ツートンは高め?新型ヤリスクロスのボディカラー各色の価格を確認してみた

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、モノトーン/ツートンあわせて15色をラインナップしています。

ただ、この新型モデルは特別塗装料がかかる”有料色”も多く、その価格もボディカラーによってまちまちです。

また、この新型モデルに用意されている有料色の中には、予想以上のお値段になっているボディカラーも…。

そんな新型モデルに用意されている15色のボディカラーの中で特別塗装料がかかる有料色は、どれだったのでしょうか?また、この新型モデルの各色の価格・お値段は、いくらくらいだったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている各ボディカラーのお値段を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

特別塗装料が掛からない無料の色【新型ヤリスクロスのボディカラーの価格1】

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の15色のボディカラーの中で、特別塗装料がかからない無料の色は、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスの無料のボディカラー

・ブラックマイカ
・ブラスゴールドメタリック
・ダークブルーメタリック
・グレイッシュブルー
・ベージュ
・シルバーメタリック

モノトーンの多くは塗装料がかからない無料色

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では8色のモノトーンカラーを用意していますが、その中の6色は、無料色となっています。

■ブラックマイカ

■ブラスゴールドメタリック

■ダークブルーメタリック

■グレイッシュブルー

■ベージュ

■シルバーメタリック

最近はモノトーンでも特別塗装料がかかる有料色が多くなっていますが、この新型モデルでは、追加料金がかからない無料色を多く取り揃えており、できるだけ購入費用を抑えたいと思っている方にも嬉しいラインナップに…。

また、この新型モデルでは、ブラックやシルバーなどの定番色だけではなく、ベージュやグレイッシュブルーなどオリジナリティあふれるカラーまで、幅広いバリエーションを取り揃えているのも魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

無料で選べるツートンカラーはなし

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、無料で選べるモノトーンをたくさん用意していた一方、無料で選べるツートンカラーの用意はなし。

■新型ヤリスクロスのツートンカラー

ボディとルーフのカラーが異なるツートンカラーは、塗装料や手間がかかるので仕方ない部分がありますが、すべて追加料金がかかる有料色になっているのでご注意くださいね。

3万3000円の特別塗装料がかかる色【新型ヤリスクロスのボディカラーの価格】

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている次の2つのボディカラーに関しては、3万3000円の特別塗装料がかかる有料色となっていました。

■3万3000円の特別塗装料がかかるボディカラー

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・センシュアルレッドマイカ

モノトーンのうち2色が有料色

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は8色のモノトーンを用意していますが、その中で”ホワイトクリスタルシャイン”と”センシュアルレッドマイカ”の2色が3万3000円の特別塗装料がかかる有料色に…。

この新型モデルに用意されているホワイトパールクリスタルシャインは、小さなラメが太陽の光に反射してキラキラと光る高級感あるボディカラーです。

■ホワイトクリスタルシャイン

一方、RAV4やCHR/CH-RなどのSUVにも用意されているセンシュアルレッドマイカは、ワインの深みのある赤で、大人っぽい落ち着いた雰囲気の見た目を演出していました。

■センシュアルレッドマイカ

どちらのカラーも、オフロードというよりも街中で映えるお洒落なボディカラーになっていました。

5万5000円の特別塗装料がかかる色【新型ヤリスクロスのボディカラーの価格】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているカラーバリエーションで5万5000円の特別塗装料がかかる色は、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスの5万5000円の特別塗装料がかかるボディカラー

・ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ
・ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック
・ブラックマイカ×グレイッシュブルー
・ブラックマイカ×ベージュ
・ブラックマイカ×シルバーメタリック

ツートンカラーは、プラス5万5000円から

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は7色のツートンカラーを用意しているのですが、そのうちの5色が5万5000円の特別塗装料がかかるボディカラーとなっていました。

■ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック

■ブラックマイカ×グレイッシュブルー

■ブラックマイカ×ベージュ

■ブラックマイカ×シルバーメタリック

■ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ

この5万5000円というお値段だけを見ると、ちょっと高めに感じてしまうかもしれません。

ただ、競合車の一つでもある日産のキックス(KICKS)の2トーンカラーの特別塗装料も同じような価格設定になっているので、コンパクトSUVのツートンカラーは、このくらいの金額が妥当なのかもしれません。

また、ルーフにゴールドをあしらったツートンカラー”ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ”の特別塗装料も、プラス5万5000円となっていました。

7万7000円の特別塗装料がかかる色【新型ヤリスクロスのボディカラーの価格】

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているツートンカラーの中で次の2つは、7万7000円の特別塗装料がかかるボディカラーになっていました。

■新型ヤリスクロス7万7000円の特別塗装料がかかるカラー

・ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン
・ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ

7万7000円の特別塗装料が必要なカラーは2色

この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているツートンカラーの中でボディの塗装にも手間がかかる”ホワイトパールクリスタルシャイン”と”センシュアルレッドマイカ”の2色は、他のツートンよりも少しお高めな価格設定に…。

■ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン

■ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ

ディーラーさんにこの2色の売れ行きを確認したところ、ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカは、ヤリスクロスよりもCHR/CH-Rのイメージの方が強いため、売れ行きはボチボチのようです。

ただ、ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャインは、モノトーンのホワイトパールクリスタルシャインよりも引き締まって見えることから、他のボディカラーよりもお値段が高いにも関わらず、売れ行きはかなり良いとのことでした。

まとめ:ボディカラーによって価格に大きな差がある新型ヤリスクロス

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のボディカラー(色)の価格設定を確認したところ、次のようになっていました。

■新型ヤリスクロスのボディカラー各色の価格のまとめ

・有料色は、3万3000円/5万5000円/7万7000円の3つのタイプを用意
・モノトーンのほとんどのは、特別塗装料がかからない無料色
・ツートンカラーは、5万5000円~

この新型モデルは、3つのタイプの有料色を用意していることもあり、選ぶボディカラーによって、乗り出し価格に大きな差が出る可能性が…。

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、グレードによって選べる色に違いがあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02