新型スカイラインのトランク容量【ハイブリッドとガソリンの差は?】

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)は、ハイブリッド車とガソリン車で機能や装備に大きな違いがあります。

また、ハイブリッド車とガソリン車は、トランクの容量にも大きな差が…

今回ビッグマイナーチェンジをした新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車のそれぞれのトランクの容量は、どれくらいだったのでしょうか?また、この2台のモデルのトランクの容量には、どれくらいの差があったのでしょうか?

2019年9月にデビューを果たした新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のトランク容量の差を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインのハイブリッド車とガソリン車のトランク容量はどれくらい?

2019年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の荷室・トランクは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車のトランク

■ガソリン車のトランク

このように2台のトランクの形が大きく異なるハイブリッド車とガソリン車ですが、それぞれのトランクの容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■ハイブリッド車とガソリン車のトランク容量

ハイブリッド車:400リットル
ガソリン車      :500リットル

今回マイナーチェンジを新発売された新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のトランク容量の差を比較してみると、なんと100リットルもの差がありました。

ハイブリッド車とガソリン車の荷室の大きさの差は一目瞭然

また、この100リットルの差と言うとあまりピンと来ないかもしれませんが、実際にこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを見比べると一目瞭然です。

■ハイブリッド車のトランク

■ガソリン車のトランク

ハイブリッド車のトランクは奥行きも狭くなっており収納力に不安を感じる広さになっているのに対し、ガソリン車のトランクは、一目見て、「荷室の奥行きが広くて収納力がありそう!」と感じる作りに…。

また、ガソリン車の荷室・ラゲッジスペースは、ハイブリッド車とはことなりトランクのフロアや後部座席裏の内張りがデコボコとしておらず、シンメトリー(左右対称)のスッキリとした形になっているのも好印象でした。

ちなみに、こちらの記事で、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車のトランクのサイズや使い勝手を、もっと詳しくまとめてあります。

もしこのクルマのトランクについてもって詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

新型スカイラインのハイブリッド車の方がトランク容量が狭い理由

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車はトランクの容量が大きく異なりましたが、なぜこんなにも違いがあったのでしょうか?

その大きな理由が、ハイブリッドシステムの存在です。

今回デビューをしたハイブリッド車では、後部座席の後方に走行に必要なのバッテリーを縦置きで積みこんでいるんですよね。

■新型スカイラインのハイブリッドシステム

このバッテリーの影響で、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車は、ガソリン車よりもトランクの奥行きがひと回り狭くなっています。

実際にこの新型モデルのガソリン車とハイブリッド車の荷室の奥行きを比較してみると、このように大きな差が…。

■ハイブリッド車とガソリン車の奥行き比較

ガソリン車      :約890mm
ハイブリッド車:約720mm
※奥行きは最長部分で比較

170mmの差はちょっと大きいですよね…。

しかも、今回のハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースを計測する際、最長で計測したので170mmの差で済みましたが、最短部分で計測したらこの差はもっと広がります。

ちなみに、先ほどもお話した通り、新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の後部座席後方には、走行用のバッテリーを積み込んでいる事もあり、釣り竿のように長いアイテムを積み込むのに便利な”トランクスルー”の用意はありません。

■ガソリン車に用意されているトランクスルー

また、ガソリン車の400Rのように後部座席の背もたれを収納してトランクの奥行きを拡大することもできないので、ご注意くださいね。

■後部座席の背もたれを収納した時の400Rのトランク

まとめ:ハイブリッド車の荷室は容量だけではなく、使い勝手も劣る

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムスポーツセダン車新型スカイライン(SKYLINE)のトランク容量を確認してみたところ、ハイブリッド車とガソリン車に大きな差がありました。

また、トランクスルーが全グレード標準装備されいななど、ハイブリッド車は、容量が小さいだけではなく、トランクの使い勝手もガソリン車よりも劣ります。

この新型モデルのハイブリッド車は、プロパイロット2.0やオートブレーキホールド&電動パーキングブレーキを備えるなど、ガソリン車よりも機能や装備が充実しているのが魅力のクルマです。ただ、荷室・トランクの容量や使い勝手に関しては、ガソリン車よりも劣るので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする