新型ヤリスクロスの内装色はグレードで全然違う【実車画像で比べてみた】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、大きくわけてハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意しているのですが、グレードによって、内装色(インテリア カラー)が全然違います。

また、車内の高級感や上質感にも大きな差が…。

そんな新型モデルの各グレードは内装・インテリアは、それぞれ何色だったのでしょうか?また、この新型モデルの内装色(インテリア カラー)は、グレードに、よってどのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の各グレードの内装色(インテリアカラー)を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

最廉価モデル”Xグレード”のインテリアは何色?【新型ヤリスクロスの内装色を1】

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”の内装色・インテリアカラーは、次のようになっていました。

■Xグレードの内装色…ブラック

エントリーモデルらしいシンプルな車内空間

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”の内装色・インテリアは、オーソドックスなブラックとなっています。

ただ、この”Xグレード/ハイブリッドX”は、車体本体価格の安さが魅力のエントリーモデルと言うこともあり、上位グレードよりもシンプルなデザインになっていました。

その一つが、インパネ・ダッシュボードです。

■Xグレードのインパネ

最廉価モデルのXグレードでは、上位モデルと同じデザインのインパネ・ダッシュボードを採用しているのですが、シフトレバー部分や送風口(サイドレジスター)に特別な塗装が施されていないシンプルなデザインに…。

■Xグレードのシフトレバー

■Xグレードの送風口(サイドレジスター)

また、インナーハンドル部分もシルバーの加飾がないシンプルなデザインに…。

■Xグレードのインナーハンドル

そのため、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”の内装・インテリアは、上位モデルよりもチープな印象を受けました。

シートもブラック基調

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の”Xグレード/ハイブリッドX”は、インパネ・ダッシュボードのカラーに合わせてシートもブラック基調となっています。

■Xグレードのシート

最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”のシートは、オーソドックスなファブリック素材となっているため、高級感や上質感と言う点では上位モデルよりも見劣りします。

ただ、最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”は3つのグレードの中で唯一、ヘッドレストと背もたれが独立していない”一体型タイプ”のフロントシートを採用。

そのおかげもあり、”Xグレード/ハイブリッドX”のフロントシートは、肩口までしっかりと支えられているようなホールド感の高い座り心地になっていました。

中間モデル”Gグレード”のインテリアは何色?【新型ヤリスクロスの内装色2】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”Gグレード/ハイブリッドG”の内装色(インテリアカラー)は、どのようになっていたのでしょうか?

充実した機能や装備が魅力の”Gグレード/ハイブリッドG”の内装色を確認してみたところ、次のようになっていました。

■Gグレードの内装色…ブラック

Xグレードよりも高級感がアップ

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をするGグレード/ハイブリッドGの内装色・インテリアカラーは、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXと同じブラックカラーとなっています。

■Gグレードのインパネ

ただ、中間モデルのGグレード/ハイブリッドGは、シフトレバー部分やドア内側パネルのドアハンドル部分にシルバーの加飾を施すなど、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXよりも高級感&上質感のあるデザインに…。

■Gグレードのシフトレバー

■Gグレードのドア内側パネル

また、サイドレジスター(送風口)の部分にもシルバーの加飾が施されるのも、高級感があって好印象でした。

■Gグレードのサイドレジスター

シートの質感もワンランク上

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレード/ハイブリッドGのシートは、最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXと同じブラックカラーのファブリックシートとなっています。

■Gグレードのシート

ただ、中間モデルのGグレード/ハイブリッドGでは、角度によってはダイヤモンド型の模様が浮かび上がって見えるお洒落なシートになっていました。

最上位モデル”Zグレード”のインテリアは何色?【新型ヤリスクロスの内装色3】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装色・インテリアカラーは、何色だったのでしょうか?

最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”に用意されている内装色・インテリアカラーは、次のようになっていました。

■Zグレードの内装色…ブラウン

唯一ブラウンの内装色を採用

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をしている”Zグレード/ハイブリッドZ”は、3つのグレードの中で唯一、ブラウンの内装色を採用しています。

なので、ダッシュボードのパネルやドア内側パネルはダークブラウン仕様になっており、お洒落な車内空間を演出。

■Zグレードのダッシュボード

■Zグレードのドア内側パネル

また、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、中央に大きな液晶ディスプレイを備えたオプティトンメーターを採用しており、他のグレードよりも先進性のある内装・インテリアになっていました。

シートもブラウンをアクセントカラーに採用

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、シートのデザインも異なります。

最廉価モデルのXグレードや中間モデルのGグレードではブラックのシートを採用していましたが、この新型モデルでは、ダークブラウンとベージュを組み合わせたお洒落なシートを標準装備。

■Zグレードのシート

このお洒落なシートのおかげで、最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”は、どこか温かみのある車内空間に…。

また、最上位モデルのZグレード/ハイブリッドZのシートサイドには、合成レザーがあしらわれており、高級感がただよう車内空間を演出しているのも好印象でした。

まとめ:車内の雰囲気が大きく異なる新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の各グレードの内装色・インテリアカラーを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスの内装色の特徴

・Xグレード/Gグレードはブラックの内装色を採用
・最上位モデルのZグレードは、ブラウン基調の内装色を採用

この新型モデルは、内装色・インテリアカラーが違うこともあり、グレードによって内装・インテリアの雰囲気に大きな差が…。

特に最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”とそれ以外のグレードでは、車内の雰囲気や高級感に大きな違いがありました。

また、この新型モデルでは、グレードによって機能や装備に差があるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02