新型ルークスの後部座席の足元の広さ【スライドでどんだけ変わる?】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つが、320mmものロングスライド機能を備えた後部座席です。

先日、この新型モデルのを試乗した際にディーラーさんに教えてもらったのですが、後部座席を一番後ろにした時の足元空間の広さ&前後席間の距離は、スーパーハイト系ワゴン車の中でトップとのこと。

また、スライド操作がしやすいのも好印象でした。

そんな新型モデルの後部座席は、どれくらいの足元空間(ニークリアランス)の広さを備えていたのでしょうか?また、前後にスライドすると、足元空間の広さは、どれくらい変わったのでしょうか?

日産からデビューを果たしたこの新型モデルの後部座席をスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スライド操作もラクラク!新型ルークスの後部座席の使い勝手をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型ルークスの後部座席
グレード:ハイウェイスターX

この新型モデルでは、運転席側と助手席側で別々に前後にシートの位置を調整することができる5対5分割方式を採用。

なので、このように後部座席の片側のみを前方にスライドすることなども可能です。

荷物の大きさや後部座席に乗車する人数に応じて、シートの位置やアレンジを自由自在に変更することができるのは、便利で良いと思いました。

レバーは2ヵ所に配置

今回フルモデルチェンジをしたこの新型モデルでは、背もたれの肩口部分と足元にシートをスライドするためのレバーを搭載。

■肩口に用意されているスライドレバー

■足元に用意されているスライドレバー

背もたれの肩口/シートの足元、どちらからでも後部座席のスライド操作ができる使い勝手の良い作りになっていました。

また、この新型モデルの後部座席はとっても軽く、チカラを入れなくても、片手でス~~ッと滑らかにスライドできるのも好印象でした。

やっぱり狭い!?一番前にスライドした時の新型ルークスの後部座席の足元の広さ

スライド操作がしやすい日産の新型ルークス(ROOX)ですが、後部座席を一番前にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいだったのでしょうか?

私が運転しやすい位置に運転席を設定した時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じになっていました。

■一番前にスライドした時の後部座席の足元空間の広さ

大人が座るにはちょっと窮屈

新型ルークス(ROOX)の後部座席を一番前にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)は、約20cmとなっており、かなり窮屈な感じが…。

実際に身長約175cm中肉中背の私がこの状態で座ってみると、このような感じに…。

何とか後部座席に座ることができますが、膝が折り畳んだシートバックテーブルにぶつかってしまいかなり窮屈なのが、見た感じでも分かると思います。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の運転席の足元にはバッテリーが搭載されており、シート下につま先を入れることができないのも残念でした。

■運転席の足元にあるバッテリー

驚愕の広さ!後部座席を一番後ろにスライドした時の新型ルークスの足元空間

2020年3月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の後部座席を一番後ろにスライドした時の足元空間の広さは、どれくらいだったのでしょうか?

こちらが、後部座席を一番後ろにスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■後部座席を一番後ろにした時の足元空間の広さ

ちなみに、こちらは、後部座席を一番前にスライドした時のこの新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)です。

■後部座席を一番前にした時の足元空間の広さ

この新型モデルの後部座席は320mmもスライドできることもあり、後部座席を一番前にした時と一番後ろにした時では、足元空間(ニークリアランス)の広さが全然違いますね。

また、後部座席を一番後ろにした時の後部座席の足元空間の広さは、軽自動車のレベルを遥かに超えています。

この広々とした後部座席まわりの空間は座るだけではなく、小さいお子さんが着替えをする時にも重宝をするのかなと思いました。

ミニバンに乗っているかのような広々とした足元空間

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席を一番後ろにスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、次のようになっていました。

■後部座席を一番後ろにした時の足元空間

この新型モデルの後部座席を一番後ろにスライドした時の足元空間(ニークリアランス)は、約50cmとなっています。

そのため、成人男性の私が座っても、足まわりにこんなに余裕が…。

また、ご覧の通り足を投げ出すように座ることも可能です。

これだけ後部座席の足元空間が広いと、オットマンが欲しくなるような感じが…。

大人でもゆったりと足を伸ばして座れるだけの足元空間の広さを確保しているのは、競合車・ライバル車にはない新型ルークス(ROOX)ならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ただ、後部座席を一番後ろにスライドすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが少し狭くなってしまうので、ご注意くださいね。

まとめ:軽自動車のレベルを遥かに超えた新型ルークスの後部座席の足元の広さ

2020年3月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の後部座席の足元空間の広さを確認したところ、このようになっていました。

後部座席を一番前にスライドすると、足元空間のゆとりがほとんどなく窮屈さを感じてしまいましたが、後部座席を一番後ろにすると、軽自動車とは思えないくらいゆとりのある広さに…。

この広々とした後部座席を備えた新型ルークス(ROOX)は、小さいお子さんがいるご家庭だけではなく、中学生や高校生など大きいお子さんがいるご家庭にもピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02