新型ヤリスクロスのタイヤ全3種類【デザイン&サイズ、メーカーを比較】

2020年8月にトヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、ハイブリッド車/ガソリン車3つのグレードを用意していますが、それぞれ異なるデザイン&サイズのタイヤ&ホイールを装着しています。

そのため、この新型モデルは、サイドスタイルに大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルでは、どのようなデザインのタイヤ&ホイールを備えていたのでしょうか?また、グレードによって、どんな違いがあったのでしょうか?

トヨタから新発売をしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているタイヤ&ホイールのデザインヤサイズ、メーカーを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロス Zグレードのタイヤ&ホイールを実車画像でチェック

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”に標準装備されているタイヤ&ホイールは、このようなデザインをしています。

■Zグレードのタイヤ

専用デザインのホイールを標準装備

最上位に位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”では、切削加工&ブラック塗装を施した専用デザインのホイールを標準装備。

切削面の美しさが印象的な専用デザインのタイヤ&ホイールを履いた最上位モデルのZグレード/ハイブリッドZは、他のグレードでは味わえないプレミアム感あふれたサイドスタイルになっていました。

他のグレードよりも一回り大きい大径タイヤを装着

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”は、他のグレードよりも一回大きい18インチサイズのタイヤ&ホイールを履いているのも特徴の一つです。

■Zグレードのタイヤサイズ

18インチ(215/50R18)

他のグレードよりもタイヤサイズが大きく、迫力のあるサイドスタイルを演出しているのも、このZグレード/ハイブリッドZの魅力の一つなのかなと思いました。

最上位モデルのZグレードでも低燃費タイヤを装着

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のタイヤメーカー&ブランドを確認したところ、次のようになっていました。

■Zグレードのタイヤメーカー&ブランド

タイヤメーカー:ダンロップ
タイヤブランド:エナセーブEC3000+

この新型モデルの最上位”Zグレード/ハイブリッドZ”が装着していたタイヤは、ダンロップの低燃費タイヤ”エナセーブ3000+(ENASAVE300+)”でした。

他のグレードよりも大きいタイヤを装着しているのなら、燃費の良さに重きを置いた低燃費タイヤではなく、グリップ力やパフォーマンスの良さを最重要視したスポーツタイヤを装着しても良かったのかなと思いました。

新型ヤリスクロス Gグレードのタイヤ&ホイールを実車画像でチェック

一方、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデルに位置をする”Gグレード/ハイブリッドG”に標準装備されているタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

こちらが、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”が履いていたタイヤ&ホイールです。

■Gグレードのタイヤ&ホイール

Gグレードはシンプルなシルバー塗装のホイールを標準装備

最上位モデルのZグレードは、断面が美しい切削加工&ブラック塗装を施したスタイリッシュなホイールを標準装備していましたが、中間モデルのGグレード/ハイブリッドGでは、オーソドックスなシルバー塗装のアルミホイールを標準装備。

そのおかげもあり、中間モデルのGグレードは、癖のないスッキリとしたサイドスタイルに…。

スタイリッシュさや華やかさに関しては、最上位モデルのZグレード/ハイブリッドZに遠く及びませんが、Gグレード/ハイブリッドGは、エレガントで落ち着きのあるサイドスタイルになっていました。

Gグレードのタイヤサイズは一回り小さい

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”と中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、タイヤ&ホイールのサイズも異なります。

最上位モデルのZグレードは、迫力のある18インチサイズの大径タイヤ&ホイールを履いていましたが、中間モデルのGグレードでは、ひと回り小さい16インチサイズに…。

■Gグレードのタイヤサイズ

16インチ(205/65R16)

なので、サイドの迫力&スポーティーさに関しては、中間モデルのGグレードは、最上位モデルのZグレードに遠く及びません。

ただ、中間モデルのGグレードでも樹脂製のフェンダーやドア下モールディングが備わっていることもあり、見た目のアンバランスさや物足りなさは一切感じませんでした。

また、乗り心地に硬さがなく、しっとりとした滑らかな乗り心地になっているのも、16インチサイズのタイヤを履いたGグレード/ハイブリッドGの魅力の一つなのかなと思いました。

Gグレードも低燃費タイヤを装着

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”のタイヤのメーカー&ブランドを確認したところ、このようになっていました。

■Gグレードのタイヤメーカー&ブランド

タイヤメーカー:ダンロップ
タイヤブランド:エナセーブEC3000+

中間モデルのGグレードでは、最上位モデルのZグレードと同じダンロップの低燃費タイヤ”エナセーブ(ENASAVE EC300+)”を装着。

このGグレードの車格やタイヤサイズ、イメージを考えると、燃費とウェット性能を重視した低燃費タイヤを装着しているのは、妥当かもしれませんね。

オプションで18インチのタイヤ&ホイールに変更可能

このようにオーソドックスなシルバー塗装を施した16インチのホイールとタイヤを装着した新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のGグレードですが、メーカーオプションで18インチサイズのタイヤ&ホイールに変更することが可能です。

■18インチのタイヤを装着したGグレード

「オーソドックスなGグレードの足まわりでは少し物足りない…。だけど、購入予算はできるだけ抑えたい。」

と思っている方は、コスパに優れる中間モデルのGグレードを購入して、足回りを18インチのタイヤ&ホイールに変更するのも良いかもしれませんね。

新型ヤリスクロス Xグレードのタイヤ&ホイールを実車画像でチェック

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

Xグレードはスチールホイールを標準装備

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の上位モデルはアルミホイールを装着していましたが、最廉価モデルに位置をする”Xグレード/ハイブリッドX”では、3つのグレードの中で唯一、樹脂製のフルキャップ付きのスチールホイールを標準装備。

最廉価モデルのXグレードは、ロゴの部分の加飾のないシンプルなドア下モールディングを備えていたこともあり、上質感や洗練さに関しては、ちょっと物足りないサイドスタイルになっていました。

タイヤ&ホイールのサイズはGグレードと同じ

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”のタイヤ&ホイールのサイズに関しては、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”と同じ16インチサイズに…。

■Xグレードのタイヤ&ホイールサイズ

16インチ(205/65R16)

タイヤサイズ自体は中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”と同じになっていましたが、足回りの存在感や迫力に違いを感じてしまいました。

タイヤメーカー&ブランドも違いはなし

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード/ハイブリッドX”に装着してあるタイヤ&ブランドを確認してみたところ、このようになっていました。

■Xグレードのタイヤメーカー&ブランド

タイヤメーカー:ダンロップ
タイヤブランド:エナセーブEC300+

最廉価モデルのXグレード/ハイブリッドXでも、上位2つのモデルと同じダンロップの低燃費タイヤ”エナセーブ EC3000+(ENASAVE EC3000+)”を標準装備。

上位2つのモデルが履いているのもダンロップの低燃費タイヤですし、このXグレード/ハイブリッドXが低燃費タイヤを装着しているのも当然の流れですね。

ただ、今回私はいくつかのモデルを見たのですが、他のメーカのタイヤが装着しておらずすべてダンロップのタイヤが装着されていたのは、少々驚きでした。

オプションでGグレードと同じタイヤに変更可能

このように3つのグレードの中で唯一、スチールホイールを標準装備していた最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”ですが、メーカーオプションで中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”と同じ16インチサイズのアルミホイールに変更することができます。

もし新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最廉価モデル”Xグレード”のタイヤ&ホイールのデザインに物足りなさを感じたら、シルバー塗装が施された16インチサイズのアルミホイールに変更しても良いかもしれませんね。

まとめ:グレードによってタイヤ&ホイールが異なる新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルはグレードによって、タイヤサイズやデザインなどに違いが…。

なので、この新型モデルのサイドスタイルの迫力や印象は、グレードによって大きくことなります。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、タイヤ&ホイールのデザイン、サイドスタイルの違いに注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする