新型スカイラインのUSBにはガッカリ【個数や使い勝手を見た感想】

手放し運転が可能になったプロパイロット2.0は初搭載した日産の新型スカイライン(SKYLINE)はとても魅力的なクルマですが、ちょっと残念に感じたのは、車内でのスマホやタブレット端末を充電する時に重宝するUSBソケットです。

このクルマに標準装備されているUSBソケットの数は、予想以上に少ない…。また、使い勝手もイマイチです。

この新型モデルのUSBソケットは、どこにいくつ用意されていたのでしょうか?また、私がこのクルマのUSBソケットに物足りなさを感じた理由は、何だったのでしょうか?

この新型スカイライン(SKYLINE)に用意されているUSBソケットの数や配置、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインにUSBはいくつ用意されている?

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムスポーツセダン新型スカイライン(SKYLINE)に用意されているUSBソケットの数を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型スカイラインのUSBポートの数

USB Type-A 1個
USB Type-C 1個
合計 2個

今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルでは、USBポートを2個用意。

ただ、このご時世、USBポートが2個しか用意されていないなんて、ちょっと少なすぎるような…。これだとドライブ中、USBの取り合いになっちゃう可能性も…。

快適に過ごすためにも、個人的には、乗車人数と同じくらいのUSBソケットの数を用意して貰いたかったです。

用意されているUSBの種類に注意

また、マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)でちょっと気になったのは、USBソケットのタイプです。

このクルマでは2つ用意されている2つのUSBのうち、一つはオーソドックスな”USB-TypeA”を採用しているのですが、もう一つが、形状が異なる”USB Type-C”だったんですよね。

■USB-Type-A

 ■USB Type-C

引用:https://www.elecom.co.jp

“USB Type-C”は上下の向きを気にすることなく使う事ができるなどのメリットがありますが、AppleのMacBookなど対応している機器がまだまだ少ないんですよね。

このクルマは用意されているUSBポート自体が少ないことを考えると、最新の”USB Type-C”ではなく、オーソドックスなタイプの方を2つ並べた方が良かったのかなと思いました。

新型スカイラインのUSBはどこに設置されている?【使い勝手インプレ】

そんな新型スカイライン(SKYLINE)のUSBソケットですが、車内のどこに設置されているのでしょうか?

この新型モデルのUSBソケットの設置位置を確認してみたところ、センターコンソールボックスの内部に2個まとめて縦並びで設置されていました。

■センターコンソールボックスに用意されているUSBソケット

USBソケットを使用しない時は、ケーブルをセンターコンソールボックスに収納しておくこともできますし、また、運転席から簡単に仕様する事ができますし、思ったよりも使い勝手は良いように感じました。

センターコンソールボックスにはUSBの使い勝手を良くするための工夫が…

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のUSBの使い勝手がよくなるよう、センターコンソールボックスの蓋にある工夫がほどこされていました。

このクルマのセンターコンソールボックスの蓋(リッド)の中央は、蓋を閉めた時にケーブルを挟み込まないように、ご覧の通り中央部分に大きく凹みを持たせています。

なので、センターコンソールボックスの前方にスマホを置いて充電をする際など、充電ケーブルを痛める心配がありません。

実際にUSBとケーブル接続をしたiPhoneをドリンクホルダーに置いてみると、このような感じに…。

■充電中のiPhoneをドリンクホルダーに置いた時の様子

このようにUSBソケットの使い勝手が良くなるよう、センターコンソールボックスに工夫を施しているのは好印象でした。

後部座席にUSBポートの用意は無し

そんな新型スカイライン(SKYLINE)のUSBポートを確認していて残念だったのは、後部座席周りにUSBポートが用意されていなかったことです。

このクルマは運転席まわりに重きを置いたスポーツセダン車という事で後部座席周りにUSBソケットを設置する事を見送ったのかもしれませんが、後部座席に乗車する人の事を考えると、ちょっと残念ですよね。

また、このクルマの車格的にも、後部座席周りにもUSBポートが用意されていて当然だと思います。

プロパイロット2.0などの派手な機能を用意するのも良いですが、USBソケットなどの普段から使用する身近なアイテムや装備もしっかりと充実して貰いたかったです。

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムスポーツセダン”新型スカイライン(SKYLINE)”のUSBソケット事情を確認したところ、このようになっていました。

このクルマに用意されているUSBソケットはたった2つ。

機能や装備の充実度が魅力のプレミアムセダン車という事を考えると、ちょっと物足りなさを感じる結果に…。なので、車内では、USBソケット難民になる可能性が…。

ちなみに、この新型モデルでは、シフトレバーの前方の小型の収納ボックスとセンタコンソールボックス内に合計2つのDC12V電源ソケット(アウトレット)を用意しています。

ソケットの数が足りないと感じたら、電源ソケットに差し込むだけで簡単にUSBを増設する事ができる市販のUSBチャージャー(カーチャージャー)の装着を検討しても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする