自由自在!新型ルークスのシートアレンジを実車画像でチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)は、車内の広さを活かしたシートアレンジの豊富さが魅力の一つです。

ただ、アレンジによっては、座り心地で気になるところも…。

そんな日産の新型モデルでは、どのようなシートアレンジを用意していたのでしょうか?また、各シートアレンジの居心地の良さや快適さは、どうだったのでしょか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)のシートアレンジのバリエーションや快適さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

オーソドックスな4人乗車モード【新型ルークスのシートアレンジ1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されているシートアレンジで一番オーソドックスな4人乗車モードは、このようになっています。

■新型ルークスの4人乗車モード

フロントシートの座り心地は抜群

今回デビューを果たした新型モデルのフロントシートには、背もたれが”く”の字のように中折れをしている”ゼログラビティー シート”を全グレードに標準装備。

■新型ルークスの運転席

そのおかげもあり、この新型モデルのフロントシートは、軽自動車とは思えない座り心地に良いシートになっていました。

大人でもゆったりと座れる後部座席

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席には、320mmにも達するロングスライド機能を搭載。

後部座席を一番後ろにスライドすると、成人男性が足を組んで座ることができるくらい広々とした足元空間(ニークリアランス)になっています。

■新型ルークスの後部座席の足元空間

競合車・ライバル車よりも広くて、ゆったりと座れる後部座席も、日産から発売されている軽自動車新型ルークス(ROOX)の魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、後部座席に位置によって、足元空間(ニークリアランス)の広さや快適さが大きく異なるので、ご注意くださいね。

大きめの荷物も載せれる3人乗車モード【新型ルークスのシートアレンジ2】

中央分割方式を採用している新型ルークス(ROOX)の後部座席の片側を収納すると、後部座席に1人乗車することができる”3人乗車モード”にすることができます。

実際に助手席側の後部座席の片側を収納するとこのような感じに…。

■助手席側の背もたれ収納時の3名乗車モード

逆に運転席側の後部座席を収納すると、このような感じに…。

■運転席側の背もたれ収納時の3名乗車モード

後部座席の背もたれを収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きがかなり広くなりますね。

また、後部座席を収納した時に荷室フロアはフルフラットではなく若干の手前下がりになっているのですが、荷物の積み込みの妨げにならないよう滑らかなスラローム状になっているのも好印象でした。

後部座席の収納もラクラク

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、後部座席の背もたれの肩口に背もたれを収納するためのレバーを用意。

■後部座席収納用のレバー

荷室側からでも簡単に後部座席を収納するための操作が、荷室側からでも簡単に行えるのがとても良いと思いました。

また、この新型モデルの後部座席の背もたれはとても軽く、女性のチカラでも簡単に背もたれの収納&展開操作が行えるのも良かったです。

3人乗車モードの時は助手席側に座るのがオススメ

ご覧の通り、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、運転席側と助手席側どちらの背もたれを収納することができます。

ただ、個人的には、3人乗車モードにするときは、運転席側の後部座席の背もたれを収納して、助手席側に乗車するのがオススメです。

実は運転席の座面の下には、ハイブリッドシステムで使用するバッテリーが搭載されているんですよね。

■新型ルークスの運転席下のトンネル

なので、運転席の下のトンネルにはつま先を入れることができず、後部座席を前にスライドした時は足元空間に若干の窮屈さが…。

しかし、助手席側のシートしたには何もなく、つま先をトンネルの下に入れることができます。

なので、足元空間(ニークリアランス)にゆとりがあり、後部座席を前方にスライドした状態でも快適に過ごすことができます。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、後部座席の足元空間の広さ&ゆとりに違いがあるので、ご注意くださいね。

自転車も積み込める後部座席収納モード【新型ルークスのシートアレンジ3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、後部座席の背もたれをすべて収納して荷室の広さを優先する”後部座席収納モード”も用意しています。

■新型ルークスの後部座席収納モード

この新型モデルは背が高いこともあり、後部座席を収納すると、かなり広々とした荷室スペースが生まれますね。

ディーラーさんの話によると、この新型モデルの後部座席を収納すると、27インチサイズの自転車もそのまま一台積み込むことができるとのこと。

自転車を積み込める荷室サイズになっているのは、急に雨が降った時のお子さんのお迎えに重宝するのかなと思いました。

後部座席の背もたれ中央にある盛り上がりが残念

このように広くて使い勝手の良さそうな新型ルークス(ROOX)の”後部座席収納モード”ですが、少し残念なところもありました。

それは、後部座席の背もたれ部分に生じる盛り上がりです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、収納した後部座席の背もたれの真ん中付近に謎の盛り上がりがあるため、荷室フロアが少し凸凹としています。

なので、荷物の積み下ろしが、少ししにくい感じが…。

荷室・ラゲッジスペースの広さが魅力の”後部座席収納モード”ですが、使い勝手&積載性に関しては、競合車・ライバル車よりも少し劣るのかなと思いました。

長尺物を積むのに便利なロングモード【新型ルークスのシートアレンジ4】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)では、サーフボードのような長尺物を積み込むのに便利なシートアレンジ”ロングモード”を用意しています。

実際にこの新型モデルの助手席の背もたれを倒して、ロングモードにしてみると、このような感じに…。

■新型ルークスのロングモード

ロングモードにした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きを確認してみたところ、2メートルを超える広さになっており、サーフボードなども長尺物もラクラク積み込むことができるサイズになっていました。

ロングモードの使い勝手はイマイチ

長尺物を積み込むのに便利そうな新型ルークス(ROOX)のロングモードですが、実際に確認をしてみると、少し残念なところもありました。

それは、助手席と後部座席の密着部分の仕上がりです。

この新型モデルに用意されているロングモードにするためには、まずは、助手席はヘッドレストを外して、背もたれを垂直までリクライニングをします。

また、後部座席も助手席と同様にヘッドレストを外して、背もたれを前方にパタンと倒します。

そうすると、助手席と後部座席がピッタリとハマってフラットなフロアになると思っていたのですが、この新型モデルでは、助手席と後部座席が重なってしまい、大きな段差が…。

ちょっとコレは残念ですよね。

せっかくこのようなシートアレンジを用意するのなら、助手席と後部座席の重なりあう部分に段差がなくフラットにように作ってもらいたかったです。

仮眠をするのにピッタリなリラックスモード【新型ルークスのシートアレンジ5】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、仮眠をしたい時や足を伸ばしてくつろぎたい時に重宝するシートアレンジ”リラックスモード”も用意しています。

■新型ルークスのリラックスモード

段差のないフラットなリラックモード

長尺物を積み込むのに便利な”ロングモード”にした時は、運転席と助手席が重なりあってしまったこの新型モデルですが、リラックスモードの時は段差のないフラットな広々空間に…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席の座面はフラットになっているため、横になった時にデコボコ感がなく快適に過ごせるのも好印象でした。

まとめ:自由自在にシートをアレンジできる新型ルークス

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のシートアレンジを確認したところ、このようになっていました。

シートが重なりあってしまう”ロングモード”など、シートアレンジによっては少し使い勝手&快適性で気になるところも…。

ただ、このようにクルマを使う目的や収納するアイテム、乗車人数などによって、自由自在に車内のシートアレンジを変更することができるのは、今回フルモデルチェンジをした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする