新型ヤリスクロスの安全性の高さに驚愕!競合車よりも優れているところとは?

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力の一つは、安全性の高さです。

この新型モデルには、競合車・ライバル車にはない最新の安全装備システムが…。

また、自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)などの定番のシステムも、競合車・ライバル車よりも性能が高くなっていたのも印象的でした。

そんな新型モデルに用意されている安全装備システムは、競合車・ライバル車よりもドコが優れているのでしょうか?また、この新型モデルの安全性の高さの秘密は、何だったのでしょうか?

競合車・ライバル車よりも新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の方が安全性が高いと感じた理由を、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

自動ブレーキの性能の高さ【新型ヤリスクロスの安全性の凄さ1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の安全性が高いと感じた理由の一つが、衝突の回避&被害の軽減を図る自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の性能の高さです。

夜間の歩行者や自転車にも対応

自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)自体は多くのクルマに搭載されている一般的な機能になってきました。

しかし、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも性能が高く、昼夜の歩行者&昼のみですが自転車も検知してくれる最新バージョンの自動ブレーキを全グレードに標準装備しています。

実はまだ夜の歩行者や自転車をしっかりと検知することができる自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を備えているクルマって、まだ意外と少ないんですよね。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、夜間の歩行者には対応していませんし…。

夜間ドライブでも安心して運転することができるのは、競合車・ライバル車にはない新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

右左折をする時も安心

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、右左折をする時の対向車や歩行者を検知し、衝突する恐れがあると判断した場合、警告を発してくれます。

右左折をする時の歩行者や自転車を検知して、イザという時に自動ブレーキを作動させてくれるのは、心強いですよね。

ちなみに、交差点での対向車や歩行者を検視する機能を備えた自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を備えているコンパクトSUVは、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)以外には、同じトヨタから発売されているCHR/CH-Rのみです。

他メーカーのコンパクトSUVには、交差点での対向車や歩行者を検視する機能を備えた自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の用意はありません。

このようにより性能が高くなった自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を備えているのも、競合車・ライバル車よりも安全性が高いと感じた理由の一つでした。

競合車にはない安全装備が盛り沢山【新型ヤリスクロスの安全性の凄さ2】

また、競合車・ライバル車に用意されていない安全装備システムを用意しているのも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の安全性が高いと感じた理由の一つです。

競合車・ライバル車には用意されておらず、今回デビューを果たしたこの新型モデルのみに用意されている安全装備システムには、どのようなものがあるのでしょうか・

この新型モデルのみに用意されている注目の安全装備システムを2つ紹介したいと思います。

歩行者を安全に避けることができる緊急時操舵支援機能

競合車・ライバル車には用意されておらず新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のみに用意されている安全装備システムの一つが、緊急時操舵支援機能(ESA)です。

今回デビューを果たしたこの新型モデルに初搭載された緊急時操舵支援機能(ESA)とは、路側を歩ている歩行者をハンドルを切ってよけた際、クルマ側がドライバーのハンドル操作が過剰と判断した場合、車線からはみ出ないようハンドル操舵をアシストしてくれます。

急にハンドルを切ると、ハンドルを切り過ぎて反対車線や隣車線に入ってしまうことってありますよね。

この緊急時操舵支援機能(ESA)は、急ハンドルを切った際に起こる隣車線や反対車線を走行しているクルマとの衝突事故の予防につながります。

自動で駐車をしてくれるトヨタチームメイト

また、”トヨタチームメイト(アドバンスドパーク)”も、競合車・ライバル車には用意されていない新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の注目の安全装備システムの一つです。

ハイブリッド車専用のオプションとして用意されている”トヨタチームメイト(アドバンスドパーク)”とは、ハンドル操舵だけではなく、アクセル&ブレーキ操作も自動で行ってくれる自動駐車システムです。

【ヤリス】アトラクションムービー アドバンスト パーク編

私もこの新型モデルを試乗した際にトヨタチームメイト(アドバンスドパーク)を使わせて貰ったのですが、狭いスペースへの駐車へもスルスルっとスムーズに行ってくれるので非常に便利です。

シフトレバーをバックに入れる必要があるなど、完全な自動駐車という訳ではありませんが、駐車が苦手な方には、とてもありがたい機能&装備のように感じました。

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている”トヨタチームメイト(アドバンスドパーク)”は、オプション価格が7万7000円と備わっている機能の割にはそれほど高額な設定ではないのも好印象でした。

クルーズコントロール【新型ヤリスクロスの安全性の凄さ3】

また、高速道路を運転する時に重宝をするクルーズコントロールも競合車・ライバル車よりも新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の方が優れていると感じた安全装備の一つです。

新型ヤリスクロスのクルーズコントールは全車速対応

ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)など競合車・ライバル車の中にはクルーズコントロールの設定速度が30km/h以上となっており、この速度を下回るとクルーズコントロールが自動的に解除されてしまうクルマもあるんですよね。

なので、これらのクルマでは、渋滞などの理由で前走車が減速&停車したら、自分の足でブレーキペダルを踏んで停車する必要がありました。

しかし、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に備わっているクルーズコントロール(クルコン)は、全車速対応に…。

【ヤリス クロス】レーダークルーズコントロール

そのため、この新型モデルでは、前走車が停車をしたら、自分のクルマも前走車に続いて減速をして停車まで自動で行ってくれます。

なので、渋滞中のトロトロ運転も安心してクルーズコントロール(クルコン)を使うことができます。

このように使い勝手の良いクルーズコントロール(クルコン)が用意されているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力&メリットの一つなおんかなと思いました。

まとめ:競合車よりもワンランク上の安全性を備えている新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”の安全性を確認したところ、このような理由で競合車・ライバル車よりも優れているように感じました。

■新型ヤリスクロスの安全性の高さの秘訣

・検知能力が高い自動ブレーキ
・競合車・ライバル車にはない安全装備を搭載
・全車速で対応するクルーズコントロールを標準装備

この新型モデルは様々な安全装備システムを用意していますが、私が特に良いと思ったのは、自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)の性能の高さです。

目視では確認しにくい夜間の歩行者や急に飛び出してくる自転車などをしっかり検知してくれる安心感は、競合車・ライバル車では味わえないのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02