに含まれるリヤシーリングファンやUSBポート、シートバックテーブルを確かめたのですが、本当に便利です。

せっかくこの新型モデルを購入するのなら、”快適パック”は絶対に装着すべきオプションだなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんにお話を聞くと、この新型モデルの購入をしていく方のほとんどが”快適パック”を装着していくそうですよ。

プレミアムグラデーションインテリアとのセットも用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、上位モデルハイウェイスター限定で高級感のある車内を演出するプレミアムグラデーションインテリアと快適パックAをセットにしたオプションも用意しています。

■新型ルークスのプレミアムグラデーションインテリア

高級感のある車内空間にこだわる方は、このプレミアムグラデーションインテリアと快適パックAのセットの購入を検討してみても良いかもしれませんね。

ちなみに、プレミアムグラデーションインテリアと快適パックAのセットのオプション価格は、6万6000円となっていました。

新型ルークスの快適パックBの特徴と価格

一方、新型ルークス(ROOX)に用意されている快適パックBには、どのようなアイテム&装備が含まれているのでしょうか?

こちらが、快適パックBに含まれているアイテム&装備です。

■快適パックBに含まれるアイテム

・プラズマクラスター付きリヤシーリングファン
・パーソナルテーブル
・カップホルダー(9個)
・USBソケット(助手席シート裏)
・ロールサンシェード
・撥水加工シート
・セパレートシート

快適パックBにはセパレートシートを用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の快適パックAとBのアイテムでは、用意されているアイテム&装備にほとんど違いがありません。

ただ、快適パックAとBで唯一異なるのが、セパレートシートです。

■新型ルークスのセパレートシート

この新型モデルに用意されている快適パックBでは、運転席と助手席が独立をしたセパレートシートが用意されています。

ただ、個人的には、オプションで用意されているセパレートシートよりも、標準仕様のベンチシートで十分なのかなと思いました。

快適パックBのオプション価格はいくら?

そんな新型ルークス(ROOX)に用意されている快適パックBのオプション価格は、いくらだったのでしょうか?

ディーラーさんに確認したところ、この新型モデルの快適パックBのオプション価格は、3万3000円とのこと。

つまり、快適パックAとの価格差はなし。

なので、快適パックを装着する方は、フロントシートをセパレートシートにするか、それとも、標準仕様のままのソファーシートにするかで、”A”と”B”を決めれば良いのかなと思いました。

快適パックBを装着できるのはハイウィスターGターボのみ

このようにフロントシートのデザインを変更することができるオプション”快適パックB”ですが、装着できるのは、新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”のみでです。

つまり最上位モデルの”ハイウェイスターGターボ”のみ、快適パックAとBの2つのタイプから好きな方を選べるようになっているという訳です。

それ以外のモデルでは、フロントシートのデザインを変更することができる”快適パックB”を選ぶことができないので、ご注意くださいね。

まとめ:新型ルークスの快適パックAとBの違いは小さい

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン”新型ルークス(ROOX)”に用意されている”快適パックA”と”B”の違いを確認をしてきたところ、このようになっていました。

この新型モデルに用意されている快適パックAとBはオプション価格も同じになっており、唯一の違いは、セパレートシートにするかどうかだけです。

ただ、セパレートシートに変更することができる”快適パックB”は、新型ルークス(ROOX)の最上位モデルのハイウェイスターGターボにしか装着することができないので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする