新型カローラツーリング/セダンの内装パーツ【グレードでどこが違う?】

トヨタから2019年9月に新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードをラインナップしています。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、グレードによって、内装・インテリアのデザインや装備に大きな差が…。

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンのそれぞれのグレードの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、グレードで内装のパーツにどんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型モデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンの各グレードの内装をチェック

2019年9月にトヨタから新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの各グレードの内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

最上位モデル”WxB”の内装はどんなデザイン?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデルに位置をすWxB(ダブルバイビー)の内装インテリアはこのようなデザインになっています。

■ダブルバイビーの内装インテリア

専用デザインのメーターやシートを採用した”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアは、スタイリッシュさと上品さを兼ね備えたデザインに…。

また、ヘッドアップディスプレイ(HUD)やおくだけ充電など、このグレードにしか用意されていないアイテムが多数用意されていたのも魅力の一つですよ。

中間モデル”Sグレード”の内装をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデルに位置をする”Sグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Sグレードの内装

シートの素材やメーターのデザインなど、中間モデル”Sグレード”の内装・インテリアの上質感&高級感は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と比較すると、やはり見劣りをする感じが…。

中間モデルの”Sグレード”の内装・インテリアは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のような派手さはありませんが、老若男女誰からも愛されるベーシックなデザインになっていました。

最廉価モデル”GXグレード”の内装

一方コチラが、新型カローラ ツーリング/セダンの最廉価モデルに位置をする”GXグレード”の内装・インテリアです。

■GXグレードの内装

  

パッと見た感じでは、中間モデルのSグレードにそっくりな内装・インテリアをしている最廉価モデルの”GXグレード”ですが、ハンドルやシフトレバーに使用されている素材が異なります。

また、メーターのデザインにも若干の違いが…。

最廉価モデルと言うこともあり、GXグレードは、プラスチック感が丸出しのシンプルな内装・インテリアになっていました。

新型カローラツーリング/セダンの内装比較【グレードでどのアイテムに違いが!?】

このようなデザインになっていた新型カローラ ツーリング/セダンの内装・インテリアですが、グレードによって、どのパーツ&装備に違いがあるのでしょうか?

この新型モデルの内装・インテリアのパーツの違いを紹介したいと思います。

メーターのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの内装・インテリアの違いの一つが、メーターのデザインです。

最上位モデルの”WxB”では専用デザインのメーターを採用

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、中央に液晶ディスプレイを配した専用デザインのデジタルメーターを標準装備。

■WxBのデジタルメーター

一方、中間モデルの”Sグレード”と最廉価モデルの”GXグレード”では、オーソドックスなデザインの3眼式のアナログメーターを採用。

■Sグレードのメーター

■GXグレードのメーター

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と他のグレードでは、メーターの先進性や視認性に大きな差がありました。

SグレードとGXグレードのメーターのデザインにも違いが…

また、どちらも3眼式のアナログメーターを採用している新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデルのSグレードとGXグレードですが、デザインに若干の違いがありました。

中間モデルの”Sグレード”では、中央のスピードメーターにシルバーメッキの加飾をあしらった上質感&高級感を演出したデザインに…。

■Sグレードのスピードメーター

一方、最廉価モデルの”GXグレード”では、特別な加飾がないブラック塗装のシンプルなデザインになっていました。

■GXグレードのスピードメーター

ハンドル・ステアリング

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンでは、ハンドル・ステアリングホイールも異なります。

グレードでハンドルの素材が異なる

この新型モデルではグレードによって、ハンドル・ステアリングホイールのデザインが異なるのですが、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”では、高級感のある本革巻きを採用。

■WxBのハンドル

■Sグレードのハンドル

一方、最廉価モデルの”GXグレード”では、シンプルなウレタン素材のハンドル・ステアリングホイールを採用。

■GXグレードのハンドル

そのため、最廉価モデルの”GXグレード”の車内の質感は、他のグレードよりもワンランク落ちるように感じました。

シフトレバー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンは、ハンドル・ステアリングホイールと同様にシフトレバーのデザインにも違いがあります。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルのSグレードは、サテンメッキの加飾が施された本革巻きのシフトレバーを備えています。

■WxBのシフトレバー

■Sグレードのシフトレバー

シフトレバーのサイドにあしらわれたサテンメッキが、オシャレで良いですよね。

一方、最廉価モデルのGXグレードは、シンプルなウレタン製のシフトレバーに…。

■GXグレードのシフトレバー

また、上位モデルにあしらわれていたようなメッキの加飾も、最廉価モデルのGXグレードのシフトレバーにはありません。

ここら辺も、上位モデルと最廉価モデルのGXグレードの大きな違いの一つなのかなと感じました。

シート

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンでは、シートのデザインや素材も異なります。

オシャレなWxBのシート

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、シートのサイドの張り出しが大きく、ホールド感に優れた”スポーティーシート”を標準装備。

■WxBのシート

また、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、織物を特別な樹脂でコーティングをした”レザテック”と合成レザーをシートの素材に採用しており、他のグレードよりも高級感のあるデザインになっていました。

ホールド感が意外と良いSグレードのシート

一方、中間モデルのSグレードでは、シートサイドの張り出しの大きさや角度を最適化した”上級ノーマルシート”を採用。

■Sグレードのシート

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と同じくらいとは言えませんが、中間モデルのSグレードでも、身体が包み込んでくれるようなホールド感の高い座り心地を味わえます。

ただ、このSグレードに採用されているシートは、ファブリック素材を採用していることもあり、高級感&上質感は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”に遠く及びませんでした。

シンプルなGXグレードのシート

こちらが、新型カローラ ツーリング/セダンの最廉価に位置をする”GXグレード”のシートです。

■GXグレードのシート

最廉価モデルのGXグレードでは、中間モデルの”Sグレード”と同様にファブリック素材のシートとなっています。

ただ、サイドサポートの張り出しも小さく、座った時に身体をシッカリと支えてくれるようなホールド感を味わえないシンプルな作りになっていました。

センターコンソール

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンは、グレードによって、センターコンソールのデザインも異なります。

■WxBのセンターコンソール

■Sグレードのセンターコンソール

■GXグレードのセンターコンソール

センターコンソールの素材に違いが…

この新型モデルのセンターコンソールは、グレードによって、使用されている素材が異なります。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、高級感&上質感のある合成レザーのセンターコンソールを採用。

■合成レザーのWxBのセンターコンソール

一方、中間モデルの”Sグレード”と最廉価モデルの”GXグレード”では、シンプルなファブリック素材を採用。

■ファブリック素材のSグレードのセンターコンソール

見た目のデザイン性、腕を置いた時のフィット感やクッション性どれをとっても最上位モデルのの”WxB(ダブルバイビー)”の方が優れているように感じました。

天井のカラー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンは、グレードによって、天井のカラーも異なります。

中間モデルの”Sグレード”と最廉価モデルの”GXグレード”では、オーソドックスなライトグレーのルーフを採用していました。

■Sグレードのライトグレールーフ

一方、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、ライトグレーのルーフではなく、ブラックルーフを採用。

■ブラックルーフを採用しているWxB

ブラックルーフを採用しているため、後部座席に座っていると、圧迫感を感じるのが気になるところですが、スタイリッシュな車内空間を演出していました。

ドア内側パネル

また、新型カローラ ツーリング/セダンは、ドア内側パネルのデザインや高級感もグレードによって異なります。

ラグジュアリー感が漂うWxBのドア内側パネル

最上位に位置をする”WxB(ダブルバイビー)”のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■WxBのドア内側パネル

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”ではシルバー塗装を施したドアハンドルを、そして、ドアトリム部分に肌触りの良い合成レザー素材を採用。

また、様々なスイッチが配置されているスイッチベースや大きく張り出したドアトリムガーニッシュには、ピアノブラック調の加飾が施されており、他のモデルよりも高級感を演出したデザインになっていました。

■WxBのスイッチベース

■WxBのドアトリムガーニッシュ

落ち着いたデザインのSグレードのドア内側パネル

一方、新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■Sグレードのドア内側

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と同様に中間モデルのSグレードでも、シルバー塗装を施したドアハンドルを採用。また、ドアトリムショルダーには、合成レザーを採用。

ただ、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とは異なり、プラスチック感が強いドアトリムガーニッシュに…。

■Sグレードのドアトリムガーニッシュ

また、ドアアームレストもファブリック素材になっています。

■Sグレードのドアアームレスト

なので、高級感や上質感では、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”よりも若干劣ります。

ただ、スイッチベースにピアノブラック調のパネルを採用していることもあり、十分に満足できる上質感を備えているように感じました。

■Sグレードのピアノブラック調のスイッチベース

シンプルなGXグレードのドア内側パネル

新型カローラ ツーリング/セダンの最廉価モデル”GXグレード”のドア内側パネルは、他のグレードよりも質感がワンランク落ちます。

■GXグレードのドア内側パネル

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”や中間モデルの”Sグレード”では、シルバー塗装をあしらったドアハンドルを採用していましたが、最廉価モデルの”GXグレード”では、シンプルなブラック塗装のドアハンドルに…。

■GXグレードのドアハンドル

また、スイッチベースもピアノブラック調の加飾はなく、ドアアームレストもシンプルなファブリック素材です。

■GXグレードのスイッチベース

■GXグレードのドアアームレスト

他のグレードと比較すると、最廉価モデルのGXグレードのドア内側パネルは、かなりシンプルなデザインになっているように感じました。

車内の加飾デザイン

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンは、車内の加飾の特徴もグレードによって大きな差が…。

スタイリッシュさが際立つWxBの内装

この新型モデルの最上位に位置をする”WxB(ダブルバイビー)”では、送風口やディスプレイオーディオのフレーム部分にトーンを落としたスモークシルバーメタリック塗装を採用。

■WxBの送風口

■WxBのディスプレイオーディオ

そのおかげもあり、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、大人感が漂うシックでスタイリッシュな内装・インテリアに…。

また、ブラック基調のスタイリッシュな内装・インテリアの中で、シートやハンドル、ダッシュボードにあしらわれたブラウンの加飾が良いアクセントになっていました。

落ちついた雰囲気のSグレードの内装

一方、新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデルのSグレードでは、オーソドックスなシルバーの塗装を送風口やディスプレイオーディオのフレームに採用。

■Sグレードの送風口

■Sグレードのディスプレイオーディオ

また、ダッシュボードやドア内側パネルにはグレーのステッチがあしらわれており、落ち着いた雰囲気の内装・インテリアを演出していました。

■Sグレードのダッシュボード

シンプルなGXグレードの内装

新型カローラ ツーリング/セダンの最廉価モデル”GXグレード”の内装・インテリアの加飾は、必要最低限になっています。

最廉価モデルの”GXグレード”の送風口やディスプレイオーディオのフレーム部分には、中間モデルの”Sグレード”と同じシルバー塗装がほどこされていますが、送風口の向きを変えるノブはシンプルなブラックのまま…。

■GXグレードの送風口

また、ドア内側パネルやダッシュボードにステッチによる装飾はなく、シンプルなまま…。

■GXグレードのダッシュボード

そのため、最廉価モデル”GXグレード”は、他のグレードの内装・インテリアよりも安っぽく感じてしまいました。

まとめ:新型カローラツーリング/セダンの内装はグレードで全然違う

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンの各グレードの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの内装のパーツは、ご覧の通り、グレードによってに大きな差が…。

新型カローラ ツーリング/セダンはグレードによって車内の雰囲気が大きく異なるので、クルマを購入する際は、内装・インテリアの違いにも注目をしてみてくださいね

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする