グレードで違う!新型ヤリスクロス ガソリン車のメーターを実車画像で徹底解剖

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のガソリン車は、ハイブリッド車と異なる専用デザインのメーターを標準装備しています。

また、この新型モデルのガソリン車のメーターは2種類用意しており、グレードによってデザインや視認性に違いが…。

■ガソリン車に用意されているメーターのタイプ

Zグレード            …オプティトロンメーター
それ以外のグレード…2眼式デジタルメーター

そんな新型モデルのガソリン車に用意されているメーターは、どのようなデザイン&視認性になっているのでしょうか?また、グレードによって、メーターにどのような違いがあったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のガソリン車のメーターを、実車画像を使って徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

洗練された見た目に!新型ヤリスクロスのガソリン”Zグレード”のメーター

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のガソリン車の最上位モデル”Zグレード”のメーターは、このようなデザインになっています。

■Zグレードのメーター

スタイリッシュな3眼式のオプティトロンメーターを標準装備

ガソリン車の最上位モデルの”Zグレード”ではスピードメーターを中央に、そして、左右にタコメーターとガソリンタンクの残量計を配した3眼式のメーターを標準装備。

■Zグレードのスピードメーター

■Zグレードのタコメーター

■Zグレードのガソリンタンクの残量計

最上位モデルの”Zグレード”では、スピードメーターが配置されている中央部分に高精細の7.0インチTFT液晶ディスプレイを採用していることもあり、コンパクトカーとは思えないスタイリッシュなデザインになっていました。

スピードメーターの内側にはマルチインフォを配置

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のガソリン車の”Zグレード”に標準装備されているオプティトロンメーターでは、中央部分に配置されているスピートメーターの内側に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイ(マルチインフォ)を標準装備。

■Zグレードのマルチインフォメーションディスプレイ

スピードメーターの内側にマルチインフォメーションディスプレイが設置されているため、若干ゴチャゴチャとした印象が…。

ただ、この新型モデルのメーター部分に搭載されている7.0インチサイズの液晶ディスプレイは高精細となっているため、情報が読み取りにくいということはありませんでした。

ちなみに、この新型モデルのガソリン車のマルチインフォメーションでは、次のような表示項目を用意していました。

■燃費グラフ

■運転支援機能情報

■エコインジケーター&航続可能距離

■オーディオシステム連携表示

■始動後走行距離&走行時間

■警告画面

スピードメーターの表示をアナログとデジタルに変更可能

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”では、スピードメーター部分に液晶ディスプレイを使っている事もあり、アナログ表示とデジタル表示を切り替えることが可能です。

■アナログ表示をした時のZグレードのメーター

■デジタル表示をした時のZグレードのメーター

アナログ表示とデジタル表示では、メーターの雰囲気が全然違いますよね。

個人的には、アナログ表示の方が好きなのですが、マルチインフォメーションディスプレイの視認性&見やすさに関しては、スピードメーター部分がスッキリとしているデジタル表示の方が良い感じが…。

このようにアナログ表示/デジタル表示の2つのタイプを表示方法を用意しているのは、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”のメーターの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

スポーティーさが魅力!新型ヤリスクロス ガソリンのG/Xグレードのメーター

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のガソリン車の最上位モデル”Zグレード”以外のグレードに用意されているメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

ガソリン車の中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード/XBパッケージ”に標準装備されているメーターは、このようなデザインになっていました。

■ガソリン車のG/Xグレードのメーター

G/Xグレードではデジタルメーターを標準装備

最上位モデルのZグレードとは異なり、中間モデルの”Gグレード”&最廉価モデルの”Xグレード/XBパッケージ”では右側に車速と水温、そして、左側にシフトレバーのポジションとエンジンの回転数を表すタコメーターを配置した2眼式のデジタルメーターを標準装備。

■G/Xグレードのスピードメーター

■G/Xグレードのタコメーター

Zグレードに標準装備されているオプティトロンメーターと比較すると、GグレードやXグレードに標準装備されているデジタルメーターは、シンプルなデザインになっています。

ただ、中間モデルの”Gグレード”&最廉価モデルの”Xグレード/XBパッケージ”に標準装備されている2眼式のデジタルメーターは、SUVらしいギア感とチカラ強さを感じるデザインになっていました。

中央にはマルチインフォメーションディスプレイを搭載

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレード/Xグレードに用意されているデジタルメーターでは、タコメーターとスピードメーターの間に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを標準装備。

■G/Xグレードのマルチインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイが表示される部分の画面のサイズは4.2インチとなっており、最上位モデルのZグレードと比較すると一回り小さくなっています。

ただ、マルチインフォメーションディスプレイまわりがスッキリとしたデザインになっているため、デジタルメーターを標準装備しているモデルを運転していても、画面サイズの小ささは全然気になりませんでした。

まとめ:グレードによって印象が異なる新型ヤリスクロスのガソリンのメーター

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のガソリン車のメーターは、このようなデザインになっていました。

最上位モデルのZグレードは、洗練されたデザインが魅力のオプティトロンメーターを採用していたのに対し、中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”では、SUVらしい2眼式のデジタルメーターを採用。

そのため、この新型モデルのガソリン車は、グレードによって運転席まわりの雰囲気に大きな差が…。

このように今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、グレードによって機能や装備だけではなく、車内の雰囲気やテイストも大きくことなるので、モデル選びをする際はご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする