こんなに違う!新型ヤリスクロスの2WDと4WDの外装&内装を実車画像で比較

トヨタから新発売をしたコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、普段使いにピッタリな2WD車だけではなく、悪路でもしっかりと走ることができる4WD車も用意しています。

ダブルウィッシュボーン式のリヤサスペンションを採用するなど、安心感のある走破性&乗り心地が魅力のこの新型モデルの4WDですが、走りだけでなく、機能や装備にも大きな差が…。

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD仕様と4WD仕様は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、2WDと4WDでは、装備や機能どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルの2WDと4WDの外装や内装の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

外装の違いをチェック【新型ヤリスクロスの2WDと4WD比較】

2020年8月にデビューをしたトヨタのコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2DW仕様と4WD仕様の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型ヤリスクロスの2WD仕様
グレード:ハイブリッドZ

■新型ヤリスクロスの4WD仕様
グレード:ハイブリッドG

ボディサイズに違いはなし

車種によっては、2WD車と4WD車で車高や最低地上高に違いがありますが、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、2WD車と4WD車で全く同じボディサイズに…。

■新型ヤリスクロスのボディサイズ

全長:4,180mm
全幅:1,765mm
全高:1,590mm

また、最低地上高もまったく同じになっています。

■新型ヤリスクロスの最低地上高…170mm

なので、この新型モデルの車内の広さや運転席からの視界、乗降性に関しては、2WD車と4WD車で違いはありませんでした。

4WD車には専用のエンブレムを搭載

そんな新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD車と2WD車の外装・エクステリアの違いの一つが、リヤに用意されているエンブレムです。

今回私が見たハイブリッド車の4WD仕様は、後輪駆動用のモーターを備える”E-FOUR”と言うこともあり、リヤにE-FOUR専用エンブレムを装着。

■新型ヤリスクロスのE-FOUR専用エンブレム

専用のエンブレムを搭載したこの新型モデルの4WD車は、2WD車とは一味異なる特別感のある外装・エクステリアになっていました。

内装の違いをチェック【新型ヤリスクロスの2WDと4WD比較】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車は、車内に用意されている機能や装備に違いがありました。

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手にも大きな差が…。

そんな新型モデルの2WD車と4WD車の内装・インテリアの違いを、実車画像を使って確認していくことにしましょう。

ダイヤル式のドライブスイッチ【2WDと4WDの内装の違い1】

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD車と4WD車の大きな違いの一つが、センターコンソールに用意されているスイッチ類です。

2WD/4WDどちらも、エコモードやスポーツモードを切り替えることができるドライブモード切替スイッチを備えています。

ただ、4WD車は、エコモードやスポーツモードに加えて、凹凸のある路面を走行するとき使用をする”トレイルモード”や滑りやすい雪道で重宝をする”スノーモード”を選択することだえきるダイヤル式のスイッチを用意。

■4WDのダイヤル式ドライブモード切替スイッチ

また、ガソリン車の4WDは、ぬかるんだ路面や砂地、荒れた路面などを走行するときに、使用するマルチテレインセレクトやスノーモードを用意しています。

このように本格的なオフロードを走ることができる走行モードを用意しているのは、2WD車にはない4WD車ならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ダウンヒルアシストコントロール【2WDと4WDの違い2】

また、2020年8月にデビューをは達した新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の4WD仕様では、急な下り坂を一定の低速度で走行することができる”ダウンヒルアシストコントロール”も用意しています。

■4WD仕様のダウンヒルアシストコントロールスイッチ

キャンプなどアウトドアレジャー目的でこのクルマの購入を検討している方には、急な山道を安全に運転する事ができるダウンヒルアシストコントロールは、非常に助かる機能ですよね。

特にエンジンブレーキを掛けることができないハイブリッド車には、一定の速度で坂道を下ることができるこのダウンヒルアシストコントロールは、非常に助かる機能のように感じました。

荷室の使い勝手【2WDと4WDの内装の違い3】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WDと4WDの大きな違いの一つが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

この新型モデルの2WD仕様の荷室・ラゲッジスペースのフロアには、デッキボードを備えており、荷物の大きさや量によって、荷室の高さを2段階から調整することができるようになっています。

■デッキボードを上段に設置した時の様子

■デッキボードを下段に設置さいた時の様子

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD仕様は、このクラスのクルマでは珍しい4対2対4に分割することができる後部座席を採用しており、後部座席の中央部分のみを収納して、”4人乗車+長尺物”などのシートアレンジをすることも可能です。

■2WD仕様の4人乗車+長尺物のシートアレンジ

一方、この新型モデルの4WD仕様は、2WD仕様のようにデッキボードの高さを調整することができません。

そのため、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手や収納力に関しては、2WD車に遠く及びません。

走りの良さや安心感は4WDの方が優れていますが、クルマの使い勝手やユーティリティ性能に関しては、4WD車よりも2WD車の方が圧倒的に良いように感じました。

まとめ:アウトドアやウィンターレジャーにピッタリな新型ヤリスクロスの4WD仕様

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の2WD仕様と4WD仕様の外装や内装を見比べてみたところ、次のような違いがありました。

■新型ヤリスクロス2WDと4WDの違い

・リヤエンブレム
・用意されているドライブモード
・荷室の使い勝手

悪路の走破性や安心感に関しては、状況に応じたドライブモードを選ぶ事ができる4WD車の方が圧倒的に良いです。

ただ、車内の使い勝手や荷室・ラゲッジスペースの積載性に関しては、高さを調節することができるデッキボードを採用している2WD車の方が良いように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする