改悪!新型ルークスよりも先代の方が良かった…と感じた残念なところ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、快適な運転をサポートしてくれるプロパイロット機能やオートブレーキホールドが備わるなど、先代モデルよりも大幅に進化をしていました。

ただ、この新型モデルを試乗してみると、「えっ…、先代モデルの方が良かった…」と思ったところもチラホラ…。

先代モデルにあたる新型デイズルークスと比較して、この新型モデルは、どこが変わってしまったのでしょうか?また、先代モデルの方が良いと思ったところは、どこだったのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)よりも先代モデルの方が良かったと感じたところ、機能や装備を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

収納スペース【新型ルークスが先代より劣るところ1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)が先代モデルよりも劣ると感じがことの一つが、収納スペース&小物入れの数&使い勝手です。

今回生まれ変わったこの新型モデルも収納スペース・小物入れは、十分な数を用意しています。

ただ、この新型モデルは、先代モデルに用意されていた収納スペースがいくつか無くなっていました。

新型ルークスでなくなってしまった収納スペース

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)でなくなってしまった収納スペースの一つが、ダッシュボードの中央上段に設置されていた”インストアッパーボックス”です。

先代モデルでは、奥行きのあるダッシュボードの上面を活かした収納スペース”インストアッパーボックス”が用意されていました。

■先代モデルのインストアッパーボックス

しかし、新しく生まれ変わった新型モデルでは、運転席の目の前の収納スペースはなくなっていました。

また、天井に用意されている収納スペースも同様です。

先代モデルでは、リヤサーキュレーターのコントローラー部分に、パックのウェットティッシュなどを収納するのに便利なオーバーヘッドコンソールが標準装備されていました。

■先代モデルのオーバーヘッドコンソール

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をして新発売された新型ルークス(ROOX)では、なぜかオーバーヘッドコンソールはディーラーオプション設定に…。

■新型モデルのリヤサーキュレーター

なので、この新型モデルを初めて見た時、後部座席まわりの収納スペースがちょっと少なく感じてしまいました。

このように先代モデルと比較して、収納スペース・小物入れが少なくなってしまったのは、新しく生まれ変わった新型ルークス(ROOX)の残念なところでした。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをしたこの新型モデルの収納スペースのデザインや配置、使い勝手に関しては、こちらの記事にまとまっています。

先代と大きく変わった新型モデルの収納スペースを確認したい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

後部座席【新型ルークスが先代より劣るところ2】

また、後部座席の足元空間(ニークリアランス)も、今回フルモデルチェンジをした新型ルークス(ROOX)の気になったところの一つです。

今回デビューを果たした新型ルークス(ROOX)は、320mmにも達するロングスライド機能を備えているため後部座席の足元空間(ニークリアランス)は広くなっており、大人でも快適に過ごせるようになっています。

■新型ルークスの後部座席の足元空間

ただ、この新型モデルと先代モデルでは、運転席のシート下に違いがありました。

新型ルークスと先代モデルの後部座席の違いとは?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、運転席の足元にハイブリッドシステム用のバッテリーが積んであります。

■新型ルークスの後部座席の足元空間

なので、後部座席に座る際、運転席のシート下に靴の先端を入れることができません。

この新型モデルの後部座席を一番後ろにスライドしている時は足元空間(ニークリアランス)が広々としているため、運転席下にあるバッテリーは、それほど気になりません。

ただ、後部座席を前方にスライドした時は、運転席下にあるバッテリーが少し邪魔です。
また、運転席下にあるバッテリーのせいで足をシートしたに入れることができないため、足を動かせるスペースが少なく、窮屈に感じました。

一方、先代モデルにあたる”デイズルークス”では、運転席のシート下にバッテリーはなく、トンネル部分に多くなゆとりがあるため、つま先を入れれるようになっていました。

■先代モデルの後部座席の足元空間

なので、後部座席を前にスライドして足元空間(ニークリアランス)が狭い時でも、シート下に足をいれることができ、窮屈さを感じることなく快適に凄くことができあmした。

後部座席の足元空間自体は、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の方が広くなっていますが、後部座席を前方にした時の快適性に関しては、先代モデルの方が優れているように感じました。

後方の視界【新型ルークスが先代より劣るところ3】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)が、先代モデルよりも劣っていると感じたことの一つが、後方の視界です。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、先代モデルよりもベルトライン(サイドウィンドウの下端)が高くなったため、サイドウィンドウの縦幅がひと回り小さくなりました。

■新型ルークスのサイドウィンドウ

■先代モデルのサイドウィンドウ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、ベルトラインの下端がピュッと跳ね上がったデザインになっているため、三角窓(リヤクォーターガラス)も先代モデルよりも小さめに…。

そのため、サイドウィンドウのサイズは小さくなり、先代モデルよりも後方の視界&視認性は、少し悪くなったなと感じました。

まとめ:新型ルークスの改悪した機能や装備は要注意

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン新型ルークス(ROOX)は、オートブレーキホールドやプロパイロット機能が備わるなど、とても魅力的な一台に仕上がっています。

ただ、収納スペースや後部座席の足元空間のゆとりなど、先代モデルの方が良かったと思うところも多々ありました。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、先代モデルよりも改悪をしてしまったところもあるので、試乗をする際は、ここらへんもしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする