新型オーラの荷室容量を比較【2WD車と4WD車の差はどれくらい?】

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)は、2WD車と4WD車で荷室サイズに違いがあります。

そのため、荷室容量にも差が…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの2WD車と4WD車の荷室容量は、どれくらいだったのでしょうか?また、2WD車と4WD車で荷室容量でどれくらいの違いがあったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ(AURA)の2WDと4WD車の荷室容量の違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの2WD車の荷室容量をチェック

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの2WD車の荷室

今回デビューを果たした新型モデルの荷室の奥行きは約630mmとなっており、競合車・ライバル車の中でトップクラスの広さを確保。

そんな新型モデルの2WD車の荷室容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型オーラの2WD車の荷室容量…340リットル(※VOD方式で計測)

2WD車の荷室容量がコンパクトカーの中でトップクラス

今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースの容量は、ベースとなっているノートe-POWERと同様、340リットルとなっており、コンパクトカーの中でトップクラスの広さを誇っています。

■新型オーラと競合車の荷室容量比較

ちなみに、ディーラーさんの話では、2泊3日くらいのコンパクトサイズのスーツケースなら、後部座席を使用した状態でも4個収納できるとのこと。

長距離ドライブや旅行に行く方にとっても、大満足の広々&大容量の荷室・ラゲッジスペースになっていました。

2WD車の荷物の積載性&積み込みやすさはイマイチ

このようにコンパクトカーの中でトップクラスの広さ&容量を備えている新型オーラ(AURA)の2WD車の荷室・ラゲッジスペースですが、注意が必要なのは、荷室開口部の段差です。

今回デビューをはたした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、使い勝手よりも荷室容量&広さを最優先したためか、荷室開口部のところに10cm以上の段差があるんですよね。

そのため、大型クールボックスなどの重たい荷物を積み下ろしは、開口部がフラットな荷室・ラゲッジスペースよりも大変です。(持ち上げる量が増えるので…)

ちなみに、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の2WD車は、荷室開口部の段差を減らしてほぼフラットにするラゲッジアンダーボックスを、ディーラーオプションで用意しています。

■新型オーラのラゲッジアンダーボックス

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura.html

また、この新型モデルの2WD車の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納した時に背もたれの部分で大きな段差が生じてしまうのですが、ラゲッジアンダーボックスを装着すると、この段差を解消することもできます。

旅行やアウトドアが好きな方など、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースに重たい荷物や大きい荷物をたくさん積み込む方は、ディーラーオプションで用意されているラゲッジアンダーボックスの装着を検討してみても良いかもしれませんね。

新型オーラの4WD車の荷室容量をチェック

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の荷室・ラゲッジスペースの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの4WD車の荷室・ラゲッジスペース

この新型モデルの4WD車は荷室・ラゲッジスペースの下に後輪を駆動するためのモーターを搭載しているため、2WD車よりも荷室フロアが高くなっています。

そのため、荷室容量も2WD車よりも小さくなっています。

そんな新型モデルの4WD車の荷室容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型オーラの4WD車の荷室容量…260リットル(※VOD方式で計測)

4WDの荷室容量は2WDよりも80リットル少ない

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の4WD車の荷室・ラゲッジスペースの容量はVOD方式で260リットルとなっており、2WD車よりも80リットルほど少なくなっていました。

この新型モデルの4WD車は2WD車よりも荷室高が約140mmほど狭くなっているので、荷室容量が少なくなっているのは当然です。

■新型オーラの2WD車と4WD車の荷室比較

ただ、この新型モデルの2WD車と4WD車の荷室容量を見比べてみたところ、予想以上に差があるように感じてしまいました。

2WD車より使い勝手が良い4WD車の荷室

2WD車よりも80リットルも荷室容量が狭い新型ノート オーラ(NOTE AURA)の4WD車ですが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は非常に良いです。

この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースを確認して良いと思ったことの一つが、フラットな荷室開口部です。

この新型モデルの2WD車は、荷室開口部の掃き出し口とフロアで10cm以上の段差があることもあり、積載性&荷物のつみこみやすさはイマイチでした。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルの4WD車は、荷室開口部とフロアの段差がほとんどなくフラットな掃き出し口に…。

そのため、荷物の積み下ろしが非常にしやすいです。

また、後部座席を収納した時、背もたれ部分で大きな段差が生じないのも、新型オーラ(AURA)の4WD車の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つでした。

まとめ:荷室容量に歴然たる差がある新型オーラの荷室・ラゲッジスペース

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の2WD車と4WD車の荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラの荷室容量のまとめ

・2WD車の荷室容量は340リットル
・4WD車の荷室容量は260リットル
・荷室の使い勝手は、4WD車の方が上

この新型モデルの2WD車と4WD車では荷室高に差があるため、荷室容量に80リットルの差が…。ただ、荷室・ラゲッジスペースに使い勝手に関しては、2WD車よりも4WD車の方が優れているように感じ感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02