予想以上に狭い!新型カローラツーリングの後部座席の足元の広さを測ってみた

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)を試乗してみて、ちょっと期待外れだったのは、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

この新型モデルは先代モデルよりも全長やホイールベースが拡大されたので、後部座席の居住性や足元空間(ニークリアランス)の広さも拡大したと思っていました。

しかし、実際にこの新型モデルの後部座席に座ってみると、先代モデルよりも足元空間(ニークリアランス)は狭くなったような感じが…。

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリングの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいだったのでしょうか?また、実際に座ってみると、後部座席の足元空間の広さにどれくらいのゆとりがあったのでしょうか?

先日、この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングの後部座席の足元空間の広さをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■カローラツーリングの後部座席

この新型モデルの後部座席は、中央にセンターアームレストを備えたオーソドックスなデザインに…。

そん新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このような感じになっていました。

■後部座席の足元空間の広さ

運転席を身長175cmある私が運転をしやすい位置に設定していている状態(=中央よりもやや後方)なのですが、予想していたよりも一回り狭いです。

荷室や運転席周りの広さを優先したのかもしれませんが、先代モデルよりも全長やホイールベースが拡大したことを考えると、もう少し後部座席の足元空間(ニークリアランス)を確保しても良いのかなと思いました。

後部座席の足元空間の広さを計測してみると…

そんな新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみると、このような感じに…。

■新型カローラツーリングの後部座席の足元空間の広さ

■後部座席の足元空間の広さ…約24cm

運転がしやすい位置に運転席を設定した時のこの新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、約24cm。

一般的に後部座席の足元空間(ニークリアランス)は30cm以上あると、成人男性でも快適に過ごすことができるんですよね。

この基準に照らして考えると、フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席の足元空間は、成人男性が快適に過ごすにはちょっと狭いかなと感じました。

新型カローラスポーツの後部座席に座った感想【足元空間はやっぱり狭い!?】

このような広さになっていた新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席の足元空間ですが、実際に座ってみると、どのような感じになるのでしょうか?膝先からフロントシートのシートバックまでどれくらいのゆとりがあるのでしょうか?

居住性や快適性など、実際にこの新型モデルの後部座席に座ってみた時の感想を包み隠さず紹介したいと思います。

膝先からシートバックまでのゆとりは少なめ

今回新発売された新型モデルの運転席を一番運転がしやすい位置にした状態で、身長約175cm中肉中背の私が後部座席に座ってみたところ、足元空間(ニークリアランス)は、このような感じに…。

■後部座席に座った時の足元空間

膝先からフロントシートのシートバックまでのよとりは、拳を縦にして1個半程度。

足を動かせないほどギュウギュウという訳ではありませんでしたが、ちょっと足を動かすだけでもフロントシートのシートバックに膝先がぶつかるため、足の動きはかなり制限されてしまいます。

この新型モデルはフロントシートのしたのトンネルスペースが広めになっており、つま先をスッポリと収納できるようになっていたのは良かったですが、大人が後部座席に長時間座るのは、ちょっとしんどいのかなと思いました。

また、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”はブラックルーフを採用していることもあり、後部座席に座った時の圧迫感が大きいのも気になるところでした。

後部座席の左右の移動はしやすい

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は後部座席の居住性はイマイチでしたが、意外と良かったのがウォークスルー性です。

この新型モデルは、ご覧の通り、後部座席の足元の中央にあるトンネルの張り出しが小さくなっています。

■新型カローラツーリングの後部座席の足元空間

なので、後部座席の左右の移動(ウォークスルー)が思ったよりもしやすくなっていす。

また、この新型モデルは、後部座席の中央のトンネルの張り出しが抑えめになっているおかげで、後部座席の中央に座る際、わざわざトンネルを跨ぐ(またぐ)ように座る必要がないのも好印象でした。

まとめ:後部座席の足元空間の広さは要注意

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのステーションワゴン仕様”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”の後部座席の足元空間の広さは、このようになっていました。

ボディサイズが先代モデルよりも一回り大きくなったこの新型モデルですが、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、大人ちょっと狭い感じが…。また、圧迫感や窮屈感も大きめです。なので、快適性はイマイチです。

もしこの新型モデルの後部座席に大人や大きいお子さんが乗車する機会が多い方は、試乗をする際に後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さや快適性をしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする