駐車には注意が必要!新型スカイラインの後方の視界&視認性をチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)は、運転席の広さや運転のしやすさを優先した”ドライバーズカー”なので、後部座席の居住性は、イマイチです。

また、この新型モデルはリヤガラスも小さめになっているため、後方の視界性は、あまり良くない感じが…。なので、バックや駐車をする際は、注意が必要です。

そんな新型スカイライン(SKYLINE)の後方や斜め後方の視界性は、どのようになっていたのでしょうか?また、実際に運転席から確認してみて、良かったところや気になったところは、どこだったのでしょうか?

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの後方の視界性(視認性)を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型スカイラインの真後ろの視認性をチェック

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)の真後ろの視界・視認性は、このようになっています。

■新型スカイラインのリヤガラス

このクルマのリヤガラスはもっと小さいと思っていたのですが、実際に見てみると、横幅は思ったよりも大きめ…。

後ろを見た時に広いと感じるワイド感のある横幅は好印象でした。

ただ、このクルマは車高が低い事もあり、また、リヤガラスの傾斜がきついこともあり、リヤガラスの高さは控えめ…。

なので、後部座席に同乗者がいると、後方の視界はかなり遮られてしまうのかなと感じました。

後方の車体感覚は掴みにくい

また、今回マナーチェンジヲして新発売された日産の新型スカイライン(SKYLINE)を試乗して気になったのが、後方の車体感覚の掴みにくさです。

このクルマはリヤガラスの後方にトランク(荷室)があるセダン車という事もあり、SUVやハッチバックと後方の車体感覚が全く異なります。

しかも、今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルはトランクのサイズが大きいだけではなく、目視でクルマの後方の張り出し(リヤガラスの後方部分)が全く見えません。

なので、クルマ後方の車体感覚がかなり掴みにくいです。

私もこのクルマを試乗した際、駐車やバックも試してみたのですが、目視だけでバックや駐車を行うのは、ちょっと怖い感じが…。

ただ、今回マイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン(SKYLINE)では、クルマ後方の視界性を確保する機能として、クルマの周辺を真上から見下ろすような視点で確認することができるアラウンドビューモニターやバックカメラが標準装備されているんですよね。

■新型スカイラインのアラウンドビューモニター

画面の粗さや解像度の低さなど若干気になる部分もあるこの新型モデルのアラウンドビューモニターですが、安全&スムーズに駐車&バックをするには、この機能は必須なのかなと思いました。

新型スカイラインの斜め後方の視界をチェック

一方、2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン(SKYLINE)の斜め後方の視界は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの運転席から斜め後方を確認してみたところ、このような感じに…。

■新型スカイラインの斜め後方の視界

今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの後部座席の横にあるサイドウィンドウは、思ったよりも大きい感じが…。

実際に運転席から確認をしてみて特に良いと思ったのが、サイドウィンドウの下端の低さです。

このクルマは車幅が広いため、助手席側のボディ後方の死角も多くなっていますが、サイドウィンドウが思ったよりも広いため、思ったよりも助手席側の車体感覚は掴みやい感じが…。

このクルマを試乗した時に路肩に寄せてクルマを停車してみたのですが、助手席側の車体感覚が掴みやすいため、思ったよりもスムーズにクルマを停車することができました。

後方の視界と同様に斜め後方の視界もあまり期待していなかっただけに、広くて視認性の良い斜め後方の視界性は、良い意味で期待を裏切られました。

助手席側の死角を減らす機能が盛り沢山

この新型スカイライン(SKYLINE)はサイドウィンドウが大きく、斜め後方の視界が良くなっているのですが、助手席側の視界をサポートする機能や装備が数多く用意されているのも注目ポイントの一つです。

例えば、この新型モデルでは、助手席側の前輪付近をナビの画面に映し出してくれる機能が、全グレードに標準装備されています。

■助手席側の前輪付近のカメラ映像

また、中間モデルの”GTタイプP”以上のグレードでは、シフトレバーを”R(リバース)”に入れると、自動的にサイドミラーの鏡の向きを下方向にしてくれる”リバース連動下向ドアミラー”も用意されています。

このクルマでは高速道路などでの車線変更をサポートする”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”もハイブリッド車/ガソリン車問わず全グレードに用意されていますし、斜め後方の死角の軽減には、かなりチカラを入れているなと感じました。

まとめ:購入前に後方と斜め後方の視認性をしっかりとチェックしよう!

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車”新型スカイライン(SKYLINE)”の後方の視界は、このようになっていました。

この新型モデルはリヤガラスが小ささ、また、トランクの大きさの影響もあり、クルマ後方の視界は、あまり良くありません。

初めてセダン車を運転した人は、クルマ後方の見え方&感覚の違いにちょっとビックリすかも…。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く方は、後方や斜め後方の視認性をしっかりと確認してみてくださいね。また、もしお時間があれば、ディーラーさんにお願いをして、駐車場などで駐車やバックを確かめさせて貰うと良いと思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする