新型スカイラインの内装【ハイブリッドとターボでは装備が全然違う!?】

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産の新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアは差が小さいため、じっくりと見比べないと、違いに気づきません。

ただ、内装・インテリアに関しては、大きな違いが…。
特に装備や機能に大きな差がありました。

そんな新型スカイラインのハイブリッド車のガソリン車(ターボ車)の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルは、内装・インテリアにどんな差があったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際に内装・インテリアの機能や装備を見比べてみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインのハイブリッドとターボ車の内装のデザインをチェック

半自動運転のプロパイロット2.0が搭載されている新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の内装
グレード:GTタイプP

一方、こちらは3.0リットルV6ツインターボエンジンが搭載されたターボ車(ガソリン車)の内装・インテリアです。

■ターボ車の内装
グレード:GTタイプP

今回私が見たターボ車の”GTタイプP”には、メーカーオプションのアルミ製の加飾が備わっていたため、内装・インテリアの雰囲気に若干の違いが…。

ただ、ハイブリッド車/ターボ車どちらも本革巻きのハンドルやシフトレバー、シートを備えたプレミアムセダン車らしい高級感・上質感のあるデザインになっていました。

■高級感が漂う新型スカイラインの各アイテム

新型スカイラインのハイブリッド車とターボ車の内装の違いとは?

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車/ガソリン車はどちらも高級感が漂う内装・インテリアになっていましたが、機能や装備の充実度に大きな違いがありました。

そんな2台のモデルの内装・インテリアには、どのような差があるのでしょうか?

ハイブリッド車とターボ車(ガソリン車)の内装・インテリアの装備内容の違いについて、詳しくみていくことにしましょう。

違い1:メーター

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つは、メーターのデザインです。

■ハイブリッド車のメーター

■ガソリン車のメーター

どちらもスピートメーターとタコメーターを配した2眼式のメーターとなっていましたが、中央に備わるマルチインフォメーションディスプレイのサイズに違いが…。

■ハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイ

■ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイ

やはりマルチインフォメーションディスプレイのサイズが大きいハイブリッド車の方が視認性が良い感じが…。また、先進性に関しても、ガソリン車よりもハイブリッド車のメーターの方が優れているように感じました。

ちなみに、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のメーターを見比べると、まだまだたくさんの違いがあります。

こちらの記事では、ハイブリッド車とターボ車(ガソリン車)のメーターの違いを詳しく紹介しているので、この2台のモデルのメーターの違いをもっと詳しく確認したい方は、コチラの記事を確認してみてくださいね

違い2:電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

また、新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つが、電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドです。

今回マイナーチェンジをして新発売された新型モデルでは、ハイブリッド車のみ運転を楽にしてくれる電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドが標準装備されています。

■HV車の電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド

信号待ちの時、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドが備わると、かなり助かりますよね。

一方、新型スカイライン(SKYLINE)のガソリン車(ターボ車)のパーキングブレーキは、一般的な足踏み式に…。

■ガソリン車に備わっている足踏み式のパーキングブレーキ

このクルマの車格の事を考えると、ちょっと残念ですよね。

今や軽自動車でも電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドが備わっている事を考えると、ガソリン車(ターボ車)でも標準装備しても良かったような感じがしました。

違い3:ドライバーモニター

新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車のみに備わっているアイテムの一つが、ダッシュボードの中央上段に備わっているドライバーモニターです。

■ハイブリッド車のドライバーモニター

このドライバーモニターは、プロパイロット2.0を使用して、手放し運転をしている時にドライバーが前方を見ているかを検知しているための赤外線カメラです。

このような機能が備わっているのも、プロパイロット2.0を搭載しているハイブリッド車ならではなのかなと思いました。

違い4:ハンドル・ステアリングホイール

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の違いの一つが、ハンドル・ステアリングホイールのデザインです。

■ハイブリッド車のハンドル

■ガソリン車のハンドル

どちらも上質感のある本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用しているのは共通しているのですが、この2台のモデルでは、ステアリングスイッチのデザイン&操作性が異なります。

■ハイブリッド車のステアリングスイッチ

■ガソリン車のステアリングスイッチ

ハイブリッド車では、プロパイロット2.0を起動するためのスイッチがハンドルの右側に備わっているのに対し、ガソリン車では、アクセル操作をしなくても一定のスピードで走行をしてくれる”インテリジェント クルーズコントロール”を操作するためのスイッチを標準装備。

また、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目の切り替えスイッチも、ハイブリッド車とガソリン車のハンドルの違いの一つでした。

■ハイブリッド車のマルチインフォの切り替えスイッチ

■ガソリン車のマルチインフォの切り替えスイッチ

違い5:ヘッドアップディスプレイ(HUD)

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車のみに用意されているアイテムの一つが、フロントガラスに様々な情報を投影してくれる”ヘッドアップディスプレイ(HUD)”です。

■ハイブリッド車のヘッドアップディスプレイ

車速や標識、プロパイロットの作動状況などを表示してくれるヘッドアップディスプレイ(HUD)ですが、カラー表示となっているため、視認性はかなり良い感じが…。

このような先進の機能が用意されていのも、ハイブリッド車の魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:先進性を求めるのならハイブリッド車

2019年9月マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアを見比べてみたところ、このような違いがありました。

電動パーキングブレーキやヘッドアップディスプレイ(HUD)など、ハイブリッド車には、ガソリン車には用意されていない様々な機能を標準装備。

半自動運転ができるプロパイロット2.0が注目を集めていますが、このようにワンランク上の先進機能が数多く備わっているのもハイブリッド車の大きな魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、ハイブリッド車とガソリン車では、自動ブレーキ(インテリジェントエマージェンシーブレーキ)の性能も異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする