新型カローラ ツーリングの外装が大幅に進化【実車画像で注目ポイントを紹介】

トヨタの”カローラ フィールダー”がカローラ ツーリング(Collora Touring)と名前を変えて、2019年9月にデビューを果たしました。

新たな名前を得たこの新型モデルは、見た目も一新。

先代モデルと一線を画したスポーティーで低重心なスタイルに生まれ変わっていました。

また、3ナンバーサイズになったこともあり、フルモデルチェンジをしたこの新型モデルは、先代モデルよりも迫力のある見た目に…。

そんな新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、外装・エクステリアの注目ポイントは、どこだったのでしょうか?

2019年9月にデビューを果たした新型ステーションワゴンの外装・エクステリアを、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ ツーリングのフロントマスクをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ ツーリングのフロントマスク

細長い切れ長の2段構えのヘッドライトなど、この新型モデルのフロントマスクは、パッと見た感じはこのクルマに先立って発売された”カローラスポーツ”にソックリです。

■新型カローラ スポーツのフロントマスク

なので、あまり目新しさは感じません…。

ただ、カローラ スポーツと異なり今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、台形の形をしたフロントグリルを採用。

■新型カローラ ツーリングのフロントグリル

そのおかげもあり、この新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、カローラスポーツよりもどっしりとしたフロントマスクになっていました。

また、今回新発売された新型モデルは、先代モデルよりもボディサイズがひと回り大きくなったこともあり、存在感も迫力も増したように感じました。

新型カローラ ツーリングはLEDヘッドライトを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、LEDヘッドライトをハイブリッド車/ガソリン車問わず全グレードに標準装備しています。

ただ、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみ2段構えのクリアランスランプを採用するなど、”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のモデルでは、ヘッドライトのデザインが異なります。

また、1灯でハイビームとロービームを切り替える事ができるバイビーム(Bi-BEAM)タイプのLEDヘッドライトを標準装備するなど、ヘッドライトを点灯した時の光り方も異なります。

なので、”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のモデルでは、フロントマスクの表情が若干異なるので、ご注意くださいね。

カローラ専用のエンブレムを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)では、フロントマスクに装着されているエンブレムのデザインも一新。

■新型カローラ ツーリングのエンブレム

カローラの頭文字でもある”C”をアレンジしたデザインになっているのは、今までと同じです。ただ、この新型モデルのエンブレムは、”C”の上辺に花冠をモチーフにした模様を刻んだオシャレなデザインになっていました。

新型カローラ ツーリングのサイドスタイルをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ ツーリングのサイドスタイル

今回マイナーチェンジをして新発売された新型モデルは、先代モデルにあたる”フィールダー(Fielder)”よりも全長が95mmほど長いこともあり、また、全高も15mmほど低くなっています。

■新型カローラ ツーリングと先代モデルのボディサイズ比較

全長 全幅 全高
カローラ ツーリング
(WxB)
4,495mm 1,745mm 1,460mm
カローラ フィールダー
(ハイブリッドG)
4,400mm 1,695mm 1,475mm

また、先代モデルよりもボンネットフード位置が低くなっていることもあり、先代モデルと比較して、伸びやかなサイドスタイルになっているように感じました。

サイドウィンドウはドアから生えるタイプを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のサイドウィンドウは、フロントガラスの横にあるサイドウィンドウの付け根からではなくドアパネルから生える形を採用。

■新型カローラ ツーリングのサイドミラー

そのおかげもあり、この新型モデルの斜め前方の視認性は良く、ボディサイズの拡大が気にならない取り回しの良いクルマに仕上がっていました。

シャークフィンアンテナを全グレードに標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)では、サメのひれをモチーフにした”シャークフィンアンテナ”を全グレードに標準装備。

■新型カローラ ツーリングのシャークフィンアンテナ

オーソドックスなポールではなく、オシャレなシャークフィンアンテナが最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”だけではなく、最廉価モデルの”GXグレード”にも標準装備されているのは、嬉しいですよね。

このようにワンランク上の装備を採用しているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの特徴の一つなのかなと思いました。

タイヤのデザイン&サイズはグレード別に設定

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のタイヤ&ホイールのデザインやサイズは、グレードによって異なります。

■新型カローラ ツーリングのタイヤ&ホイールのサイズ

GXグレード 15インチ(195/65R15)
Sグレード 16インチ(20555R16)
WxB(ダブルバイビー) 17インチ(215/45R17)

このようにグレードによってタイヤサイズが異なるため、この新型モデルでは、グレードによって、乗り心地が異なります。

また、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”ではダークグレーメタリック仕様のホイールが備わるなど、グレードによって、ホイールのデザインが異なります。

■WxBのダークグレーメタリック仕様のホイール

なので、この新型モデルは、グレードによって全く異なる雰囲気のサイドスタイルに仕上がっていました。

新型カローラ ツーリングの後ろ姿を実車画像でチェック

2019年9月にデビューを果たした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型カローラ ツーリングの後ろ姿

リヤの左下には、”カローラ ツーリング”の専用エンブレムが…。

また、ステーションワゴンの後ろ姿は”のっぺり”としがちなのですが、この新型モデルでは、大きなルーフスポイラーやワイド感のあるリヤコンビネーションランプのおかげで迫力のあるデザインになっていました。

ワイド感のあるリヤコンビネーションランプ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)では、ワイド感を強調したリヤコンビネーションランプを標準装備しています。

■新型カローラ ツーリングのリヤコンビネーション

赤いランプがライン状に点灯するカローラ スポーツ(Corolla SPORT)のリヤコンビネーションランプよりもスタイリッシュさや先進性では見劣りします。

ただ、ステーションワゴンスタイルのこのクルマらしいチカラ強さを感じるデザインになっているように感じました。

まとめ:新型カローラ ツーリングはスタイリッシュなデザインに生まれ変わった

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューをしたトヨタのステーションワゴン新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、シャープなヘッドライトが印象的なスタイリッシュなデザインに…。また、ボディサイズがひと回り大きくなったこともあり、車格もワンランク上ったように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする