新型スカイライン ハイブリッドの納期は少し長め!?【最新の納車待ち情報】

新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車は、半自動運転”プロパロット2.0″を備えているということで、やはり人気が高いみたいですね。

ただ、そこで気になるのは、このハイブリッド車の納期・納車待ちです。

やっぱりこのハイブリッド車の納期・納車待ちは、ツインターボエンジンを搭載したガソリン車よりも長かったのでしょうか?また、グレードや装着するオプションによって、納期・納車待ちに違いは、あったのでしょうか?

いつもお世話になっているディーラーさんに、新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の納期・納車待ちを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイライン ハイブリッドの最新納期:日産自動車A店舗のケース

新型スカイライン ハイブリッドの最新納期…2ヶ月~2ヶ月半前後

■ディーラーさんへの質問1

手放し運転をする事ができる新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の人気が高いようですが、現時点での納期・納車待ちは、どのようになっているのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答1

グレードやカラー、装着するオプションなどによって、納期・納車待ちは若干前後するのですが、現時点でのこの新型モデルのハイブリッド車は、だいたい2ヶ月~2ヶ月半前後とおなっています。

■ディーラーさんへの質問2

ちなみに、このハイブリッド車の納期・納車待ちは、ターボ車(ガソリン車)と比較して、早いのでしょうか?それとも、遅いのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答2

ハイブリッド車の納期・納車待ちは、ターボ車(ガソリン車)と大きな違いはありません。

ただ、405馬力を誇るターボ車の”400R”と比較すると、ハイブリッド車の方が2週間ていど納期・納車待ちが短めになっています。

■ディーラーさんへの質問3

先ほど、新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の納期・納車待ちは、グレードやカラー、装着するオプションなどによって変わってくると仰っていましたが、納期・納車待ちが長くなる特定のグレードやカラーは、あるのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答3

ハイブリッド車の場合グレードによって、納期・納車待ちが変わることはないのですが、メーカーオプションで用意されている本木目調のパネルを装着すると、若干納期・納車が長くなる可能性があります。

また、ハイブリッド車の最上位モデルに位置をする”GTタイプSP”のみに用意されているボディカラー”カーマインレッド”も、納期・納車待ちが長めになる可能性があります。

■ディーラーさんへの質問4

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の納期・納車待ちは約2ヶ月~2ヶ月半とのことですが、今後は、納期・納車待ちはどうなっていくのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答4

時々、各ディーラーで行っているキャンペーンなどの影響で受注台数が一時的に増え、納期・納車待ちが伸びる可能性はありますが、当分の間は、2ヶ月半前後の納期で推移していくのかなと思っております。

新型スカイライン ハイブリッドの最新納期:日産サティオB店舗のケース

新型スカイライン ハイブリッドの最新納期…2ヶ月半~3ヶ月前後

■ディーラーさんへの質問1

2019年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売をした新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の納期・納車待ちは、どのくらいですか?

■ディーラーさんからの回答1

ハイブリッド車は、半自動運転ができる最新のプロパイロット2.0を搭載していることもあり、一時期は納期・納車待ちがちょっと長めになっていました。

しかし、最近は納期・納車待ちが落ち着いて、2ヶ月~3ヶ月くらいで推移しています。

また、私どものお店では、注文があるのを見越して何だか先だって注文してあります。私どもが予め注文しておいたモデルとお客様が欲しいモデルがマッチしましたら、1ヶ月ていどで納車することも可能ですよ。

■ディーラーさんへの質問2

今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)は、ハイブリッド車とガソリン車のどちらの方が人気が高くなっているのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車で、納期・納車待ちに違いは、あるのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答2

半自動運転のプロパイロット2.0はハイブリッド車にしか搭載されていない影響もあり、ハイブリッド車が圧倒的に人気が高くなっております。そして、続いて人気が高くなっているのが、専用の外装・内装になっている400Rです。

また、ハイブリッド車とガソリン車の納期・納車待ちに関してですが、専用アイテムの400R以外は、ほとんど同じくらいとなっています。

■ディーラーさんへの質問3

今回マナイーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車は3つのグレードを用意していますが、どのグレードが一番人気になっているのでしょうか?また、グレードによって、納期・納車待ちに違いはあるのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答3

私どもの店舗では、最上位モデルの”GTタイプSP”が一番人気となっています。

やはり19インチサイズのタイヤ&ホイルやパドルシフトなど、機能や装備が充実しているのが理由の一つなのかなと思っています。

そして、次に人気が高いのは、中間モデルの”GTタイプP”です。

ただ、最上位モデルの”GTタイプSP”と中間モデル”GTタイプP”の売れ行きの差は、それほど大きくありません。ちなみに、私ども店舗では、最廉価モデルの”GTグレード”は、ほとんど出ていません。

また、このようにグレードによって若干の売れ行きの差はありますが、納期・納車待ちに大きな影響はありません。

まとめ:ディーラーが用意している見込み受注車を狙うのもあり

高速道路をハンズフリーで走ることができる半自動運転技術”プロパイロット2.0″を搭載した新型スカイライン(SKYLINE)のハイブリッド車の納期・納車待ちをディーラーさんに確認したところ、このようになっていました。

ガソリン車の特別モデル”400R”よりは若干短めになっていたものの、このハイブリッド車の納期・納車待ちは、若干長めな感じが…。

ディーラーさんによっては、納期を短くするため、注文を受ける前にお店の方で事前に注文をしておく”見込み受注車”を、人気モデル・カラーを中心に用意しています。

この新型モデルをいち早く納車したい方は、ディーラーさんに”見込み受注車”の用意があるかどうか確認してみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする