新型スカイラインのタイヤはグレード別に設定!サイズ&メーカーを紹介

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は大きく分けて4つのグレードを用意していますが、外装・エクステリアで大きく異なるのは、タイヤ&ホイールのデザインやサイズです。

私も実際にいくつかのグレードを実際に見る事ができたのですが、履いているタイヤ&ホイールが異なるため、見た目の印象やスポーティーさに大きな差が…。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の各グレードは、それぞれどのようなデザイン&サイズのタイヤ&ホイールを標準装備しているのでしょうか?また、この新型モデルは、どのメーカーのタイヤを装着していたのでしょうか?

実車画像を交えて、この新型モデルに用意されているタイヤ&ホイールを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインのタイヤ&ホールをグレード別にチェック

先ほどもお話した通り、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は、大きく分けて4つのグレードをラインナップしています。

■新型スカイラインの4つのグレード

・GTグレード
・GTタイプP
・GTタイプSP
・400R

そして、この新型モデルの各グレードに用意されているタイヤ&ホイールのデザインやサイズは、それぞれ次のようになっていました。

最廉価モデル”GTグレード”のタイヤ&ホイール

最廉価モデルに位置をする新型スカイライン(SKYLINE)の”GTグレード”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

こちらは、ガソリン車の”GTグレード”のタイヤ&ホイールのデザインです。

■ガソリン車の”GTグレード”のタイヤ&ホイール

一方、ハイブリッド車の”GTグレード”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の”GTグレード”のタイヤ&ホイール

どちらのモデルもアルミホイールを採用していましたが、切削加工が施されているガソリン車のホイールは、シャープなでざいんに…。

一方、クローム塗装が施されているハイブリッド車の”GTグレード”のタイヤ&ホイールは、、おちうち

GTグレードは、ハイブリッド車とガソリン車でタイヤサイズも異なる

また、最廉価モデルに位置をする新型スカイライン(SKYLINE)の”GTグレード”は、ハイブリッド車とガソリン車でタイヤ&ホイールのサイズも異なります。

■GTグレードのタイヤサイズ

ハイブリッド車:18インチ (225/50RF18)
ガソリン車    :17インチ (225/55RF17)

ガソリン車よりもハイブリッド車の方がタイヤサイズが一回り大きい事もあり、サイドスタイルの迫力やスポーティーさに大きな差が…。

■ガソリン車のGTグレード

■ハイブリッド車のGTグレード

ちなみに、同じグレードのハイブリッド車とガソリン車を見比べた時にタイヤ&ホイールのサイズやデザインに違いがあるのは、この”GTグレード”のみです。

このように最廉価モデルの”GTグレード”のハイブリッド車とガソリン車のタイヤ&ホイールのデザインやサイズは異なるので、ご注意くださいね。

中間モデル”GTタイプP”のタイヤ&ホイール

中間モデルに位置をする新型スカイライン(SKYLINE)の”GTタイプSP”のタイヤ&ホイールのデザインは、このようになっています。

■GTタイプPのタイヤ&ホイール

最廉価モデルの”GTグレード”は、ハイブリッド車とガソリン車で異なるデザインのタイヤのデザインをしていましたが、この”GTタイプP”では、ハイブリッド車とガソリン車で全く同じデザインとなっています。

…と言いますか、GTタイプPに標準装備されているタイヤ&ホイールは、最廉価モデルの”GTグレード”のハイブリッド車に装着されていたのと全く同じデザインに…。

“GTグレード”のハイブリッド車と同様にクローム塗装(クロームカラーコート)を施した”GTタイプP”のホイールは、プレミアムスポーツセダン車らしい落ち着いた雰囲気の足回りとなっていました。

GTタイプPは18インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の中間モデル”GTタイプP”は、ハイブリッド車/ガソリン車ともに18インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■GTタイプPのタイヤサイズ…18インチ(225/50RF18)

先日、このGTタイプPを少しだけ試乗させてもらったのですが、18インチタイヤを履いているこのGTタイプPが不快な突き上げ感や硬さが無く一番乗り心地が良かった感じが…。

18インチタイヤを履いたこのGTタイプPは、このクルマの持つスポーツ性能と乗り心地の良さを兼ね備えたバランスの良いグレードになっていました。

最上位モデル”GTタイプSP”のタイヤ&ホイール

新型スカイライン(SKYLINE)の最上位モデルに位置をする”GTタイプSP”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■GTタイプSPのタイヤ&ホイール

最上位モデルの”GTタイプSP”では、切削加工を施したホイールを標準装備。

ホイールの表面がキレイに加工がされている”GTタイプSP”のホイールは、中間モデルの”GTタイプP”とは異なり上質感とスタイリッシュさを兼ね備えた足回りとなっていました。

GTタイプSPは一番大きいサイズのタイヤ&ホイールを標準装備

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の最上位モデル”GTタイプSP”では、この車の中で一番大きい19インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■GTタイプSPのタイヤサイズ…19インチ(245/40RF19)

やっぱり19インチサイズとなると、見た目の迫力が増しますね。

この迫力のある19インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しているのは、最上位モデルのGTタイプSPの特塗油の一つなのかなと思いました。

スポーツ仕様”400R”のタイヤ&ホイール

スカイライン史上最高となる405馬力を誇るスポーツ仕様の”400R”は外装や内装に様々な専用アイテムを用意していますが、タイヤ&ホイールも専用デザインとなっています。

■400Rのタイヤ&ホイール

400Rのタイヤ&ホイールには赤いキャリパーが備わっており、スポーツモデルらしいデザインに…。

■400Rのタイヤ&ホイールに備わっているキャリパー

また、ホイールには光沢感と深みのあるガンメタガンメタリック塗装が施されており、スポーツモデルらしい引き締まった足回りになっていました。

400RのタイヤサイズはGTタイプSPと同じ19インチ

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の400Rに備わているタイヤ&ホイールのサイズは、GTタイプSPと同じ19インチとなっていました。

■400Rのタイヤサイズ…19インチ(245/40RF19)

ただ、この400Rはガンメタ塗装&レッドキャリパーを備えている事もあり、最上位モデルに位置をするGTタイプSPのタイヤ&ホイールよりも迫力のあるデザインになっていました。

新型スカイラインに備わっているタイヤメーカー&ブランドは?

このようにグレードによって異なるデザインのタイヤ&ホイールを備えている日産の新型スカイライン(SKYLINE)ですが、履いているタイヤメーカー&ブランドはどうだったのでしょうか?

私はマイナーチェンジをして新発売された5台~6台ほど確認をしてみたのですが、この新型モデルでは、次の2つのタイヤメーカーのタイヤを装着していました。

■新型スカイラインに装着されているタイヤメーカー&ブランド

・ブリヂストン ポテンザ S001 RTF (Bridgestone POTENZA S001 RTF)
・ダンロップ SPスポーツマックス 050+ (Dunlop SP SPORT MAXX 050+)

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)に用意されているタイヤはどちらも、運動性能やグリップ力に特徴のあるタイヤです。

“羊の皮をかぶった狼”と称される走りに特徴を持ったこの新型モデルが履くのに相応しいタイヤになっているように感じました。

新型スカイラインはランフラットタイヤを全グレードに標準装備

また、今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルでは、パンクになっても一定の距離を走る事ができる”ランフラットタイヤ”を全グレードに標準装備しています。

実際にタイヤの壁面を確認してみても、このようにランフラットタイヤを表す”RF”と言う文字が刻まれています。

この影響もあり、このクルマに装着されているタイヤは、市販の”ポテンザ(POTENZA)”や””よりも若干乗り心地が硬くなっているように感じました。

また、このクルマではランフラットタイヤを装着しているので、スペヤタイヤやパンク修理キットが用意されていないので、ご注意くださいね。

まとめ:新型スカイラインはグレードによって乗り心地が大きく違う

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)のタイヤ&ホイールは、ご覧の通り、グレードによって、タイヤサイズやデザインが異なります。

なので、グレードによって、「えっ!?こんなに乗り心地って違うの?」とビックリしてしまうくらい乗り心地に差が…。

特に19インチサイズのタイヤを装着した”GTタイプSP”や”400R”は、タイヤのあたりの硬さを感じました。

もしクルマの乗り心地にこだわる方は、いくつかのグレードを試乗して、乗り心地や走破性の違いを確認してみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする