新型スカイライン400Rは内装も刺激的【実車画像で徹底解説】

赤いブレーキキャリパーを採用するなど新型スカイライン(SKYLINE)の400Rは、スポーツモデルらしい見た目になっていますが、赤をあしらった内装・インテリアも刺激的なデザインになっています。

そんな400Rの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このモデルの内装・インテリアには、どのような専用装備を用意していたのでしょうか?

2019年4月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のスポーツ仕様”400R”の内装・インテリアを、実車画像を使って徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの400Rの内装【インパネやシートを実車画像でチェック】

2019年4月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイスペックモデル”400R”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■400Rの内装・インテリア

赤いステッチをあしらった刺激的なデザインに…

この400Rの内装・インテリアでは、ベースとなっているガソリン車の”GTタイプSP”とは異なり、助手席側のダッシュボードやセンターコンソール、ドア内側パネルに赤いステッチをあしらったデザインに…。

■400Rの内装にあしらわれている赤のステッチ

このインパクトのあるレッドのステッチをあしらった400Rの内装・インテリアは、スポーツセダンと呼ぶにふさわしい刺激的なデザインになっていました。

本物を追求した400Rの内装・インテリア

また、新型スカイライン(SKYLINE)の400Rの内装・インテリアの注目ポイントの一つは、センターコンソールやドア内側パネルに施された加飾です。

他のグレードとは異なり、この400Rでは、センターコンソールやドア内側パネルの加飾に本物のアルミを採用。

■400Rのセンターコンソール

センターコンソールなどに施されたアルミの加飾は、本物ならではのひんやり感が…。

また、無機質な感じのあるアルミの風合いが、ブラック基調の400Rの内装・インテリアの良いワンポイントアクセントになっていました。

専用デザインのシートを採用

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rでは、シートのサイドの張り出しが大きい専用デザインの本革スポーツシートを標準装備しています。

■400Rの運転席

■400Rの後部座席

シートのサイドにあしってある赤のステッチがオシャレですよね。

また、シートのサイド部分には、ダイヤモンド型をしたキルティングを配しており、他のモデルよりもデザイン性の高いシートになっていました。

新型スカイライン 400Rの運転席周りの装備&アイテムをチェック

このように赤のステッチをあしらったスポーツモデルらしいデザインの内装・インテリアになっていた新型スカイラインの400Rの内装・インテリアですが、ハンドルやメーターなどの運転席周りの装備・アイテムもスポーツセダンらしいデザインにデザインになっていました。

そんな新型400Rの内装に用意されている各アイテムのデザインや使い勝手、操作性を確認してきたので紹介します。

メーター

日産の新型スカイライン(SKYLINE)の400Rのメーターは、このようなデザインになっています。

■400Rのメーター

この400Rでは、ベースとなっているガソリン車のGTタイプSPと全く同じ大きなタコメーターとスピードメーターを配した2眼式メーターを採用。

個人的は、メーターにも”400R”のロゴをあしらうなど、このモデルならではの特別感を演出しても良かったのかなと思いました。

ハンドル・ステアリングホイール

今回デビューを果たした新型スカイライン(SKYLINE)の内装・インテリアの注目のアイテムの一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

■400Rのハンドル

この400Rでは、レッドのステッチを施した専用デザインを採用。

また、この400Rでは、クロームメッキ&ダーククリア塗装を施した専用デザインのパドルシフトをハンドルの付け根に標準装備。

■新型RAV4のパドルシフト

この400Rに備わっているパドルシフトは、他のガソリン車のものよりもサイズサイズが大きく、操作がしやすいのも好印象でした。

ちなみに、この400Rでは、高速道路を走行中に手放しで運転をする事ができる注目の機能”プロパイロット2.0″は用意されていないので、ご注意を…。

シフトレバー

また、ハンドル・ステアリングホイールと同様にシフトレバーも、新型スカイライン(SKYLINE)の400R専用のデザインとなっています。

■400Rのシフトレバー

前後にスライドするオーソドックスな操作性になっているところなど、基本的なシフトレバーのデザインは、他のグレードと全く同じになっているのですが、この400Rでは、シフトブーツやノブの部分にレッドのステッチを採用。

シルバーのステッチを採用している他のグレードよりもアグレッシブなデザインになっていました。

ダイヤル式のドライブモードスイッチ

また、本アルミの加飾が印象的な400Rのセンターコンソールには、ダイヤル式のドライブモード切替スイッチを用意しています。

■400Rのドライブモード切替スイッチ

このダイヤル式のドライブモード切替スイッチの形状は、他のモデルと全く同じになっているのですが、この400Rでは、他のモデルには用意されていない走行モード”スポーツ+(SPORT+)”を用意。

スポーツモードよりもさらにアクセルのレスポンスを良くした”スポーツ+(SPORT+)”を用意しているのは、400Rの魅力の一つなのかなと思いました。

アクセル&ブレーキペダル

今回デビューを果たした新型スカイライン(SKYLINE)の400Rのアクセル&ブレーキペダルは、このようなデザインになっています。

■アクセル&ブレーキペダル

この400Rでは、操作がしやすいオルガン式のアクセルペダルを採用。

また、このモデルのアクセル&ブレーキペダルでは、見た目のデザイン性に優れるアルミペダルを採用しているのも、このクルマのイメージにマッチしていて良いと思いました。

ただ、車格やこのクルマの価格の事を考えると、パーキングブレーキは足踏み式ではなく、電動パーキングブレーキにして貰いたかったです。

2019年4月にマイナーチェンジをしてデビューを果たした新型スカイライン(SKYLINE)のハイスペックモデル”400R”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この400Rの内装・インテリアは、赤いステッチをあしらうなどスポーツモデルらしい刺激的なデザインに…。また、ダイヤモンドをモチーフにしたキルティングをサイドに配した専用デザインのシートも、スポーツモデルのシートとは思えないくらいオシャレなデザインになっていました。

400Rと言うと走りに特化したモデルのような印象を持ちますが、他のグレードでは味わえない上品さとスポーティーさを兼ね備えた内装・インテリアになっていたのも人気の一つなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする