新型オーラの日産コネクトのメリット&デメリット【魅力や欠点を大公開】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)は、ノートe-POWERと同様、通信技術を活用して様々なサービスを提供してくれる”日産コネクト(Nissan Connect)”を用意しています。

この新型モデルに用意されている日産コネクト(Nissan Connect)は、非常に便利な機能なのですが、競合車・ライバル車よりも劣ると感じたところも…。

もちろん競合車よりも優れているおこともありますが…

今回デビューを果たしたこの新型モデルに用意されている日産コネクト(Nissan Connect)の魅力&メリットは、何だのでしょうか?逆に競合車・ライバル車よりも劣っていると感じたところは、どこだったのでしょうか?

新型オーラ(AURA)の注目の機能”日産コネクト”の魅力や残念なところを、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの日産コネクトの魅力&メリットとは?

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラに用意されている日産コネクト(Nissan Connect)には、次のような魅力がありました。

ちなみに、この新型モデルの日産コネクト(Nissan Connect)のサービス内容を確認したい方は、こちらの日産の公式ホームページをご確認ください。

分かりやすい価格設定【魅力&メリット1】

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)に用意されている日産コネクト(Nissan Connect)でまず初めに良いと思ったのが、価格設定です。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの”T-コネクト(T-Connect)”やホンダの”ホンダ コネクト(Honda Connect)”では、オプションで追加する機能が多いため、すべての機能を使おうとすると、思いがけない金額になってしまうんですよね。

しかし、この新型モデルでは、車内Wifi以外オプションで追加する機能&アイテムはなし。

年間7,920円で日産コネクト(Nissan Connect)の機能をすべて利用することができます。

この分かりやすい価格設定は、競合車・ライバル車のコネクトサービスとはひと味違う違う新型ノート オーラ(NOTE AURA)の日産コネクトの良さなのかなと思いました。

車内Wifiの使い勝手の良さ【魅力&メリット2】

また、今回デビューを果たした新型オーラの日産コネクト(Nissan Connect)のサービスの中で特に良いと思ったのが、車内Wifi機能です。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット4(FIT4)でも、車内Wifiサービスは用意されていますが、1ギガあたり330円と少し割高なんですよね。

しかし、この新型モデルの車内Wifiサービスは、定額での使い放題ホーダイとなっており、ギガ数を気にせずに利用することができます。

■新型オーラのWifi画面

また、料金設定も1日~となっており、家族で長期ドライブする時だけなど気軽に車内Wifiサービスを利用することができます。

この使い勝手の良さも、新型ノート オーラ(NOTE AURA)に用意されている車内Wifiサービスの魅力の一つなのかなと思いました。

Gooleのサービスを利用可能【魅力&メリット3】

また、Googleのサービスを利用することができるようになるのも、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の日産コネクトの魅力の一つです。

なので、日産コネクト(Nissan Connect)を装着すると、ナビの画面で駐車場やレストラン、アミューズメントパークなどを検索することができます。また、ストリートビューや高級写真で目的地周辺を確認することができます。

ちょっと気になったことをナビの画面で検索できるのは、かなり助かりますよね。

このような便利な機能を備えているのも、新型オーラ(AURA)の日産コネクトの特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

新型オーラの日産コネクトの欠点&デメリットとは?

様々な魅力がある新型オーラの日産コネクト(Nissan Connect)ですが、欠点&デメリットもありました。

この新型モデルに用意されている日産コネクト(Nissan Connect)を実際に利用をしてみて残念に感じたところは、どこだったのでしょうか?包み隠さずお話したいと思います。

純正ナビの装着が必要【欠点&デメリット1】

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の日産コネクトで気になったことの一つが、日産コネクトを利用するためには純正ナビの装着が必要ということです。

この新型モデルでは、ディーラーオプションナビも用意していますが、こちらでは、日産コネクト(Nissan Connect)を利用することができません。

ちょっとコレは残念ですよね。

しかも、この新型モデルに用意されている純正ナビは、BOSEパーソナルプラスサウンドシステムやプロパイロット機能、USBなどとセットになっているため、オプションか価格が約40万円とかなり高額なんですよね。

■新型オーラの純正ナビを含むセットオプション内容

日産コネクト(Nissan Connect)を利用するために必要な純正ナビの価格の高さは、少し気になるところでした。

無料お試し期間がない【魅力&欠点2】

また、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)に用意されている日産コネクトで気になったのは、このサービスの良さを体験できる無料のお試し期間がないことです。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット4(FIT4)では、初回申し込みから12ヶ月間、無料でホンダコネクト(Honda Connect)を利用できるようになっているんですよね。

また、同じ日産から発売されている軽自動車のルークス(ROOX)などでも、無料で日産コネクト(Nissan Connect)を利用できる期間が設けられています。

■日産の新型ルークス

同じ日産から発売されているルークス(ROOX)では、日産コネクトを無料で利用することができる期間が設けられているのに、なぜ新型ノート オーラ(NOTE AURA)ではないのでしょうか?

今回デビューを果たしたこの新型モデルに用意されている日産コネクトは非常に良い機能ですが、この無料期間を用意していない日産の態度&考えには、少しガッカリとしてしまいました。

エアコンをスマホで操作できない【魅力&欠点3】

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の日産コネクト(Nissan Connect)の機能で残念だったのが、スマホ/iPhoneでのリモート機能です。

この新型モデルでも、競合車・ライバル車と同様、スマホ/iPhoneで自動車のロック状態を確認することができます。また、ロックし忘れた場合は、スマホ/iPhoneからリモートで施錠することもできます。

ただ、この新型モデルでは、スマホ/iPhoneからリモートでエアコンをON/OFFすることができないんですよね。

スマホ/iPhoneを使ってエアコンのON/OFFをすることができれば、灼熱地獄のクルマに戻る必要がないので、非常に便利なのですが…。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット4(FIT4)のホンダコネクトでは、リモートでエアコンをON/OFFする機能が備わっているんですよね。

このように真夏の暑い日に重宝する機能が備わっていないのも、新型オーラ(AURA)の日産コネクト(Nissan Connect)の気になるところでした。

まとめ:色々と気になるところも多い新型オーラの日産コネクト

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)に用意されているコネクテッドサービス”日産コネクト(Nissan Connect)”を確認してみたところ、このような魅力&欠点がありました。

■新型オーラの日産コネクトの魅力

・価格設定のわかりやすさ
・車内Wifiの価格の安さと使い勝手の良さ
・Googleと連携した機能を搭載

■新型オーラの日産コネクトの欠点&不満

・純正ナビのオプション価格の高さ
・無料期間の用意がない
・エアコンをリモート操作できない

この新型モデルの日産コネクト(Nissan Connect)は、ナビでGoogle検索を行うことができるなど、競合車・ライバル車にはない魅力&メリットがあります。

ただ、真夏の暑い日に重宝をするエアコンのリモート操作は、是非とも用意して貰いたかったです。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02