新型オーラのエアコンは少し物足りない【性能&使い勝手の残念なところとは?】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、フルオートエアコンを全グレード標準装備しています。

ただ、この新型モデルに用意されているエアコンは、備わっている機能&性能に少し物足りなさが…。

今回デビューを果たした新型モデルのエアコンは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この新型モデルのエアコンの残念なところは、どこだったのでしょうか?

ノートe-POWERをベースにしたプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)のエアコンのデザインや使い勝手、残念なところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのエアコンは便利?【デザイン&機能性を徹底チェック】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)に用意されているエアコンは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのエアコンパネル

新型オーラはダイヤル式のエアコンパネルを採用

今回デビューを足した新型モデルでは、温度調節と風量の調節をダイヤルで行うことができるダイヤル式のフルオートエアコンを全グレードに標準装備。

見た目は非常にシンプルなのですが、ダイヤル部分にはスリット入りのゴムがあしらわれており、手に馴染みやすいよう工夫がほどこされているのが好印象でした。

2WD車と4WD車でエアコンパネルのデザインが異なる

また、今回デビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)のエアコンパネルは、2WD車と4WD車で若干デザインが異なります。

■2WD車のエアコンパネル

■4WD車のエアコンパネル

運転席&助手席のシートヒーターを標準装備しているこの新型モデルの4WD車は、エアコンパネルの液晶ディスプレイの左右に2段階から調節することができるシートヒータースイッチを搭載。

この新型モデルのシートヒータースイッチはのサイズはそれ程大きくないのですが、運転席からも助手席からもスイッチに手が届きやすいのが好印象でした。

ちなみに、この新型モデルの2WD車にオプションのシートヒーターを装着すると、4WD車と同じシートヒータースイッチが備わったエアコンパネルに変更となります。

左右別々に温度調整はできない

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のエアコンの機能&性能を確認して残念に感じたことの一つが、運転席と助手席で別々に温度調節をすることができる”左右独立式の温度調節機能”を備えていなかったことです。

ホンダのフィット4やトヨタのヤリスなど競合車・ライバル車も左右独立式の温度調節機能を備えていないので、このクルマに備わっていないのも、仕方がないことなのかもしれません。

ただ、プレミアムコンパクトカーとして発売をするのなら、運転席と助手席で別々に温度調節をすることができる左右独立式の温度調節機能を備えても良いのかなと思いました。

ナノイーやプラズマクラスターの用意もなし

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のエアコンは、車内の除菌や抗菌、防カビなどに効果があるだけではなく、美肌や美髪にも良いと言われているナノイーやプラズマクラスターの用意もなし。

清潔・快適な車内環境をサポートしてくれる機能&装備が用意されていないのも、この新型モデルの残念なところの一つでした。

新型オーラのエアコンの効きはどう?【快適性&使い勝手をチェック】

シンプルながらも使い勝手の良いデザインになっている新型オーラ(AURA)のエアコンですが、快適性&使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのエアコンを使った感想を、包み隠さずお話したいと思います。

パワフルで快適なエアコンを楽しめるフロントシートまわり

今回デビューを果たした新型モデルでは、7段階から風量を調節することができるエアコンを備えているのですが、十分にパワフルです。

私はまだ残暑が残る9月の中旬(車外温度:25度)にこの新型モデルを試乗したのですが、風量を最大にして、温度を一番低い”LO”にしたところ、ほんの5分もしないうちにヒンヤリとするくらい車内の温度が下がりました。

また、この新型モデルに用意されているエアコンは十分にパワフルなので、左右の送風口の前に備わっているドリンクホルダーに置いたドリンクもしっかりと冷やしてくれるのも好印象でした。

ただ、この新型モデルに用意されているエアコンの風は、エアコン特有の乾燥している感じがあります。

フロントシートに座っていると、エアコン特有の乾燥した風が直接顔などに当たるので、エアコンの風が苦手な人は、注意が必要なのかなと思いました。

後部座席の快適性はイマイチ

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のエアコンで残念だったのは、後部座席まわりの快適性です。

この新型モデルは、センターコンソールの後方に後部座席用のエアコンの送風口が用意されていないこともあり、後部座席まわりの真夏の快適性は、フロントシートと比べて格段に劣ります。

しかも、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも車内空間が広いため、後部座席まわりの温度が下がるまでに時間がかかります。

後部座席の快適性や居心地の良さのことを考えると、センターコンソールの後方に後部座席用のエアコンの送風口を備えても良かったのかなと思いました。

エアコンの駆動音も気になる

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)を試乗した時に気になったのが、エアコンの駆動音やブォォォ~~と言った感じの送風音のノイズです。

この新型モデルのエアコンの駆動音や送風音が、競合車・ライバル車と比べて、圧倒的に大きいわけではなりません。

ただ、この新型モデルは、コンパクトカーの中でも特にロードノイズやエンジン音が静かになっていため、エアコンを駆動した時の騒音がよけいに際立っている感じが…。

この新型モデルは、ベースとなっているノートe-POWERよりも静寂性に優れているだけに、快適性を妨げるエアコンの駆動音や送風音が、少しもったいないなと感じてしまいました。

まとめ:性能&使い勝手に物足りなさを感じた新型オーラのエアコン

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のエアコンの性能や快適性、使い勝手を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラのエアコンのまとめ

・フルオートエアコンを全グレード標準装備
・左右独立式の温度調節機能の用意はなし
・後部座席用のエアコンの送風口もなし

今回デビューを果たした新型モデルでは、パワフルなフルオートエアコンを全グレードに標準装備。

ただ、左右独立式の温度調整機能や後部座席用のエアコンの送風口などの用意はありません。

プレミアムコンパクトカーを謳うのなら、もう少し快適性に考慮をして、競合車・ライバル車との差別化を図ってもよかったのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02