新型ヤリスクロスのセンターコンソールはイマイチ【特徴や欠点を徹底解剖】

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、運転席と助手席の間にセンターコンソールを用意しています。

この新型モデルに用意されているセンターコンソールは、グレードによって若干の違いがあるものの、競合車・ライバル車と比較すると、見た目のデザインや使い勝手が劣るような感じが…。

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているセンターコンソールのデザインや使い勝手、残念なところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスのセンターコンソールのデザインをチェック

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の運転席と助手席の間に用意されているセンターコンソールは、このようなデザインになっていました。

■新型ヤリスクロスのセンターコンソール

新型ヤリスクロスはフロアシフトを採用

今回デビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、センターコンソールにシフトレバーを備えた”フロアシフト”を採用。

■新型ヤリスクロスのシフトレバー

この新型モデルでは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらも操作がしやすいストレートゲート式のシフトレバーを採用しています。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車では、シフトレバーのポジションや機能に若干の違いが…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車で様々な違いがありますが、このシフトレバーの機能や使い勝手の違いも要注目ですよ。

ハイブリッド車とガソリン車で異なるスイッチ類

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、シフトレバーの後方に運転に関連するスイッチ類を配置しています。

■新型ヤリスクロスのセンターコンソールのスイッチ類

ただ、実際にこの新型モデルのセンターコンソールを確認して驚いたことの一つが、スイッチのサイズです。

この新型モデルでは、シフトレーバーの後方右側に電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドのスイッチを備えているのですが、今までのトヨタ車と比較すると、小さめのサイズに…。

■電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドのスイッチ

個人的には、電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドは、もう少し大きいサイズの方が使いやすくて良いのかなと、思ったいました。

一方、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のシフトレバーの左後方には、ドライブモードスイッチが用意されており、ノーマル/エコ/スポーツの3種類の中から選べるようになっていました。

ボックスティッシュも置く事ができるドリンクホルダー

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、センターコンソールボックス部分にドリンクホルダーを2個用意されていました。

■新型ヤリスクロスのドリンクホルダー

この新型モデルのセンターコンソール部分に用意されているドリンクホルダーは、収納したドリンクを固定するストッパーなどの用意がないシンプルなデザインに…。

ホンダのヴェゼル/ベゼルなどストッパ付きのドリンクホルダーと比べてしまうと、この新型モデルに用意されているドリンクホルダーは、少しシンプルすぎるかなと感じてしまいました。

■ヴェゼルのドリンクホルダー

ただ、この新型モデルに用意されているドリンクホルダーの部分はトレー状になっており、ボックスティッシュやハンドバックを置くスペースとして使えるようになっていたのは好印象でした。

ちなみに、この新型モデルに用意されている他のドリンクホルダーについては、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

センターコンソールの最後部には収納スペースを用意

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のセンターコンソールの最後部には、フロントシートからだけではなく、後部座席からも手が届きやすい収納スペースを用意。

■センターコンソール後方ボックス

ただ、センターコンソール後方ボックスはサイズが小さいため、収納することができるアイテムが限られてしまうのが少々残念でした。

ちなみに、この新型モデルは、コンパクトSUVの中でも収納スペース・小物入れは、少なくなっているのでご注意くださいね。

新型ヤリスクロスのセンターコンソールの欠点&デメリットとは?

このようなデザインになっていた新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のセンターコンソールですが、ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)や日産のキックスなどの競合車よりも劣ると感じたところも…。

この新型モデルのセンターコンソールで残念に感じたところは、どこだったのか?包み隠さずお話したいと思います。

アームレストの用意はなし【センターコンソールの欠点1】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているセンターコンソールの残念だったことの一つが、快適な運転をサポートしてくれるアームレスト付きのセンターコンソールボックスの用意がなかったことです。

ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)や日産のキックス(KICKS)では、蓋の部分をアームレストとしても活用することができるセンターコンソールボックスが用意されていたんですよね。

■ヴェゼル/ベゼルのセンターコンソールボックス

■キックスのセンターコンソールボックス

しかし、今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、アームレスト付きのセンターコンソールボックスの用意は全グレードなし。

アームレスト付きのセンターコンソールボックスがあると、信号待ちをしている時や渋滞している時に腕を置いてリラックスすることができるので、便利なんですよね。

この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ディーラーオプションでアームレストを装着することができますが、アームレスト付きのセンターコンソールボックスになっていないのは、少々残念に感じてしまいました。

見た目のデザイン性【センターコンソールの欠点2】

また、見た目のデザイン性や高級感も、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているセンターコンソールボックスの欠点&デメリットの一つです。

ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)や日産のキックス(KICKS)のセンターコンソールは、ピアノブラック調の加飾が施されており、高級感や上質感のあるデザインになっていたんですよね。

■ヴェゼルのセンターコンソール

■キックスのセンターコンソール

しかし、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、競合車・ライバル車のような特別な加飾はなく、プラスチック素材が剥き出しに…。

そのため、高級感や上質感と言う点では、競合車・ライバル車よりもかなり見劣りをするような感じが…。

せめて最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”ぐらいは、センターコンソールにしっかりと装飾を施して、ワンランク上の高級感や上質感を演出しても良かったのに…と、思ってしまいました。

まとめ:色々と物足りなさを感じた新型ヤリスクロスのセンターコンソール

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に備わっているセンターコンソールは、このようなデザインになっていました。

■新型ヤリスクロスのセンターコンソールのまとめ

・ストレートゲート式のシフトレバーを搭載
・電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドのスイッチを配置
・ドリンクホルダーを2個用意
・アームレスト付きのセンターコンソールボックスの用意はなし
・見た目の高級感は競合車よりも劣る

この新型モデルに用意されているセンターコンソールボックスは、シフトレバーやドリンクホルダー、運転に関するスイッチ類を備えたオーソドックスなデザインに…。

使い勝手の良いデザインになっていたこの新型モデルのセンターコンソールですが、見た目のデザイン性や高級感に関しては、競合車よりも少し見劣りする感じが…。

また、競合車・ライバル車に用意されているアームレスト付きのセンターコンソールボックスの用意がないのは、少々残念でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02