競合車よりもスゴイ!新型ルークスのルームミラーの魅力を徹底レビュー

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の上位モデルでは、液晶ディスプレイが備わった専用デザインのルームミラーが用意されています。

また、この新型モデルの液晶ディスプレイ付きのルームミラーは、競合車にはない嬉しい機能も…。

競合車・ライバル車ではあまり見かけない液晶ディスプレイ付きのルームミラーですが、視認性・見やすさは、どうだったのでしょうか?また、この新型モデルの液晶ディスプレイ付きのルームミラーは、競合車よりもドコが優れていたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)に用意されている液晶ディスプレイ付きのルームミラーの使い勝手や視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの液晶ディスプレイ付きのルームミラーのデザインをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のノーマル車のXグレード以上に用意されている液晶ディスプレイ付きのルームミラーは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスの液晶ディスプレイ付きのルームミラー

この新型モデルに用意されている液晶ディスプレイ付きのルームミラーは、鏡面の中央下部分にスイッチが備わっています。

■液晶ディスプレイ付きルームミラーのスイッチ

ただ、それ以外は、普通のルームミラーと何ら変わらにデザインに…。

なので、初めて液晶ディスプレイ付きのルームミラーを備えたこの新型モデルを運転するドライバーでも、違和感を一切感じることなく運転することができるのかなと思いました。

競合車の中で唯一、自動眩防機能付きのルームミラーを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のルームミラーは、後続車のヘッドライトの光を検知すると、光の反射を自動的に調整して、眩しさを抑えてくれる”自動眩防機能”を備えています。

なので、この新型モデルは、後続車のヘッドライトの明るさに煩わされることなく、安心して運転をすることができます。

ちなみに、ホンダのN-BOX(Nボックス)やスズキのスペーシア(SPACIA)など競合車・ライバル車には、自動眩防機能の用意はありません。

この安全面の高さは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ルークスのルームミラーの視認性はどうだった?

このようなデザインになっていた新型ルークス(ROOX)の液晶ディスプレイ付きのルームミラーですが、視認性(見やすさ)は、どうだったのでしょか?

この新型モデルに用意されているルームミラーを使って、クルマの後方を確認してみると、このような感じに…。

■新型ルークスのルームミラーで後方を確認した時の様子

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のルームミラーの鏡面には、液晶ディスプレイが備わっているのですが、普通のルームミラーと見え方に違いはありませんでした。

液晶ディスプレイの視認性はイマイチ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、シフトレバーを”R(リバース)”に入れるか、ルームミラーの中央下部に備わっている”CAMERAスイッチ”を押すと、液晶ディスプレイが表示されます。

■液晶ディスプレイを点灯時の様子

この液晶ディスプレイには、クルマを真上から見下ろすような視点でクルマの周辺を確認することができる”アラウンドビューモニター”が表示されます。

■ルームミラーに表示した時のアラウンドビューモニター

ただ、ルームミラーに備わっている液晶ディスプレイはサイズが小さいため、視認性・見やすさは、イマイチでした。

ちなみに、バックや駐車をする時に便利なアラウンドビューモニターは、オプションで用意されている純正ナビの画面にも映しだすことが可能です。

アラウンドビューモニターの見やすさや安全性を考えると、ルームミラーの液晶ディスプレイsinnより画面サイズが大きい純正ナビで確認する方が良いのかなと思いました。

インテリジェント ルームミラー機能の用意はなし

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されているルームミラーの視認性&使い勝手は悪くなかったのですが、少し残念だったことも…。

それは、後部座席に乗車した人や荷室に積み込んだ荷物などで視界が遮られることなく、スッキリとしたクリアな後方視界をサポートする”インテリジェント ルームミラー機能”が用意されていなかったことです。

■セレナe-POWERのインテリジェント ルームミラー

この新型モデルはリヤガラスが大きいとは言え、荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込んだ時のことを考えると、”インテリジェント ルームミラー”を用意しても良かったような…。

最近の軽自動車の進化は目覚ましく、普通乗用車に負けない機能や装備を備えているクルマが増えてきていますが、日産も”インテリジェントルーム ミラー”を出し惜しみをするのではなく、新型ルークス(ROOX)に搭載してみても良かったのかなと思いました。

まとめ:機能性に優れる新型ルークスのルームミラー

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”に用意されているルームミラーは、このようなデザインになっていました。

アラウンドビューモニターを表示する液晶ディスプレイのサイズや視認性には、ちょっと物足りなさが…。

ただ、この新型モデルに用意されているルームミラーには、後続車のヘッドライトの眩しさを自動的に抑えてくれる”自動眩防機能付き”を搭載。安心・安全に夜間ドライブをすることができるようになっていたのは、好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02