安っぽい!?新型カローラツーリング GXグレードの外装の実車画像インプレ

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売されたステーションワゴン新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の中で最廉価モデルに位置をするのがGXグレードです。

最上位モデルのWxB(ダブルバイビー)や中間モデルに位置をする”Sグレード”と比較すると、機能や装備は劣ります。

ただ、この新型モデルはスタイリッシュな顔つきになった事もあり、最廉価モデルの”GXグレード”でも、先代モデルで感じたような商用車っぽさは微塵も感じませんでした。

そんな新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴を備えていたのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”の外装・エクステリアの特徴や魅力を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ ツーリングのGXグレードのフロントマスク

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■GXグレードのフロントマスク

3灯式のLEDヘッドランプを標準装備

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の”GXグレード”のフロントマスクの注目のアイテムの一つが、ヘッドライトです。

このクルマのような車格の場合、最廉価モデルではハロゲンのヘッドライトになってしまいそうですが、この新型モデルでは、車体本体価格を抑えた最廉価モデルでも3灯式のLEDライトを標準装備。

■GXグレードのヘッドライト

最廉価モデルの”GXグレード”でもLEDヘッドライトが標準装備されているのは、かなりポイントが高いですよね。

そのおかげもあり、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)は最廉価モデルの”GXグレード”でも、それほど安っぽさを感じない見た目になっていました。

フォグランプはメーカーオプション設定

最上位モデルのWxB(ダブルバイビー)に標準装備されているフォグランプですが、最廉価モデルの”GXグレード”では、フロントフォグランプは標準装備ではなく、オプション設定となっています。

ちなみに、フロントフォグランプが標準装備されているWxB(ダブルバイビー)と”GXグレード”を比較してみると、このような感じに…。

■WxBに標準装備されているフロントフォグランプ

■フロントフォグランプがないGXグレードのフロントグリル

やはりフロントフォグランプがあるのとないのでは、見た目の印象が大きく異なります。

ちなみに、この新型モデルに用意されているフォグランプのオプション価格は2万2000円とお手頃なお値段となっています。

このくらいの金額なら、オプションでフォグランプを装着して、見た目のスタイリッシュさをアップしても良いのかなと思いました。

他のグレードよりもシンプルなフロントグリル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデルの”GXグレード”と他のグレードで大きく異なるのが、フロントグリルのデザインです。

他のグレードではメッキ調の加飾やグレーメタリック塗装が施されていますが、この”GXグレード”では、シンプルなブラック塗装に…。

■GXグレードのフロントグリル

なので、他のグレードとこの”GXグレード”を並べて見比べてみると、やはりシンプルな感じが…。

このシンプルなデザインになっているフロントグリルは、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と他のグレードの外装・エクステリアの大きな違いの一つだと感じました。

新型カローラ ツーリング GXグレードのサイドスタイルを実車画像でチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”のサイドスタイルは、このようなデザインになっていました。

■GXグレードのサイドスタイル

3つのグレードの中で唯一スチールホイールを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)は3つのグレードをラインナップしているのですが、最廉価モデルの”GXグレード”のみ樹脂製のホイールキャップ付きのスチールホイール(鉄チン)を標準装備。

■GXグレードに標準装備されているタイヤ&ホイール

また、この”GXグレード”に標準装備されているタイヤ&ホイールの大きさは、他のグレードよりもよりも一回り小さい15インチサイズとなっています。

そのため、この”GXグレード”のサイドスタイルは、他のグレードよりも若干見劣りするように感じました。

ちなみに、この新型モデルの中で唯一スチールホイールを標準装備しているこの”GXグレード”ですが、メーカーオプションで中間モデルの”Sグレード”と同じデザインのアルミホイールに変更することも可能ですよ。

ドアミラー(サイドミラー)の機能性も他のグレードよりも劣る

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”は、他のグレードと同様にボディと同系色のサイドミラー(ドアミラー)を標準装備しています。

ただ、機能性に関しては、このGXグレードのドアミラーは、他のグレードよりも若干劣るように感じました。

欠点1:サイドミラーの収納方法

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”と他のグレードのサイドミラーの機能性で大きくことなるのが、収納方法です。

他のグレードではエンジンの停止と連動してサイドミラーが自動的に格納される【オート電動格納式】となっているのに対し、最廉価モデルの”GXグレード”では、【電動格納式のサイドミラー】に…。

なので、スーパーマーケットやショッピングモールで駐車をする際、毎回、運転席に横のドア内側パネルに用意されている”ドアミラー格納スイッチ”を使って、ドアミラーを収納しないといけません。

■ドアミラー格納スイッチ

毎回ドアミラーを手動で格納するのって、意外と面倒なんですよね。

意外と見逃しがちなこの機能ですが、この煩わしさは、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”の欠点・デメリットの一つだと思いました。

欠点2:ヒーター機能

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”と他のグレードのサイドミラー(ドアミラー)の大きな違いの一つが、ヒーター機能です。

中間モデルの”Sグレード”以上のグレードでは、ドアミラー(サイドミラー)の曇りを自動的に取ってくれるヒーター機能が標準装備されています。

しかし、最廉価モデルのミラーが”GXグレード”では、このような便利な機能も備わっていません。

このようにこの新型モデルの”GXグレード”では、他のグレードよりもドアミラー(サイドミラー)の機能が異なるので、ご注意くださいね。

ちなみに、上位モデルに標準装備されている”オート電動格納式のドアミラー(ヒーター付き)”もメーカーオプション設定なっています。

「毎回毎回、サイドミラーを手動で格納するのは面倒…。」と、思っている方は、オプションを活用してグレードアップするのも良い方法の一つかもしれませんね。

新型カローラ ツーリング GXグレードの後ろ姿を実車画像でチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”の後ろ姿は、このようになっていました。

■GXグレードの後ろ姿

この”GXグレード”では、他のグレードと全く同じデザインのLEDのリヤコンビネーションランプを標準装備。

■GXグレードのLEDリヤコンビネーションランプ

また、大型のルーフスポイラーも標準装備。

■GXグレードの大型ルーフスポイラー

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”に標準装備されているような高級感を演出するメッキ加飾の用意はありませんでしたが、”GXグレード”でも、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)らしいスポーティーさを感じるデザインに仕上がっていました。

まとめ:GXグレードは他のグレードよりも

2019年9月にフルモデル返事をして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)の最廉価モデル”GXグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルはスポーティーな見た目になったこともあり、一番価格が安い”GXグレード”でも、先代モデルで感じたような商用車感はありません。

また、オプションを上手に活用することによって、見た目のデザイン性や機能性を中間モデルの”Sグレード”に近づけることも可能です。

なので、一番車体本体価格が安い最廉価モデルの”GXグレード”に必要なアイテムをオプションのみ装着して、購入価格を抑えるのも良い方法なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする