後ろも見えにくい!?新型カローラツーリングの後方の視界を徹底解剖

トヨタからデビューを果たしたステーションワゴン仕様の新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、先代モデルよりも車高が低くなっていることから、前方の視界&視認性が悪くなっています。

また、後方の視界も先代モデルよりも劣るような…。

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後方の視界は、どのような感じになっていたのでしょうか?また、実際にこのクルマを運転して、気になったところは、どこだったのでしょうか?

真後ろ、斜め後方の視界に分けて、この新型ステーションワゴンの視認性&見やすさを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングの真後ろの視界&見やすさをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタのステーションワゴン新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の真後ろの視界を運転席から確認したところ、このようになっていました。

■新型カローラツーリンぎうの真後ろの視界

リヤガラスのワイド感は十分だけど…

この新型モデルに備わっているリヤガラスの横幅は十分に広くなっているのですが、気になったのは、リヤガラスの高さです。

この新型モデルは、先代モデルよりも天井が低くなっているため、また、バックドアの傾斜も強くなっているため、リヤガラスの高さが制限されています。なので、後部座席に大人が座ると、リヤガラスの大部分が隠れてしまいます。

私がこのクルマを試乗した時、身長が約180cmくらいある恰幅(かっぷく)のよい男性営業マンが後部座席に座っていたのですが、営業マンが座っていた助手席のリヤガラスは完全に覆い隠されてしまい後方を確認することができませんでした。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のリヤは張り出しが大きくなっているため、車体感覚が先代モデルよりも掴みにくくなっていたのも気になるところでした。

後方の視界を確保する電子インナーミラーをオプションで用意

このように後方の視認性があまり良くない新型カローラ ツーリング(Collora Touring)ですが、後方の視界をサポートするアイテムとして、カメラで打ちした映像をバックミラーに映し出してくれる電子インナーミラーをディーラーオプションで用意しています。

ちなみに、こちらはトヨタの新型ヴェルファイア(Vellfire)の電子インナーミラーなのですが、後方の様子を映し出してみると、このような感じになります。

■新型ヴェルファイアの電子インナーミラー

電子インナーミラーを使用すると見え方が若干変わりますが、後部座席に座った人や荷室・ラゲッジスペースに積み込んだ荷物に妨げられないスッキリとした後方視界を確保することができます。

価格は6万500円とちょっと高めですが、後方の視界の悪さが気になったら、ディーラーオプションで用意されている電子インナーミラー(価格)の装着を検討してみても良いかもしれませんね。

新型カローラツーリングの斜め後方の視界をチェック

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の斜め後方の視界は、どのようになっていたのでしょうか?

この新型モデルの運転席から左斜め後方を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型カローラツーリングの斜め後方の視界

兄弟車のセダン仕様の新型カローラ(Corolla)では、斜め後方の死角を減らす三角窓(リヤクォーターガラス)の用意は無いのですが、ステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”では、三角窓を採用。

斜め後方の死角が少なくなるよう工夫が施されていました。

斜め後方の視界も予想以上に悪い

三角窓を採用して斜め後方の視界を確保しようとしているトヨタの新型カローラ ツーリング(Collora Touring)ですが、実際に運転をしてみると、斜め後方の視界も思ったよりも良くない感じが…。

このクルマを運転して、まず初めに気になったのは、後部座席横のサイドウィンドウの大きさです。

■新型カローラツーリングのサイドウィンドウ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、サイドウインドウ下端部のライン(=ベルトライン)が元々高めに設定されているのですが、後方に行くにつれて、徐々にラインが高くなるデザインになっています。

また、天井のラインも下がっているため、このクルマのサイドウィンドウは、後方にいくにつれて、矢じりのようにどんどんシャープになっていくデザインに…。

そのため運転席からサイドウィンドウを確認してみると、「うわっ!サイドウィンドウが小さい!」と、感じてしまいます。

また、後部座席のサイドウィンドウとその後方にある三角窓の間にある柱(=Cピラー)も太いため、三角窓も思ったよりも小さくなっています。

■新型カローラツーリングの三角窓

このクルマの斜め後方の視界で気になったのは、後部座席に同乗者がいる場合です。

座る姿勢やポジションにもよりますが、後部座席に乗車する人の頭と三角窓が重なってしまい、三角窓のかなりの部分が覆い隠してしまうんですよね。

個人的には、後部座席の後方の三角窓のエリアを大きくして、後部座席に乗車する人がいた状態でもしっかりと斜め後方の視界を確保して貰いたかったです。

まとめ:新型カローラツーリングの後方の視界の悪さは超注意!

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタのステーションワゴン”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”の後方と斜め後方の視界は、このようになっていました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、ロー&ワイドなスポーティーなシルエットになったこともあり、後方&斜め後方の視界はあまり良くありません。また、後部座席に乗車する人がいると、後方の視界はさらに悪くなります。

このように今回デビューを果たした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、後方&斜め後方の視界が悪くなっているので、購入を検討している方は、試乗をする際に後方の視認性&視界もしっかりと確認してくださいね。

ちなみに、この新型モデルは、前方の視界&見晴らしもあまり良くないです。

この新型モデルの運転席からの視界&見晴らしを確認したい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする