グレードで違う!新型ランクル300のヘッドライトとリヤコンビの魅力を徹底解説

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、今までのランクルと同様、シャープな見た目を演出する薄型のヘッドライトとリヤコンビネーションランプを標準装備しています。

ただ、この新型モデルのヘッドライト&リヤコンビネーションランプは、グレードによって、機能や性能に差が…。

今回デビューを果たした新型モデルのヘッドライトとリヤコンビネーションランプは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、グレードによって、どんな違いがあるのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のヘッドライト&リヤコンビランプの特徴や魅力、グレードによる違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のヘッドライト【デザインや機能を実写画像でチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のヘッドライトは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のヘッドライト

プロジェクター式のLEDヘッドライトを標準装備

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、ライトの光をレンズで拡大し照射するプロジェクター式のLEDヘッドライトを、全グレード標準装備しています。

この新型モデルの車体本体価格のことを考えれば当然とは思いますが、上位モデルのZXグレードやGRスポーツ(GR SPORT)だけではなく、最廉価モデルに位置をするGXグレードもLEDヘッドライトが標準装備されているのは、嬉しいですよね。

また、今回デビューを果たした新型モデルのヘッドライトの内部は3つのユニットに分かれており、スタイリッシュな見た目になっていました。

そんな新型モデルのロービームを点灯すると、このような感じに…。

■新型ランクル300のロービーム点灯時

ロービームの時には、外側と中央部分が点灯。

そして、ハ イビームに切り替えると、3つのユニットすべてが点灯するようになっていました。

■新型ランクル300のハイビーム

迫力のある見た目を演出するデイライト

また、2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のヘッドライトの注目ポイントの一つが、昼間の安全性を高めてくれるデイライトシステムです。

この新型モデルは、3つのユニットに分かれたヘッドライトの下にデイライトシステムを用意しているのですが、太めのラインを採用。

■新柄ランクル300のデイライト

そのおかげもあり、この新型モデルはデイライトを点灯するだけで、かなりインパクトのあるデザインに…。

また、この新型モデルのデイライトは、フロントグリルの横バーと同じ太さになっており、統一感のあるフロントマスクを演出しているのも好印象でした。

デイライトと共用のウィンカー

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のウィンカーを点灯すると、このような感じになります。

■新型ランクル300のウィンカー

この新型モデルは、ウィンカーを点灯すると、デイライトが一瞬でオレンジ色に光る”デイライトと共用のダブルファンクション システムを採用。

オレンジ色になると、白色に輝くデイライトの時よりさらにインパクトが増したような感じが…。

また、新型ランクル300(Land Cruiser)の上位モデルに位置をするZXグレードとGRスポーツは、最近トレンドの流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)になりますよ。

ちなみに、最近は、オプションでシーケンシャルウィンカーを装着できるクルマも増えてきましたが、この新型モデルは、オプションでシーケンシャルウィンカーを用意してません。

なので、中間モデルのVXグレードや下位モデルのGXグレードなどでは、シーケンシャルウィンカーを装着することができないので、ご注意くださいね。

上位モデルはアダプティブハイビームを搭載

また、2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のヘッドライトは、上位モデルと下位モデルで備わっている機能も異なります。

下位モデルに位置をするGXグレードやAXグレード、中間モデルに位置をするVXグレードは、対向車を検知すると、自動でロービームとハイビームを切り替えてくれる”オートマチックハイビーム”を搭載。

一方、新型ランクル300(Land Cruiser)のZXグレードやGRスポーツなどの上位モデルは、先行車や対向車によって、照射範囲を自動調整をするアダプティブハイビーム機能が標準装備となっていす。

このようにこの新型モデルは、グレードによって、ヘッドライトの機能&性能が異なるので、ご注意くださいね。

新型ランクル300のリヤコンビネーションランプ【デザインや機能をチェック】

また、2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のリヤコンビネーションランプは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のリヤコンビネーションランプ

今回デビューを果たした新型モデルのリヤコンビネーションランプは、ワイド感を強調したデザインに…。

そのおかげもあり、この新型モデルの後ろ姿は、ランクルらしいどっしりとした安定感のある後ろ姿になっていました。

インパクトのある面状に光るテールランプを採用

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のリヤコンビネーションランプを点灯してみると、このような感じになります。

■新型ランクル300のリヤコンビランプの点灯時の様子

かなりインパクトがありますよね。

この新型モデルのリヤコンビネーションランプは、帯状に光る”Uの字”テールランプが太く、迫力のあるデザインに…。

また、”Uの字”テールランプの中に搭載されているストップランプも、この新型モデルの注目ポイントの一つです。

この新型モデルに用意されているストップランプは、ドット状に光るデザインを採用。

他のクルマとは一線を画したユニークなデザインが非常に印象的でした。

上位モデルはフルLEDのリヤコンビネーションランプを採用

また、新型ランクル300(Land Cruiser)は、上位モデルと下位モデルで、リヤコンビネーションランプの光源が若干異なります。

下位モデルに位置をするGXグレードやAXグレードのリヤコンビネーションランプは、テールランプ&ストップランプ、バックアップランプのみがLEDになっていました。

一方、中間モデルに位置をするVXグレード以上では、テールランプ&ストップランプ、バックアップランプだけではなく、ターンランプもLEDを採用したフルLEDのリヤコンビネーションランプを標準装備。

そのおかげもあり、上位モデルのリヤコンビネーションランプは、スタイリッシュさが増しているような感じが…。

■新型ランクル300のフルLEDのリヤコンビネーションランプ

また、最上位モデルに位置をするVXグレードとGRスポーツ(GR SPORT)は、ヘッドライトと同様、流れるタイプのウィンカー(シーケンシャルウィンカー)が標準装備になっていました。

まとめ:デザイン性&機能性に優れたヘッドライトを搭載の新型ランクル300

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のヘッドライト&リヤコンビネーションランプは、このようなデザイン&機能になっていました。

■新型ランクル300のライトのまとめ

・LEDヘッドライトを全グレード標準装備
・ウィンカー兼用のデイライトを標準装備
・上位モデルは流れるウィンカーを採用
・上位モデルはフルLEDのリヤコンビネーションランプを採用

今回デビューを果たした新型モデルは、インパクトのある太いデイライトが印象的なLEDヘッドライトを標準装備。

そのおかげもあり、夜間ドライブでは、かなり目立つと思います。

また、見た目のデザインだけではなく、流れるウィンカーやアダプティブヘッドライトなど、機能性に優れるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02