気になるところも…新型カローラツーリング/セダンの前方視界

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンは、座り心地の良いシートを備えるなど、運転のしやすさも魅力の一つです。

ただ、低重心でスポーティーなスタイルになったこともあり、前方の視界&見切りでは、気になる部分も…。

若々しいスタイルに生まれ変わった新型モデルの前方視界&見切りは、どのような感じだったのでしょうか?また、このクルマを実際に運転をして、前方の視界で気になった事とは、何だったのでしょうか?

真っ正面と斜め前方に分けて、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの前方視界&見切りの良し悪しを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンの真正面の視界&見切りをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの運転席からの正面の視界&見晴らしは、このようになっています。

■新型カローラツーリング/セダンの運転席からの視界

スポーツモデルっぽさを感じるドライビングポジションに…

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルの運転席に座ってみた感じたのは、運転席のドライビングポジションの低さです。

この新型モデルの運転席の着座位置(ヒップポジション)は、先代モデルよりも39mmほど低くめに設定されています。そのおかげもあり、この新型モデルは、世辞でも良いとは言えない見晴らし&前方視界になっていました。

前方の見切りはイマイチ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンは、先代モデルよりもフロントオーバーハング(ボンネット)が長くなっているだけではなく、ボンネットの高さも低めに抑えられています。

そのため、身長約175cmの私でも普通のドライビングポジションのままでは、ボンネットを全く確認することができません。思いっきり背伸びをすれば、なんとかボンネットの半分くらいまでは、確認することができますが…。

■運転席から前方を確認した時の様子

なので、このクルマは前方の見切りが、かなり悪いです。

私もこの新型モデルを試乗させて貰った際、細い路地を運転させてもらったのですが、前方の見切りがかなり悪く、クルマの先端が分かりにくいため、左折をする時、ちょっと怖かった印象が…。

もしこのクルマを試乗して、前方の視界&見切りが気になったら、ディーラーオプションで用意されているコーナーポールの装着を検討しても良いかもしれませんね。(見た目のデザイン性は、ちょっと気になりますが…。)

■ディーラーオプションのコーナーポール

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのステーションワゴン”レヴォーグ(LEVORG)”では、前方の視界をサポートする”フロントビューモニター”が用意されています。

■スバルのフロントビューモニター

このフロントビューモニターは、目視よりもカバーできる範囲が広いので、細い路地や見通しの悪い交差点を運転する際に重宝します。

新型カローラ ツーリング/セダンの見切りの悪さを考えると、スバルのレヴォーグ(LEVORG)のフロントビューモニターのような機能を用意して貰いたかったです。

新型カローラツーリング/セダンの斜め前方の視界は?

このように真正面の視界はあまり良くないトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンですが、斜め前方の視界は、どうだったのでしょうか?

先日、このクルマを試乗した際、斜め前方の視界や見晴らし、フロントガラスの横に備わっているAピラーが歩行者を確認するのに妨げないかなどを確認してきたのですが、斜め前方の視界に関しては、予想以上に良かったです。

■新型カローラツーリング/セダンの斜め前方の視界

サイドミラーの位置が秀逸

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの斜め前方の視界の良さの理由の一つが、サイドミラーの位置です。

クルマによっては、フロントガラスを支えるAピラーの付け根の部分にサイドミラーが備わっているクルマもあるのですが、今回、新発売をした新型モデルのサイドミラーは、ドアパネルに備え付けられているデザインに…。

■新型カローラツーリング/セダンのサイドミラー

そのおかげもあり、新型カローラ ツーリング/セダンは、斜め前方の視界をサポートする三角窓(クォーターガラス)も備わったスッキリとしたデザインに…。

■新型カローラツーリング/セダンの三角窓

歩行者や自転車がいる横断歩道を右左折する際も、歩行者が完全にAピラーの死角に隠れることはないので、安心して運転をすることができました。

ディスプレイオーディオも斜め前方の視界を妨げない

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの特徴の一つが、ダッシュボードよりも高い位置に設置されているディスプレイオーディオです。

■新型カローラツーリング/セダンのディスプレイオーディオ

ダッシュボードよりも頭一つ飛び出しているディスプレイオーディオが運転席からの斜め前方の視界を妨げていることを心配していたのですが、実際に運転してみると、予想以上の視界の良さでした。

左斜め前方を確認すると、視界の端にディスプレイオーディオは入ってくるのですが、斜め前方の視界(三角窓)を妨げる位置に設置されていません。

■運転席から斜め前方を確認した時の様子

なので、この新型モデルを運転をしていて、ディスプレイオーディオが運転の視界を妨げたと感じたシーンは一度もありませんでした。

まとめ:試乗をする際は前方の見切りの悪さに要注意

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンの真正面&斜め前方の視界は、このようになっていました。

この新型モデルは、斜め前方の視界は良かったのですが、ドライビングポジションが低くなったこともあり、正面の見晴らし&見切りはあまり良くない感じが…。なので、ホンダの新型シャトルなどの競合車・ライバル車と比較すると、運転がしにくいと感じるかもしれません。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く場合は、斜め前方の視界&見切り、運転のしやすさをしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする