GターボとXの差は小さい!新型ルークスのハイウェイスターの内装を比較

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をする”ハイウェイスター”は、”Gターボ”と”X”という2つのグレードを用意しています。

走破性や外装・エクステリアのデザインに違いがあるハイウェイスターのGターボとXのプロパイロット エディションですが、内装に関しては、思ったよりも違いはありませんでした。

そんなハイウェイスターのGターボとXのプロパイロット エディションの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、内装・インテリアにどのような違いがあったのでしょうか?

新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションの内装・インテリアの違いを、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスタGターボとXプロパイロットの内装をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとX プロパイロット エディションの内装・インテリアは、どちらもこのようなデザインになっています。

■ハイウェイスターの内装
グレード:ハイウェイスターGターボ

ハイウェイスターGターボ/Xプロパイロット エディションどちらもブラック基調のダッシュボードを採用しており、基本的なデザインには違いはありません。

また、どちらのモデルもダークブルーのダイヤモンドパワーンをあしらったファブリック素材を採用するなど、シートのデザインもまったく同じになっていました。

機能や装備にも違いはなし

また、備わっている機能や装備に関しても、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションで違いはありません。

例えば、ハイウェイスターGターボ/Xプロパイロット エディションどちらも、停車時、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドを標準装備しています。

■ハイウェイスターのオートブレーキホールド

また、どちらもグレードも、サイドブレーキも足踏み式ではなく、発進/停車をスムーズに行える電子式になっています。

このように新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターのGターボとXプロパイロット エディションは、機能や装備に違いがあません。

ここらへんは、ハイウェイスターXプロパイロット エディションの魅力&良いところの一つなのかなと思いました。

ちなみに、ハイウェイスターXプロパイロット エディションとプロパイロット機能が備わっていない標準仕様のハイウェイスターXでは、機能や装備に違いがあるので、ご注意くださいね。

内装の違いは?【新型ルークス ハイウェイスタGターボとXプロパイロット比較】

このように基本的なデザインは同じになっている新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションですが、細かいパーツ&アイテム、装備では違いがありました。

この2台のモデルの内装・インテリアの違いは、何だったのでしょうか?

ハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

ハンドル【GターボとXプロパイロットの違い1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションの違いの一つが、ハンドルのデザイン&素材です。

下位モデルに位置をする”ハイウェイスターXプロパイロット エディション”では、シンプルなウレタン製のハンドルを採用していたのに対し、最上位モデルに位置をするハイウェイスターGターボでは、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用。

■Gターボのハンドル

そのため、運転席まわりの上質感や高級感に関しては、最上位モデルのハイウェイスターGターボの方がワンランク上だなと感じました。

シートのデザイン【GターボとXプロパイロットの違い2】

また、2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションでは、シートにも若干の違いが…。

この新型モデルのハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションでは、どちらもフロントシートは、運転席と助手席が密着をしたベンチシートタイプとなっています。

■ハイウェイスターの標準装備のシート

ただ、最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ”では、メーカーオプションでセパレートシートが用意されており、シートを変更することが可能です。

■Gターボに用意されているセパレートシート

このようにシートの形状を選べるのは、Xプロパイロット エディションにはないハイウェイスターGターボの魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、私は標準仕様の”ベンチシート”、オプションで用意されている”セパレートシート”どちらも試乗をしたのですが、個人的には、標準仕様のベンチシートの方が座り心地が良く好みでした。

まとめ:ほとんど違いがないハイウェイスターGターボとXプロパイロットの内装

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXグレードの内装・インテリアの違いを比べてみたところ、このようになっていました。

この2台のモデルの違いは、ハンドル・ステアリングホイールのみ。

ただ、ハイウェイスターXプロパイロット エディションのハンドルの安っぽさは、市販のハンドルカバーを装着すれば、気にならなくなるんですよね。

このように考えると、ハイウェイスターGターボとXグレードの内装・インテリアの違いは、ほとんどないと言っても良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする