オーラのみの専用装備!新型オーラ ニスモにはない3つの装備&アイテムとは?

専用デザインのバンパーやリヤスポイラーなど、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースのオーラ(AURA)にはない様々な専用装備&アイテムを備えています。

ただ、逆に新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)にはなく、オーラ(AURA)のみに用意されている機能&装備も…。

今回デビューを果たした新型モデルにはなく、ベースのオーラ(AURA)のみに用意されている機能&装備は、何だったのでしょうか?また、この2台のモデルは、機能や装備にどのような違いがあるのでしょうか?

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)にはなく、ベース車のオーラ(AURA)のみに用意されている機能&装備を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スピーカー【新型オーラにはない装備1】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)にはなく、ベース車のオーラ(AURA)のみに用意されている装備の一つが、スピーカーです。

オーラはヘッドレスト一体型のスピーカーを用意

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のベースになっているオーラ(AURA)では、フロントシートのヘッドレストにスピーカーをはじめ車内に8つのスピーカーを備える”BOSEパーソナルプラスサウンドシステム”をメーカーオプションで用意しています。

■オーラのBOSEパーソナルプラスサウンドシステム

オーラ(AURA)に用意されているBOSEパーソナルプラスサウンドシステムの特徴&魅力の一つは、音の広がりを自由自在に調整できることです。

例えば、音の広がりをワイド(Wide)にすると、ヘッドレストに備わっているスピーカーから音が聞こえ、音にシートが包み込まれているかのような臨場感があります。

一方、音の広がりをタイト(Tight)にすると、ヘッドレストから聞こえてくるサウンドが小さくなり、よくある一般的な車内スピーカーのような聞き心地になります。

【ASMR】日産オーラ BOSE パーソナルプラスサウンドシステム を 高性能 マイク で 収録してみた!!! 【※イヤホン推奨】

このように音の広がりを自由自在に調節することができる”BOSEパーソナルプラスサウンドシステム”を備えているのは、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)にはないオーラの魅力の一つなのかなと思いました。

4スピーカーシステムを採用している新型オーラ ニスモ

一方、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、フロントシートと後部座席のドアパネルの下部に1つずつ備わったオーソドックスな4スピーカーシステムになっています。

■新型オーラ ニスモのスピーカー

また、ベースの標準シートでも、オーラ(AURA)に用意されている”BOSEパーソナルプラスサウンドシステム”を装着することができません。

そのため、この新型モデルでは、オーラ(AURA)のような音の広がりを楽しむことができません。

また、スピーカーから聞こえてくる音質も、ベース車ののオーラ(AURA)よりも劣ります。

スポーツモデルらしい気持ちが良い走りを楽しむことができる新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、車内のオーディオ環境に関しては、ベースのオーラ(AURA)の方がワンランクもツーランクも優れているように感じました。

シートバックポケット【新型オーラ ニスモにはない装備2】

また、地図や雑誌、タブレット端末などを収納しておくのに便利なシートバックポケットも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とベース車のオーラ(AURA)で違いがあります。

オーラは助手席側の裏側にシートバックポケットを用意

新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のベースとなっているオーラ(AURA)では、助手席側の裏側に雑誌などを収納するのに便利なシートバックポケットを標準装備しています。

■オーラのシートバックポケット

このオーラ(AURA)のシートバックポケットの内側には、スマホやiPhoneなどを収納するのに便利な小型ポケットも用意されており、使い勝手に優れるのも魅力の一つです。

シートバックポケットが備わるのは標準シートのみ

一方、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)も、助手席の裏側にシートバックポケットは、用意されています。

ただ、シートバックポケットが用意されているのは、ファブリック×合成レザーの標準仕様のみ。

■新型オーラ ニスモの標準シートのシートバックポケット

オプションで用意されているレカロシートに変更をすると、シートバックポケットは装着されなくなります。

スポーツモデルらしい見た目とホールド感を楽しむことができる新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のレカロシートですが、シートバックポケットが備わらないなどの欠点&デメリットもあるので、ご注意くださいね。

リヤセンターアームレスト【新型オーラ ニスモにはない装備3】

また、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とベース車のオーラ(AURA)の大きな違いの一つが、後部座席の中央に備わっているリヤセンターアームレストです。

オーラはドリンクホルダー付きのアームレストを標準装備

上位モデルに位置をする”Gレザーパッケージ”のみなのですが、ベースモデルのオーラ(AURA)では、後部座席の中央に引き出して利用をするリヤセンターアームレストが標準装備されています。

■オーラのリヤセンターアームレスト

そのため、オーラ(AURA)の後部座席は、ゆったりと快適に過ごすことができます。

また、リヤセンターアームレストには、小物入れとしても活用することができるドリンクホルダーが2個備わっており、後部座席まわりの収納スペースが充実しているのも、嬉しいポイントの一つでした。

新型オーラ ニスモはセンターアームレストの用意はなし

一方、スポーツモデルの新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の後部座席には、リヤセンターアームレストの用意はなし。

■新型オーラ ニスモの後部座席

そのため、後部座席の快適性&居心地の良さは、オーラ(AURA)よりも若干劣りました。

また、ベースのオーラ(AURA)よりも後部座席まわりのドリンクホルダーの数が少なく、カップや缶のドリンクの置き場に困るのも、気になるところでした。

まとめ:オーラより快適性&使い勝手で劣る新型オーラ ニスモ

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とオーラ(AURA)の機能&装備を確認したところ、次の3つに関しては、オーラ(AURA)のみの専用アイテムとなっていました。

■新型オーラ ニスモにはない機能&装備のまとめ

・臨場感のあるサウンドを楽しめるBOSEパーソナルサウンドシステム
・タブレット端末などを収納するのに重宝するシートバックポケット
・後部座席の快適性を高めるリヤセンターアームレスト

この新型モデルは、車内に8個のスピーカーを装着することができる”BOSEパーソナルプラスサウンドシステム”の用意がないこともあり、車内の音響環境は、オーラ(AURA)よりも劣る感じが…。

また、リヤセンターアームレストを用意しておらず、ベース車のオーラ(AURA)よりも後部座席の快適性で劣っているのも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の気になるところの一つでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02