意外と良い!新型スカイライン ガソリン車のメーターを実車画像で徹底レビュー

日産のフラッグシップセダン車の新型スカイライン(SKYLINE)は、オーソドックスな2眼式のメーターをハイブリッド車/ガソリン車問わず標準装備しています。

ただ、ガソリン車とハイブリッド車ではメーターのデザインが若干異なり、ガソリン車の方はスポーツモデルを意識した迫力のあるデザインに…。

また、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目も、ガソリン車専用のものが多数用意されていました。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のガソリン車のメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイには、どのような表示項目が用意されていたのでしょか?

ハイブリッド車よりも迫力があると評判のガソリン車のメーターのデザインや操作性、使い勝手を徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイライン ガソリン車のメーターのデザインをチェック

V6ツインターボエンジンを搭載した新型スカイライン(SKYLINE)のガソリン車のメーターは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のメーター:エンジンOFF時

この新型モデルのメーターパネルはフルデジタル化となっており、エンジンを立ち上げてみると、このように感じに点灯します。

■ガソリン車のメーター:エンジンON時

この新型モデルでは、左右に大きなサイズのタコメーターとスピードメーターを配したアナログタイプの2眼式メーターを標準装備。

■ガソリン車のタコメーター

■ガソリン車のスピードメーター

先進性のあるデジタルメーターを備えた運転席も未来感があって良いのですが、オーソドックスなアナログ2眼式メーターも良いですよね。

このオーソドックスな2眼式メーターのおかげで、このクルマの運転席(コクピット)は、どこか落ち着いた雰囲気になっている感じが…。

新型スカイライン(SKYLINE)のファン層や購入する層を考えると、未来的なデジタルメーターよりも落ち着きのあるオーソドックスなアナログメーターの方が馴染みがあって良いのかもしれませんね。

ガソリン車のメーターにはスポーツモデルらしさを強調する様々な演出が…

このようなオーソドックスなアナログタイプの2眼式メーターを採用している新型スカイライン(SKYLINE)のガソリン車ですが、印象的だったのは、メーターリングのデザインです。

■ガソリン車のメーターリング

このガソリン車のメーターリングはハイブリッド車よりも太めになっており、インパクトのあるデザインに…。

■ハイブリッド車のメーターリング

また、メーターリングの内側に施されている切れ込み(スリット)も、ガソリン車のみのオリジナルデザインです。

そのおかげもあり、今回マイナーチェンジをして新発売をした新型スカイライン(SKYLINE)のガソリン車は、ハイブリッド車よりもスポーツモデルらしい迫力のあるメーターデザインになっていました。

新型スカイラインのガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイをチェック

また、今回マイナーチェンジをした新型スカイライン(SKYLINE)のガソリン車では、ハイブリッド車と同様にタコメーターとスピードメーターの間にマルチインフォメーションディスプレイ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ)を用意しています。

ただ、このガソリン車に用意されているマルチインフォメーションディスプレイの液晶画面のサイズは、ハイブリッド車よりも一回り小さい5インチサイズに…。

■ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイ

なので、ハイブリッド車と比較してしまうと、「あ~~、やっぱり画面が小さくて、インパクトに欠けるな…」と、思ってしまいました。

このハイブリッド車よりも小さいサイズになっているマルチインフォメーションディスプレイ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ)は、このガソリン車の少々残念に感じる事の一つでした。

マルチインフォメーションディスプレイの表示項目をチェック

このように新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車よりも画面サイズが小さいガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイですが、液晶画面に表示される項目や情報にも若干の違いがありました。

そんなガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ)の表示項目を紹介したいと思います。

■航続可能距離

■車速

■ドライブ情報(走行距離/走行時間)

■燃費情報

■ナビゲーション

■走行支援

■タイヤ空気圧

■シャシー制御

■エンジンオイル

「燃費情報」や「シャーシ制御」、「車速」など、ガソリン車とハイブリッド車で共通の画面となっているものも多いです。

ただ、「航続可能距離」や「エンジンオイル」などは、ガソリン車のみに用意されて表示項目&情報です。

また、「走行支援」などガソリン車/ハイブリッド車どちらでも用意されている項目でも、液晶ディスプレイのサイズが異なることから、見た目の印象・視認性が大きく異なるものもありました。

■ハイブリッド車の走行支援画面

■ガソリン車の走行支援画面

このように新型スカイライン(SKYLINE)のガソリン車とハイブリッド車では、マルチインフォメーションディスプレイの画面サイズや画面が異なるので、ご注意くださいね。

ちなみに、ハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目などは、こちらの記事で確認する事ができますよ。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムスポーツセダン”新型スカイライン(SKYLINE)”のガソリン車のメーターは、このようなデザインになっていました。

ハイブリッド車よりも小さいマルチインフォメーションディスプレイの画面サイズなど、ちょっと気になるところもありましたが、スポーツモデルらしさを強調したアナログタイプの2眼式メーターなど、このモデルならではの魅力も…。

スタイリッシュなハイブリッド車のメーターも良かったですが、個人的には、スポーツモデルらしさを強調したガソリン車のメーターの方が新型スカイライン(SKYLINE)らしくて好みでした。

ちなみに、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車のメーターは、マルチインフォメーションディスプレイの画面サイズや表示項目以外にも様々な違いがあります。

ハイブリッド車とガソリン車のどちらの購入しようか迷っている方は、メーターの違いにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする