新型スカイラインの助手席はかなりハイレベル【座り心地&快適性レビュー】

日産の新型スカイライン(SKYLINE)は、運転をする人のことを優先的に考えたドライバーズカーという事もあり、運転席の座り心地が良いのは当然ですが、助手席もかなりのハイレベルです。

助手席周りの足元空間も広く、また、機能や装備も充実していたおかげで、とても快適に過ごす事ができました。

そんな新型モデルの助手席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、私がこのクルマの助手席のどこに魅力を感じたのでしょうか?

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”の助手席の魅力&良さを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの助手席のデザインをチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)の助手席は、このようなデザインになっています。

こちらは、”GTタイプSP”や”GTタイプP”などに採用されているサイドサポートの張り出しが控えめな標準シートタイプの助手席です。

■標準シートタイプの助手席

一方、こちらは、400Rに用意されているサイドサポートの張り出しが大きめになっているスポーツシートタイプの助手席です。

■スポーツシートタイプの助手席

クルマを運転する場合は、サイドサポートが大きく姿勢が崩れにくスポーツシートの方が運転がしやすくて良いです。

ただ、助手席の場合はリラックスして座りたいので、強制的に姿勢を正すスポーツシートよりもゆったりと座れる標準シート(ノーマルシート)の方が座り心地が良いのかなと思いました。

ちなみに、スポーツシートを採用している400Rの助手席も運転席と同様に、座面の長さを拡大することができる”サイサポートエクステンション”が採用されていました。

■400Rの運転席のサイサポートエクステンション

この膝裏までしっかりとカバーしてくれる座り心地の良さは、標準シートにはないスポーツシートならではの魅力の一つなのかなと思いました。

新型スカイラインの助手席は電動パワーシートを標準装備

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の助手席には、スライドやリクライニング、サイサポートなどをスイッチ一つで行うことができる”電動パワーシート”を全グレード標準装備しています。

■新型スカイラインの電動パワーシート用スイッチ

最上位モデル”GTタイプSP”などだけではなく、最廉価モデルの”GTグレード”や走りに特化をした400Rなどにも助手席用の電動パワーシートがしっかりと標準装備されているのは、嬉しいですよね。

この機能や装備の充実度もこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

新型スカイラインの助手席の魅力とは?【試乗した感想】

このようなデザインになっていた新型スカイライン(SKYLINE)の助手席ですが、座り心地や居住性もかなり良かったです。

この新型モデルの助手席を実際に座って良かったと感じたところは、どこだったのでしょうか?

マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの助手席の良かったところを、包み隠さず紹介したいと思います。

シートの座り心地の良さ

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売した新型スカイライン(SKYLINE)の助手席に座ってみてまず最初に感じたのは、座り心地に良さです。

この新型モデルの助手席は表面は本革なのですが、表面は柔らかく、腰を掛けるとジワっと沈み込み身体にフィットする座り心地に…。

また、この新型モデルは、助手席にも背もたれが”クの字状”になっているスパイナルサポートを採用。

■新型スカイラインのスパイナルサポート

この”クの字状”になっている背もたれが背中全体にしっかりとフィット。

背もたれを少しリクライニングして座ると、長時間ドライブでもとても快適に座る事ができました。

エアコンやシートヒーターなどの使い勝手の良さ

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の助手席に座ってみて良いと思ったことの一つが、エアコンやシートヒーターなどの使い勝手の良さです。

この新型モデルでは、運転席と助手席で左右別々に温度設定することができる左右独立式のエアコン/ヒーターを採用しており、助手席に座っている時でも好きな温度に設定することができるのですが、温度調節するためのスイッチの位置が秀逸。

この新型モデルのインパネには、液晶ディスプレイの左側に助手席側のエアコン/ヒーターの温度を設定できるスイッチが用意されており、ドライバーの邪魔をすることなく気軽に温度調節などをできちゃいます。

■新型スカイラインのエアコンの操作パネル

■助手席側の温度調整スイッチ

私も実際にこのエアコン操作パネルのスイッチを使ってみたのですが、スイッチのサイズ大きくとっても便利。余計な操作をせずに助手席だけのエアコンの温度設定ができるが好印象でした。

また、この新型モデルの助手席にはシートヒーターも備わっているのですが、”3段階+AUTO”から温度調節できるようになっていたのも嬉しいポイントの一つでした。

まとめ:新型スカイラインの助手席は予想以上に快適

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”の助手席は、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルの助手席は居住スペースが広いだけではなく、柔らかくもっちりとした座り心地も大満足。

また、エアコン/ヒーターやシートヒーターの使い勝手も良く、競合車・ライバル車よりもストレスなく快適に過ごせるように感じました。

新型スカイライン(SKYLINE)と言うと、やはり運転席の座り心地や運転のしやすさが気に合ったしまいますが、このクルマを試乗する際は、運転席の隣の助手席の座り心地や快適性にも目を向けてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする