新型スカイラインの外装の実車画像レビュー【あるべき姿に回帰!?】

日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)が2019年9月にビッグマイナーチェンジを行いましたが、大きな変更点の一つが、外装・エクステリアのデザインです。

マイナーチェンジ前のモデルは、海外仕様の”インフィニティ”と言った感じで、スカイラインがいなくなってしまったような寂しさがありました。

しかし、マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルは、良い意味でスカイラインらしさを取り戻したような感じが…。

ビッグマイナーチェンジをした新型モデルの外装・エクステリアは、どのようなデザインに生まれ変わったのでしょうか?また、ヘッドライトやリヤコンビネーションランプ、ホイールなどのアイテムのデザインは、どのようになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、新型スカイライン(SKYLINE)の外装・エクステリアを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの外装【フロントマスクを実車画像でチェック】

2019年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■新型スカイラインのフロントマスク
グレード:GTタイプP

日産車の特徴でもあるVモーショングリルを採用

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のフロントマスクでは、最近の日産車の大きな特徴の一つでもあるアルファベットの”Vの字”のような形をした”Vモーショングリル”を採用。

■新型スカイラインに採用されているVモーション

Vモーショングリルのおかげで、プレミアムスポーツセダン車と呼ぶのに相応しいシャープなフルントマスクになりました。

マイチェンをした新型スカイラインではエンブレムを変更

また、今回新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のフロントマスクの大きな変更点の一つが、エンブレム(バッジ)のデザインです。

マイナーチェンジ前のモデルでは、インフィニティマークが刻まれていたのですが、この新型モデルでは、オーソドックスな”NISSANエンブレム(日産バッジ)”に…。

■インフィニティ エンブレム

■NISSAN エンブレム

やっぱりスカイラインは、”NISSANエンブレム(日産バッジ)”の方が【しっくり】ときますね。

ディーラーさんの話によると、オーソドックスな”NISSANエンブレム(日産バッジ)”に戻ったことを歓迎する声の方が多かったようですよ。

LEDヘッドライトを全グレード標準装備

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、LEDヘッドライトが全グレードに標準装備されています。

実際にこのクルマのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■クリアランスランプ点灯時

■ロービーム点灯時

■ハイビーム点灯時

■ヘッドライト&ウィンカー点灯時

この新型ヘッドライトのデザインは、マイナーチェンジ前のモデルと変わりはありません。

ただ、Vモーショングリルとの相性が良く、先代モデルよりもヘッドライトのシャープさが際立っているように感じました。

新型スカイラインの外装【迫力のあるサイド スタイルをチェック】

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)を横から見ると、このようなデザインになっています。

■新型スカイラインのサイドスタイル
グレード:GTタイプP

今回新発売された新型モデルは、長めの全長と低く構えたボンネットフードのおかげで、スポーツクーペのような伸びやかなフォルムに…。

また、サイドウィンドウ後方の三日月形のメッキ加飾が良いワンポイントアクセントになっていて、プレミアムセダン車らしさを強調しているのも好印象でした。

新型スカイラインのタイヤ&ホイールは、グレード別に設定

また、今回私が見たモデル”GTタイプP”では、18インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備していましたが、今回新発売された新型モデルでは、グレードによってタイヤサイズやデザインが異なります。

■GTタイプPに標準装備されている18インチタイヤ&ホイール

なので、グレードによって乗り心地にも違いが…。

どのグレードを購入しようか迷っている方は、乗り心地を基準にしてモデル選びをするのも良いかもしれませんよ。

ちなみに、このクルマの各グレードのタイヤ&ホイールのデザインは、コチラの記事で確認することがでいます。

やはりタイヤ&ホイールのデザインによって、見た目の印象や迫力、スタイリッシュさはビックリするくらい変わりますね。

往年の姿が復活した新型スカイラインの後ろ姿

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型スカイラインの後ろ姿
グレード:GTタイプP

この新型モデルの後ろ姿は、クーペのような低重心でどっしりとしたフォルムに…。

また、テールパイプフィニッシャー付きのデュアルエキゾーストが、スポーツモデルらしさを強調しているように感じました。

■新型スカイラインのデュアルエキゾースト

丸目4灯のリヤコンビネーションランプが復活

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の外装・エクステリアの変更の大きなトピックの一つが、丸目4灯のリヤコンビネーションランプが復活したことです。

■丸目4灯になった新型スカイラインのリヤコンビネーションランプ

光っていない時でも丸目がきちんと認識できるようになっているのが嬉しいですよね。

また、この新型モデルのリヤコンビネーションランプはLEDを採用しているため、ライトを点灯すると、この丸目がさらに際立ちます。

■ライトを点灯した時の丸目4灯リヤコンビネーションランプ

昔からのスカイラインのファンにとっては、丸目4灯のリヤコンビネーションランプが復活したのは、かなり嬉しいですよね。

後ろからこのクルマを見た時、一目で、「あっ、スカイラインだ!」と分かるデザインに生まれ変わったのは、とても良かったです。

まとめ:原点回帰したスタイルも新型スカイラインの売れ行きが好調の理由の一つ

2019年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムスポーツセダン”新型スカイライン(SKYLINE)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルでは、先代モデルよりもスポーツモデルらしいスタイルに…。

また、NISSAN(日産)のエンブレムや丸目4灯のリヤコンビネーションランプが復活するなど、良い意味でスカイラインらしいデザインになっていました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は、当初の予定の9倍以上の売れ行きとなっているそうです。

この本来あるべき姿に戻った見た目も、このクルマの売れ行きに大きな影響を与えているのかもしれませんね。

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車では、デュアルエキゾーストなどのデザインに違いが…。このハイブリッド車とガソリン車のデザインの違いも要注目ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする