価格以上のプレミアム感!新型ヤリスクロスZグレードの内装の実車画像インプレ

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の内装・インテリアは、他のグレードとは一線を画したお洒落なデザインになっています。

また、最上位モデルのZグレードの内装・インテリアには、他のグレードには用意されていない機能や装備も…。

そんな新型モデルの最上位に位置をする”Zグレード/ハイブリッド”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、最上位モデルのZグレードの内装は、どのような特徴や魅力を備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイウェイスターZ”の内装・インテリアの魅力や特徴を余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

機能が充実しているインパネ【新型ヤリスクロスZグレードの内装1】

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルに位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”のダッシュボード・インパネは、このようなデザインになっています。

■Zグレードのダッシュボード

Zグレードはダークブラウンの内装色を採用

トヨタからデビューを果たしたこの新型コンパクトSUVの中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”ではオーソックスなブラックの内装色を採用していました。

しかし、この新型モデルの最上位グレード”Zグレード”では、ダークブランの内装色を採用しており、ダッシュボード・インパネの下段部分がダークブラウンカラーに…。

また、ドア内側パネルもダークブランのトリムを施したお洒落な車内空間になっていました。

ハンドルやシフトレバーは本革仕様

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”では、本革仕様のハンドル&シフトレバーを標準装備しています。

■Zグレードのハンドル

■Zグレードのシフトレバー

また、ダッシュボードの左右に備わっている送風口(サイドレザイスター)も高級感のあるピアノブラック調の塗装が…。

■Zグレードのサイドレジスター

ダークブランの内装色と相まって、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、他のグレードとは一味異なる大人っぽくお洒落な雰囲気の内装・インテリアとなっていました。

先進性のあるオプティトロンメーターを標準装備

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”に用意されている注目の装備の一つが、メーターです。

最上位の”Zグレード/ハイブリッドZ”では、中央に7インチサイズの液晶ディスプレイを配したオプティトロンメーターを標準装備。

■Zグレードのオプティトロンメーター

そのおかげもあり、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”は、他のグレードよりも先進性のある運転席まわりになっていました。

真冬に重宝するシートヒーターを標準装備

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”は3つのグレードの中で唯一、真冬の寒い日に助かるシートヒーターを標準装備しています。

■Zグレードのシートヒーター

また、メーカーオプションでハンドルをじんわりと温めてくれる”ステアリングヒーター”を装着することができるのも、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のみです。

このように真冬の寒い日の運転をサポートしてくれる快適装備を用意しているのも、最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力の一つなのかなと思いました。

車内を華やかに彩るイルミネーテッドエントリーも標準装備

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位に位置をする”Zグレード/ハイブリッドZ”は、インサイドドアハンドルやフロントシートの足元、センターコンソールをブルーのLEDライトで照らすイルミネーテッドエントリーが標準装備されています。

■Zグレードのイルミネーテッドエントリー

そのため、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッド”は、スタイリッシュな車内空間に…。また、LEDライトが足元やドア内側パネルを照らしてくれるため、夜間でもスムーズに乗り降りをすることができます。

このように車内空間を華やかに彩るアイテムが標準装備されているのも、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートもお洒落【新型ヤリスクロスZグレードの内装インプレ2】

2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”は、シートのデザインや素材も注目ポイントの一つです。

この新型モデルの最上位”Zグレード/ハイブリッドZ”のシートは、どのようなデザインになっていたのか?また、座り心地は、どうだったのか?

最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”に標準装備されているシートを、実車画像を使って、確認をしてみることにしましょう。

Zグレードはブラウン基調のお洒落なシートを標準装備

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”に標準装備されているシートは、このようなデザインになっています。

■Zグレードのフロントシート

■Zグレードの後部座席

中間モデルの”Gグレード”や最廉価モデルの”Xグレード”では、オーソドックスなブラックのシートを標準装備していましたが、最上位モデルのZグレードでは、ダークブラウンとベージュを組み合わせたお洒落なシートを標準装備。

また、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”のシートサイドは、合成レザーを採用しており、他のグレードよりもワンランク上のプレミアム感あふれるデザインになっていたのも好印象でした。

6ウェイパワーシートを標準装備

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”の運転席は、シートの前後位置や高さ、背もたれのリクライニングを電動で調整することができる6ウェイパワーシートを標準装備しています。

■Zグレードのパワーシートスイッチ

このクラスのクルマで6ウェイパワーシートを標準装備しているというのは、ちょっとスゴイですよね。

このようにカテゴリーを超えた機能や装備をそなえているのも、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード/ハイブリッドZ”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:お値段以上の高級感が味わえる新型ヤリスクロスZグレードの内装

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の最上位モデル”Zグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

ダークブラウンを基調にした最上位モデルのZグレードの内装・インテリアは、開放感と上品さを感じる大人の空間に…。

また、6ウェイパワーシートやシートヒーターなど機能や装備が充実しているのも、このZグレードの魅力の一つのように感じました。

中間モデルのGグレード/ハイブリッドGでも十分に満足できる機能や装備を備えていますが、車内の居心地の良さやプレミアム感に関しては、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”が群を抜いているのかなと感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする